ビジネス書をビジネスのチカラに。書評ブログ

ビジネス書の書評ブログ。ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉などを紹介しています。本の書評・感想レビュー

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 
 

 

 

『POSITIVE DEVIANCE(ポジティブデビアンス): 学習する組織に進化する問題解決アプローチ』

問題解決において、POSITIVE DEVIANCE(ポジティブデビアンス)という、ポジティブな方向に逸脱しているものを探すということを提唱しています。 そして、そのような方向性が、学習する組織にとってプラスになるということです。 『POSITIVE DEVIANCE(ポジティ…

『人間主義的経営』ブルネロ・クチネリ。人間主義的経営とは?

カシミヤセーターなどを製造する、ブルネロクチネリ。 本書は、その経営哲学などについて書かれています。 『人間主義的経営』ブルネロ・クチネリ 『人間主義的経営』ここに注目・言葉・名言 適正な成長と適正な利益 ブランドは保護するもの ブランディング …

『TRICK スティーブ・ジョブズを教えYouTube CEOを育てたシリコンバレーのゴッドマザーによる世界一の教育法』

著者の氏は、シリコンバレーで最も有名な教師でありグーグルはじめ一流企業の人事育成も担当しているとのこと。 「TRICK」で育てた3人の娘たちは社会で活躍していて ・長女 →YouTubeの現CEO・次女 →カリフォルニア大学医学部教授・三女 →バイオベンチャー創…

『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』古賀史健

取材・執筆・推敲ということで、取材して書くための教科書となっています。 何かを書きたいと思っている人が読むと、参考になることが見つかると思います。 『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』古賀史健 『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』のここに注目・…

『爆速成長マネジメント』イラッド・ギル

スタートアップの成長 チーム・組織づくり、プロダクトマネジメント、資金調達、M&Aなど、スタートアップが直面する課題について、成長するために何が必要か書かれています。 スタートアップの成長 『爆速成長マネジメント』イラッド・ギル 『爆速成長マネジ…

『1シート・マーケティング』三浦 崇典

天狼院書店の店主、三浦崇典氏が、マーケティングについて書かれています。 1シート・マーケティングとは、「7つのマーケティング・クリエーション」という理論を紙1枚にまとめたものです。 本書では、これらについて書かれています。 『1シート・マーケティ…

『世界のビジネス書50の名著』

世界のビジネス書50冊が紹介されています。 まとめて知りたい方が、まず読んでみると良いのではないかと思います。 『世界のビジネス書50の名著』T・バトラー=ボードン。大間知 知子(翻訳) 『世界のビジネス書50の名著』のここに注目・言葉・名言 成果を上げ…

『ブランディングデザインの教科書』西澤 明洋

ブランディングデザインの教科書ということで、ブランディングデザイナーの西澤明洋氏が、ブランドをデザインしていくための方法について書かれています。 『ブランディングデザインの教科書』西澤 明洋 『ブランディングデザインの教科書』ここに注目・言葉…

『アマゾンで私が学んだ 新しいビジネスの作り方』太田理加

新しいビジネスの作り方。 アマゾンジャパンで、ヘルス&ビューティーやファッションカテゴリーの事業責任者を歴任した、太田理加氏が、新しいビジネスの作り方について書かれています。 『アマゾンで私が学んだ 新しいビジネスの作り方』太田理加 『アマゾン…

『もっと! : 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学』

脳の神経伝達物質のドーパミン。 聞いたことがあると思います。 本書では、そのドーパミンについて書かれています。 『もっと! : 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学』 ここに注目・言葉・名言 報酬予測誤差 人間の本質 ドーパミンがきっ…

『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』

1日1ページということで、1ページに1つの教養が書かれています。 365個で、1年で読むことができるようになっていますね。 月曜日:歴史火曜日:文学水曜日:視覚芸術木曜日:科学金曜日:音楽土曜日:哲学日曜日:宗教 と、7つの分野が曜日ごとで学べるよ…

『最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法』

体調良く過ごしたいですよね。 体調で、パフォーマンスが変わってきます。 本書では、体調、コンディションを整える方法について書かれています。 『最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法』鈴木 祐 『最高の体調』こ…

『ウィニングカルチャー 勝ちぐせのある人と組織のつくり方』中竹 竜二

組織文化について、日本ラグビーフットボール協会理事の中竹竜二氏が書かれています。 勝つ文化をどのように作っていくのか、という内容です。 『ウィニングカルチャー 勝ちぐせのある人と組織のつくり方』中竹 竜二 『ウィニングカルチャー』ここに注目・言…

『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』

サブタイトルに、あなたの人生を変えるリーダーシップ革命とあるようにリーダーシップについての本です。 USJのCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)だった、森岡毅氏が書かれています。 『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命…

『現代語訳 論語と算盤』渋沢 栄一。守屋淳(翻訳)

『論語』は、孔子の言葉をまとめたものですね。 その『論語』を渋沢栄一氏が、どのように解釈して、活用したかというのが、この『論語と算盤』です。 『現代語訳 論語と算盤』渋沢 栄一。守屋淳(翻訳) 『現代語訳 論語と算盤』のここに注目・言葉・名言 論語…

『Who You Are(フーユーアー)君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくる』

企業やチームの文化について書かれています。 人が集まると、不文律のルールのようなものができたりしますよね。 そんな文化をどう考えて、どう作るのかという話です。 『Who You Are(フーユーアー)君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくる』 …

『インビンシブル・カンパニー「無敵の会社」を作った39パターンのビジネスモデル』

インビンシブル・カンパニーとは、「無敵の会社」「無敵の企業」といった意味です。 そんな企業になるために、ビジネスモデルなどが紹介されています。 『インビンシブル・カンパニー「無敵の会社」を作った39パターンのビジネスモデル』 アレックス・オスタ…

『Sleep,Sleep,Sleep』深い睡眠を取りたいなら

『Sleep,Sleep,Sleep』というタイトルで、睡眠についての本です。 「今わかっていること」を集約して睡眠の知識を体系化ということで、睡眠についてわかっていることがまとめられています。 『Sleep,Sleep,Sleep』 クリスティアン・ベネディクト,ミンナ・ト…

『「無敵」のマインドセット 心のブレーキを外せば、「苦手」が「得意」に変わる』

スタンフォード大学教育学部教授のジョー・ボアラー氏が、学習、学ぶことについて書かれています。 タイトルからは少し違う話のように思えるかもしれませんが。 『「無敵」のマインドセット』ジョー・ボアラー 「無敵」のマインドセット 心のブレーキを外せ…

『NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX』リード・ヘイスティングス, エリン・メイヤー

NETFLIXの共同創業者・会長兼CEOのリード・ヘイスティングス氏とINSEAD教授のエリン・メイヤー氏が、NETFLIXの企業文化などについて書かれています。 『NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX』 リード・ヘイスティングス, エリン・メイヤ…

『シリコンバレー式超ライフハック』デイヴ・アスプリー

シリコンバレー式超ライフハックということで、自分を変えるためのライフハックなどがまとめられています。 『シリコンバレー式超ライフハック』デイヴ・アスプリー シリコンバレー式超ライフハック 作者:デイヴ・アスプリー 発売日: 2020/07/02 メディア: K…

『ワイズカンパニー: 知識創造から知識実践への新しいモデル』

知識創造から知識実践へ 知識を実践する企業について書かれています。 事例などから、導き出される企業経営などについて書かれているので、わかりやすくなっています。 『ワイズカンパニー: 知識創造から知識実践への新しいモデル』 野中郁次郎、竹内弘高、…

『世界最高の話し方』岡本純子

話し方で印象が変わるというのはありますね。 本書では、その話し方について、さまざまな事例などとともに、テクニックが紹介されています。 『世界最高の話し方』 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のル…

『できる大人の伝え方 「短く早い」が一番伝わる』臼井 由妃

伝え方で、伝わり方も変わったりしますよね。 本書では、短くて早い伝え方などについて書かれています。 リモートなどでも感じの良い伝え方なども書かれています。 『できる大人の伝え方 「短く早い」が一番伝わる』臼井 由妃 できる大人の伝え方 「短く早い…

『メモ活』上阪 徹。メモの活用など

メモの活用 メモ活ということで、メモの活用などについて書かれています。 メモは、やはり取りますよね。 これからメモを取りたいという方が読まれると、参考になることが見つかると思います。 『メモ活』上阪 徹 メモ活 作者:上阪 徹 発売日: 2020/10/13 メ…

2020年読んで良かった、ビジネス書・経済書3冊

2021年になりました。 昨年2020年に読んで良かった、ビジネス書・経済書をまとめておきます。 (2020年発売の本だけというわけではありませんが) 2020年読んで良かった、ビジネス書・経済書3冊 『絶望を希望に変える経済学』 成長の要因は? 『繁栄のパラ…

『世界最高峰の経営教室』広野彩子

経営を研究している研究者、17人が、経営について語っていることがまとめられています。 ポーター教授のCEO論/ダイナミック・ケーパビリティ/両利きの経営/オープンイノベーション/マーケットデザインで読み解く起業マネジメント/ネットワーク効果で読み解く…

『理想のチームプレーヤー――成功する組織のメンバーに欠かせない要素を知り、成長・採用・育成に活かす方法』

理想のチームプレーヤー 仕事は、チームで行うことが多いでしょう。 一人でというのは、意外と少ないと思います。 本書は、チームプレーヤーに必要なこと、そして、そのようなチームプレーヤーを育てたり、採用するにはどうしたら良いかということが書かれて…

『フルライフ 今日の仕事と10年先の目標と100年の人生をつなぐ時間戦略』石川善樹

「今日の仕事と10年先の目標と100年の人生をつなぐ時間戦略」とサブタイトルがあるように、100年間の人生をどう今の仕事などと結びつけるのかという考え方などが書かれています。 『フルライフ 今日の仕事と10年先の目標と100年の人生をつなぐ時間戦略』 フ…

『amazonのすごい会議: ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法』

Amazonの会議などについて書かれています。 会議だけではなく、仕事についてもう少し広い話も出てくるので、そのあたりも含めて参考にしたい方が読まれると良いと思いました。 『amazonのすごい会議: ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法』 amazo…