読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』木部智之【感想】

スキルアップ ビジネス書書評感想

『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』木部 智之

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

  • 作者: 木部智之
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/05/19
  • メディア: 単行本

本の目次

第1章 仕事の速さは始める「前」に決まる(仕事の「前」
〆切を守る)
第2章 「作業のスピード」は習慣化で速くなる(道具
メール
資料作成
ショートカット
Excel)
第3章 「チームのスピード」は仕組みで速くなる(待ち時間ゼロ
伝え方
任せ方
打合せ・会議)
第4章 「ない時間」をひねり出す(スキマ時間
集中する)
第5章 「思考のスピード」は型で速くなる(インプット
思考の「型」) 

 

仕事が速い人

仕事が速い人の仕事術について書かれています。

内容としては、基本的なところだと思います。

このあたりは考えて、実行したいところですね。行動が違うから、仕事のスピードに差がついていきますから。

ここに注目・言葉・名言

「「図解」すると、1秒で伝わる
  人は目で読んだり、耳から聞いたりした情報を頭の中でイメージ(図)に「変換」して理解します。つまり、その頭の中で図に変換するプロセスを飛ばし、図解してコミュニケーションすることで、短時間で確実に伝えるのです。あらゆる場面で、表・グラフ・フローチャートなどを使って図解するようにしましょう。」(p.134)

図解で伝わりやすく

絵で理解する。

これはありますよね。だから、図解する。理解しやすいですね。

言葉より図のほうが、わかりやすいというのはあるでしょう。

    図 > 言葉

こういう感じですね。だから、図解することで、素早く伝わるようにするということです。

仕事を早くする3つの原則

「私は仕事の速さには3つの要素があると考えています。仕事が速い人はこの3つを兼ね備えています。その3つとは、「速くやる」「ムダを省く」「確実にやる」です。」(p.018)

「速くやる」「ムダを省く」「確実にやる」

こういった3つの原則があるということです。

たしかに、これらができれば、仕事が速くなりそうですね。

本書では、これらの3つが実現できるような、技などが紹介されています。
たとえば、上のような話です。

こういったことを知りたい方は読んでみてください。

確実にやる

最後まで終わらせる、こういったことですね。中途半端になっていると、また、やり直しなどが発生して、時間のロスになる。

こういうことがあると、仕事は速くならないですよね。

だから、最後までやり切る、終わらせる。確実にやるということですね。

最後まで気を抜かないで、終わらせたいですよね。

取り入れたいと思ったこと

エクセルなどのツールーバーはカスタマイズするということが書かれていました。

アプリは、使いやすいようにしておきたいですよね。
自分がよく使う機能を、使いやすいようにしておく。

こういうこともやっておくと、効率が違ってきますね。

あわせて読みたい

『仕事のムダを削る技術』こばやし ただあき(著) 

仕事のムダを削る技術 ソフトバンク新書 (SB新書)

仕事のムダを削る技術 ソフトバンク新書 (SB新書)

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2012/09/15
  • メディア: Kindle版
 

 仕事を早く終わらせたい。そういう方はこちらも合わせて読んでみてください。

仕事のムダを削って、速く終わらせられるようになるはずです。

『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』木部 智之

仕事が速い人と遅い人。いますよね。

やっていることが違うので、スピードに差がついていきますね。

何をしているか。知りたい方が読んでみると良いですね。

おすすめ度

  ★★★★☆

仕事を速く行う。その方法などが書かれています。
わかりやすいです。
仕事を速く行いたい方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

仕事を速く終わらせたい方。
ビジネスパーソン。

『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』木部 智之 

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

  • 作者: 木部智之
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/05/19
  • メディア: 単行本

今日の「ビジネス書をチカラに!」

仕事を早くする3つの原則:「速くやる」「ムダを省く」「確実にやる」

仕事を速く終わらせていますか?

『Wordのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮静子

スキルアップ ビジネス書書評感想

『Wordのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮 静子

Wordのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~文章・資料作成のストレスを最小限に!

Wordのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~文章・資料作成のストレスを最小限に!

  • 作者: 四禮静子
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本の目次

第1章 ほんの数秒でストレスが激減する設定のコツ

第2章 5分で文書作成を終わらせるための基本

第3章 表作成をサクサクこなす

第4章 名札、個人名入りのDM、封筒のラベル……差し込み印刷でかんたんに作る

第5章 長文編集のストレスをなくす

第6章 複数の人とのやりとりを変更履歴でスムーズに

第7章 画像や図形を自由自在に使う Wordショートカットキー一覧 

Wordを使う

ビジネスパーソンなら、ワードを使う機会は多いでしょう。

本書は、Wordの効率的な使い方などについて書かれています。

Wordのちょっとした使い方の工夫などが紹介されている一冊です。

ここに注目・言葉・名言

「ルーラーでマークを付けるタブの位置、きっちり「左から15文字目」とか指定できないの?」(p.49)

「1 ルーラーをクリックしてタブマークを付けるかわりに、[段落]のダイアログボックス→[タブ設定]をクリックして、[タブとリーダー]のダイアログボックスを開きます。
 2 [タブ位置]に文字をそろえたい文字数を入力します(ここでは15)。
 3 [配置]で[左揃え]がチェックされていることを確認します。
 4 [設定]ボタンをクリックします。
 5 [タブ位置]の下の枠内に設定されたタブ位置が表示されたことを確認します。」

タブ位置をきっちり決める

ルーラーをクリックして、タブ位置を決めるということができますね。

ただ、この方法だときっちり文字数で決められないこともあるでしょう。

上の段落のダイアログボックスからだと、文字数を決めて指定できますね。

こういう細かいところが気になる方は、設定してみると良いですね。

太字をまとめて解除

「太字を設定してしまった部分だけ、まとめて解除できない?」(p.162)

「1 文書内にカーソルがある状態で、「Ctrl」+「H」を押して、[検索と置換]ダイアログボックスを表示します。
 2 検索する文字列にカーソルがある状態で、[オプション]をクリックします。
 3 [検索と置換]ダイアログボックスの下にある[置換]の[書式]から、[フォント]をクリックします。
 4 [スタイル]から[太字]を選択し、[OK]をクリックして、[検索する文字]ダイアログボックスを閉じます。
 5 [置換後の文字列]は空白のままにしておきます。
 6 [すべて置換]をクリックすると、文書内の太字が設定された箇所の書式がすべてクリアされます。」

太字の解除

上のように行うと太字の解除ができるということです。

全部選択して、一度全部太字にして、太字を解除するという方法でもできるような気もしますが、こういう方法もあるということですね。

[検索と置換]を使うということです。

文字の書式なども置換で変えられますね。このあたりを使いこなせると、Wordも違ってきますよね。

取り入れたいと思ったこと

上のほかだと、表作成の方法が参考になると思います。

まあ、Excelを使ったほうが良いようにも思いますが。簡易的にWordで表を使いたい。

そんなときに、参考になりました。

あわせて読みたい

『Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮 静子

Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~表計算・資料作成のストレスを最小限に!

Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~表計算・資料作成のストレスを最小限に!

  • 作者: 四禮静子
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.biztikara.com

Excelをもっと快適に使いたい。もっと効率的に使いたい。 そういう需要というか気持ちはありますよね。 ただ、いまいちわかりやすいアプリではないのかもしれません。 こういう本で、Excelを快適に使う設定などを知っておくと、違ってきますね。 この記事では、ショートカットキーについて取り上げましたが、もっといろいろと紹介されています。 Excelを快適に使いたい方は読んでみてください。

【感想】『Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮静子 - ビジネス書をビジネスのチカラに

こちらは、Excelのムカムカということで、Excelを効率的に使う方法が紹介されています。

合わせて読んでみると、Excelも効率的に使えるようになると思います。

Excelも使い方で効率などが変わってきますよね。

『Wordのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮 静子

Wordをもっと使いこなしたい。

そういう方も多いと思います。

ただ、意外と細かいところがわからないというのはありますね。

そんなWordのここがかゆいというところを知りたい方が読まれると良いですね。

おすすめ度

  ★★★★☆

Wordを効率的に使う、そんな方法について書かれています。
知っている人は知っている、知らない人は知らない。そういうのがWordは
意外と多いのではないでしょうか。
Wordを使いこなしたい方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

Wordの効率的な使い方を知りたい方。
ビジネスパーソン。

『Wordのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮 静子

Wordのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~文章・資料作成のストレスを最小限に!

Wordのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~文章・資料作成のストレスを最小限に!

  • 作者: 四禮静子
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今日の「ビジネス書をチカラに!」

Wordを使いこなす

Wordを使いこなしていますか?

【経営】『壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと』

経営 ビジネス書書評感想

『壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと』道幸 武久

壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと

壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと

  • 作者: 道幸武久
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本の目次

第1章 上司と部下の間には、いつも必ず「壁」がある(顔を合わせたとたん、相手は壁を作る
なぜ人は壁を作ってしまうのか? ほか)
第2章 チームにできた「壁」を崩す5つの行動(準備 「9つのラベル」で自分のことを理解する
行動1 自分をオープンにする ほか)
第3章 チームに「橋」を架ける5つのSTEP(「糸の橋」から「石の橋」へ
STEP1 「糸の橋」をつなぐ ほか)
第4章 部下の力を引き出す最強チームの作り方(大切なのは、世界全体をまるごと受け入れること
どんな仕事にも「ミッション」がある ほか)
第5章 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと―クロスコミュニケーションのすすめ(ナポレオンに学ぶ、部下の心をつかむ方法
自分OK、他人OKの精神 ほか) 

 

リーダーのチームマネジメント

結果を出すために、リーダーが行っているチームマネジメント。

本書では、その方法について書かれています。

壁を崩して橋を架けるということで、チームメンバーの中に「橋を架けられる」ようにするということが、ポイントということです。

具体的には、どういうことをするのでしょうか。

ここに注目・言葉・名言

「考えたいのが、どんな橋を目指すのか、です。すべての人と石の橋でつながり合う必要はありません。関係性によってどの橋がゴールなのかは違ってくるはずです。これは異性との関係と同じようなイメージです。あなたが男性だとして、出会った女性のすべてと石の橋に象徴されるような深い結びつきを求める必要はないし、そうするとかえってトラブルを引き起こしてしまいかねません。」(p.84)

相手とどんな橋を目指すのか

まずは、相手とどんな橋を目指すのかを考えるということです。

これによって、行うことも変わってきますね。

イメージがないと、どうすると良いかもわかりにくい。行動できないということになってしまいます。

まずは、相手との「橋」を考えてみると良いですね。

どんな仕事にもミッションがある

「どんなチームにも必要なもの、それは「ミッション」です。ミッションとは役割、任務、使命を表す言葉です。
 チームを作ったときは、このミッションを全員が共有し、チームのミッションとは何か、を明確にすることが必要です。」(p.113)

ミッションを共有するには?

ミッションをチームで共有する。これが大切ということです。

しかし、共有がなかなかできないですよね。なぜできないのか?どうするとできるのか?

本書では、壁を崩して橋を架けるようにすることとあります。
それもありますが、個人で、ミッションの大切さを感じることが重要でしょう。

自分にミッションがない人が、チームでミッションを共有することが大切とは思わないでしょうから。

自分が経験していなことは、理解しにくい

仕事でビジョンやミッションが大切と言われて、たしかにそうだと思うかもしれません。

しかし、自分の人生でビジョンやミッションを大切にしていない、実現したいと思っていない人が、共有するということは、ほとんどないでしょう。

ここをクリアしないと、大切と頭でわかっていても、行動にはつながらないということになってしまうでしょうね。

取り入れたいと思ったこと

クロス・コミュニケーションということが紹介されていました。

お互いがコミュニケーションを取れるようにするということです。

たしかに、こういう手法も有効な面もあるように思いました。

こういうことも取り入れたいなと思いました。

あわせて読みたい

『超チーム力 会社が変わる シリコンバレー式組織の科学』
  リッチ・カールガード,マイケル・S・マローン

超チーム力 会社が変わる シリコンバレー式組織の科学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

超チーム力 会社が変わる シリコンバレー式組織の科学 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 作者: リッチ・カールガードマイケル・S・マローン,濱野大道
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2016/04/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.biztikara.com

チーム作り。 むずかしいですよね。 これができれば、一人ではできないこともできるようになっていきやすいのではないでしょうか。 逆に、チームが機能しないと、一人でやったほうが成果はあがるかもしれません。 そう考えると、チーム作りは大切です。 チーム作りをしたい方は、読んでみてください。

『超チーム力 会社が変わる シリコンバレー式組織の科学』【経営】 - ビジネス書をビジネスのチカラに

チームを作るために、考えておくと良いこと、ステップなどが書かれています。

合わせて読むと、チームを作るためのステップなどがわかると思います。

こちらも読んでみてください。

『壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと』道幸 武久

リーダーがどうやってチームをまとめるか。

その考え方や方法について書かれています。

チームリーダーや経営者の方が読んでみると、何が必要なのかわかってくることだろうと思います。

結果を出すためのチームを作りたい方は読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆

結果を出すリリーダーのチームマネジメントについて書かれています。
チームをまとめて、結果を出したい。
そういう方に参考になると思います。

おすすめしたい方

人事担当者。
経営者。

『壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと』道幸 武久 

壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと

壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと

  • 作者: 道幸武久
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今日の「ビジネス書をチカラに!」

どんな仕事にもミッションがある

あなたのミッションは?

『アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術』生方正也

スキルアップ ビジネス書書評感想

『アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術』生方 正也

アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術

アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術

  • 作者: 生方正也
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2016/04/20
  • メディア: 単行本

本の目次

PROLOGUE 思考を整理するとはどういうことか

PART1 思考のピントを合わせる
CHAPTER1 目的を明確にする
CHAPTER2 全体像をとらえる

PART2 情報をインプットする
CHAPTER3 情報のインプット

PART3 情報を理解する
CHAPTER4 切り分ける
CHAPTER5 バラす

PART4 頭の中を整理する
CHAPTER6 因果関係でつなげる
CHAPTER7 プロセスでつなげる

PART5 アウトプットの幹をつくる
CHAPTER8 善し悪しを判断するために比べる
CHAPTER9 共通点・相違点を発見するために比べる
CHAPTER10 見方を変える
CHAPTER11 意味を読み取る

PART6 アウトプットする
CHAPTER12 アウトプット

思考の整理

思考を整理しておくと、やはり効率なども変わってきますね。

そして、アウトプットも変わるでしょう。

本書では、アウトプットを変えるための思考の整理術について書かれています。

ここに注目・言葉・名言

「「思考の整理」とはアウトプットをつくり出せるようにすること

 思考の整理とは、栄養となる情報を消化し、枝葉となるアウトプットに結びつけられるように、自分の考え方を整理することです。」(p.20)

「思考の整理」とはアウトプットをつくり出せるようにすること

思考を整理してどうするか。

一つには、アウトプットをつくり出せるようにするということがありますね。

頭を整理することができたら、すっきりします。

それだけでも、効用はありますが、もっとアウトプットや行動が変われば、成果も変わってきますよね。
そういう意味での、思考の整理ということですね。

目的は未来志向で考える

「目的は本来、未来志向のものであるはずです。つまり、会議の目的は、会議が終わった後に関するものでなければなりません」(p.48)

反省するとしても

仮に、会議が反省会というテーマだったとしても、やはり反省してどうするか、という未来に向けてのことがない限り、あまり有意義にはならないでしょう。

目的を考えることは大切と言われます。

そして、その目的は、未来志向であること、ということですね。

過去を考えても、過去は変えられないですよね。やはり、未来を考えたいものですね。

取り入れたいと思ったこと

結果かプロセスか、という話があります。本書でも書かれていました。

しかし、望む結果を出すためには、適切なプロセスを考える必要がありますよね。
そういう意味では、プロセスでしょう。

ただ、はじめからプロセスがわかっているということもないかもしれません。

そうなると、プロセスはわからないけれど、目標だけを決めて、動き出すということもあります。
両方揃えられると良いのですが、やってみないとわからないこともありますから、両方考えつつ、行動していくということになりますね。

あわせて読みたい

『プロフェッショナル シンキング』宇田左近,平野敦士カール,菅野誠二,大前研一(監修) 

プロフェッショナル シンキング (BBT大学シリーズ)

プロフェッショナル シンキング (BBT大学シリーズ)

  • 作者: 宇田左近,平野敦士カール,菅野誠二,大前研一,ビジネス・ブレークスルー大学
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/07/24
  • メディア: 単行本
 

 

www.biztikara.com

プロフェッショナル シンキング プロフェショナルシンキングということで、プロとしての考え方について書かれています。 プロとしての思考法を知りたい方が読まれると、参考になると思います。 読んでみてください。

『プロフェッショナル シンキング』プロとしての思考法とは? - ビジネス書をビジネスのチカラに

プロとしての思考法が書かれています。

プロとして、どんなふうに考えると良いかがわかる一冊です。

合わせて読んでみてください。

『アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術』生方 正也

アウトプットを改善したい。

そのために、思考を整理する。その方法が書かれています。

思考で変わりますよね。やはり、思考法なのだと思います。

ということで、考えを整理したい方は読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆

思考の整理。できると違ってきますね。
本書では、アウトプットのための思考の整理術について書かれています。
思考を整理したい方に、参考になると思います。

おすすめしたい方

思考を整理したい方。
ビジネスパーソン。

『アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術』生方 正也 

アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術

アウトプットの精度を爆発的に高める「思考の整理」全技術

  • 作者: 生方正也
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2016/04/20
  • メディア: 単行本

今日の「ビジネス書をチカラに!」

目的は未来志向で考える

目的を未来志向で考えていますか?

【時間】『トヨタ 最強の時間術』桑原晃弥

スキルアップ ビジネス書書評感想

『トヨタ 最強の時間術』桑原 晃弥 

トヨタ 最強の時間術

トヨタ 最強の時間術

  • 作者: 桑原晃弥
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/05/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本の目次

第1章 トヨタはこうして時間のムダを取る
第2章 トヨタはここで時間を効果的に使う
第3章 トヨタはこうして時短を実現する
第4章 トヨタはこうして時間をつくり出す
第5章 トヨタはこうして時間を管理する
第6章 トヨタはここまで時間を活かしきる 

 

時間術

仕事の時間術。効率などで大切ですよね。

本書では、トヨタの時間術について、時間の考え方からどうやって効率化するかなどについて書かれています。

ここに注目・言葉・名言

「相手の時間をムダにするな。

 ビジネスとは、限られた時間の中で、「付加価値を生む時間」をどれだけ増やせるかの競い合いです。
 トヨタ生産方式(トヨタ式)は、付加価値を生まない時間を見過ごすことは、生産性の低下を招くだけでなく、「命の浪費」であると考えます。」
(p.12)

時間のムダは、命の浪費

トヨタの社長、会長だった豊田英二氏は「時は命なり」ということで、
自分の時間だけではなく、部下の時間の使い方も大切にするようにとしていたそうです。

命は有限。そうなると、「時間」は有限とも言えるでしょう。

だから、自分の時間だけではなく、相手の時間も大切にするということです。

そういうことができないと、命を浪費しているということになりますね。

ムダ取り型改善と課題解決型改善

「トヨタ式改善には、ムダを一つずつ省いていく「ムダ取り型改善」と、大きな目標を掲げて挑戦する「課題解決型改善」があります。
「ムダ取り型」は、1分1秒も見逃さない改善をコツコツと積み上げます。
「課題解決型」は、「これまで1年かかっていたのなら、1カ月でやれ」というような一見ムチャな目標を掲げ、発想や取り組みの根本的な変革を促す手法です。」(p.96)

ムダ取りと課題解決

両方行うということです。

トヨタというと、ムダを省いていくという印象が大きいかもしれません。

たしかに、それも大切ですが、それだけだと、なかなか大きなことができない。

だから、一気に課題を解決できるようなことも考える。

両方なのですよね。

そして、どちらもむずかしさの種類は違っていますね。

時間とお金と価値

人の命の時間が有限。これが、価値を生み出しているのですよね。

なぜなら、もし命の時間が無限なら、自分で何でもやればいいですよね。
いつかできるというか、たいていのことは、やってもやらなくても良くなる。

たとえば、車で移動するのは、楽だからとかたくさん運べるからというのもありますが、速く移動したいからですよね。

時間がいつまでもあるなら、車でなくても良い。もっと言えば、移動してもしなくても良いかもしれません。なぜなら、時間は無限にあるのだから、行っても行かなくても良い。

時間が有限だから、価値が出てきたり、行けなくなるから行こうかとなる。
という面はありますね。

取り入れたいと思ったこと

10年後を考えて仕事をするという話が書かれていました。

今だけではなく、長いスパンを考えて、仕事をする。

そうすると、今行うことも変わってきますね。

10年後を考えて、仕事をしたいものですよね。

あわせて読みたい

『仕事のムダを削る技術』こばやし ただあき(著) 

仕事のムダを削る技術 ソフトバンク新書 (SB新書)

仕事のムダを削る技術 ソフトバンク新書 (SB新書)

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2012/09/15
  • メディア: Kindle版
 

こちらのわたしの著書も読んでみると、仕事のムダを削って、時短する方法が
わかります。

合わせて読んでみてください。

『トヨタ 最強の時間術』桑原 晃弥

トヨタは、時間を大切にしている。そんなイメージがあると思います。

では、具体的には、どんなことを考えて、どういうことを行っているのか。

イメージ以上のことを考えて行っているということがわかります。

トヨタの「時間術」を知りたい方は、読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆(★4.3)

トヨタの時間術。イメージ以上のことを知りたい方が読まれると、参考になると思います。
時間を有効に活用したい方は、読んでみてください。

おすすめしたい方

時間を大切にしたい方。
経営者。

『トヨタ 最強の時間術』桑原 晃弥

トヨタ 最強の時間術

トヨタ 最強の時間術

  • 作者: 桑原晃弥
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/05/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今日の「ビジネス書をチカラに!」

時間のムダは、命の浪費

時間のムダをしていませんか?

【経営】『アメリカで「小さいのに偉大だ!」といわれる企業の、シンプルで強い戦略』石塚しのぶ

経営 ビジネス書書評感想

『アメリカで「小さいのに偉大だ!」といわれる企業の、シンプルで強い戦略』石塚 しのぶ 

アメリカで「小さいのに偉大だ! 」といわれる企業の、シンプルで強い戦略

アメリカで「小さいのに偉大だ! 」といわれる企業の、シンプルで強い戦略

  • 作者: 石塚しのぶ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本の目次

第1章 アメリカの小さな巨人たち
第2章 偉大な企業の共通項、コア・バリューとは何か
第3章 スモール・ジャイアンツを目指す―偉大な会社になろう
第4章 コア・バリュー経営のメリットと戦略的企業文化
第5章 実践!コア・バリュー経営
終章 「偉大な企業」への道 

 

コア・バリュー経営

アメリカで強い企業。そんな企業が行っている、コア・バリュー経営について本書では書かれています。

コア・バリューを中心にした経営。

その経営の考え方や方法が書かれています。

ここに注目・言葉・名言

「あなたの会社にも、「ビジョン」や「ミッション」や「理念」といたものがすでにあると思います。しかし、それがどうも従業員になかなか浸透しない、という悩みを持っている方も多いと思います。「コア・バリュー経営」は、そういった社長さんのこうありたいというこだわりを、従業員に浸透させ、共有してもらうための仕組みです。「考え方」だけではなく、「仕組み」なのです。」(p.54)

コア・バリュー経営は、仕組み

バリューを浸透させる。そういう仕組があるのが、コア・バリュー経営ということです。

価値なりビジョンなりがあっても、従業員に浸透しないと、それらを実現していくことはむずかしいでしょう。

そこで、浸透させる仕組みを作って、従業員にも、バリューなどを浸透させる。

これが、コア・バリュー経営ということです。

エンゲージしている従業員は、33%

「アメリカの世論調査に寄れば、会社に「エンゲージ」している従業員、つまり会社やその使命に対して愛着や思い入れを持っている従業員は、全体の31%にすぎません。51%は「会社に愛着や思い入れはないが、生計を立てるために働いている人」、そして、なんと18%が、「会社に悪感情を抱いていて、会社に害を及ぼすような行動をとる人」と報告されています。そしてこれは、世界的に見てもほぼ同じことがいえます。」(p.99)

愛着や思い入れを持っている従業員は少ない

愛着や思い入れ、つまりエンゲージメントは、会社の業績に大きな影響があるということです。

だとすると、会社の中に、3割ぐらいしか、エンゲージしている人はいないということになりますね。

それだと、なかなか業績を改善するのもむずかしい。

しかも、18%は、会社に害を及ぼすような人もいる。足を引っ張る人もいるのかもしれません。

そうなると、会社が前に進もうとしているのに、進めないということになりかねませんね。

従業員が「誇りをもって働ける」組織の要素

「1 「個性」や「アイデンティティ」がはっきりしていること
 2 「会社として一眼となり追求している社会的使命」があること
 3 組織としての「一体感」と「仲間意識」にあふれていること
 の三つです。」(p.103)

組織を変えていく

こういった要素があると、エンゲージメントが高まりやすいということです。

だから、こういう要素を増やし、なおかつ、浸透していく仕組みを作ると、従業員が愛着や思い入れを持って働くようになるということですね。

それができるようにするのが、「コア・バリュー経営」ということです。

では、どんな仕組みがあるのかということは、本書を読んでみてください。

やはり、言葉だけでは、なかなか実現しにくいですよね。

取り入れたいと思ったこと

仕組みを作って、運営していく。

この大切さがわかりますね。

ここができるかできないかが、組織にバリューやビジョンを浸透させる
分かれ目なのでしょう。

そして、これができるかどうかが、業績などに関係していく。そういうこと
ですね。

あわせて読みたい

『企業経営の要諦 稲盛和夫経営講演選集 第6巻 』稲盛 和夫

稲盛和夫経営講演選集 第6巻 企業経営の要諦

稲盛和夫経営講演選集 第6巻 企業経営の要諦

  • 作者: 稲盛和夫,京セラ株式会社
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/04/08
  • メディア: 単行本
 

www.biztikara.com

京セラ創業者の稲盛和夫氏の講演をまとめたものです。 本書は、とくに、企業経営について書かれています。 経営者の方が読んでおきたい一冊ですね。 これまでに、稲盛和夫氏の本を読んでいる方には、重複していることもあります。 それでも、まとまった一冊として読んでみると良いですね。復習になりますから。わたしも繰り返し読みたいと思っています。

『企業経営の要諦 稲盛和夫経営講演選集 第6巻 』稲盛 和夫 - ビジネス書をビジネスのチカラに

稲盛和夫氏の経営の要諦についてまとめられています。

こちらも合わせて読んでみると、経営において大切さなことがわかります。

読んでみてください。

『アメリカで「小さいのに偉大だ!」といわれる企業の、シンプルで強い戦略』石塚 しのぶ

シンプルで強い戦略。

それは、コア・バリュー経営ということですね。

これをどうやって実行していくか。実現していくか。

ここで、競争力というか、実現力が変わっていきますね。

浸透させる仕組みが大切だということがわかります。

戦略やビジョン、ミッションなどを浸透させたい方は、読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆(★4.3)

アメリカの企業が行っている「バリュー経営」について書かれています。
ビジョンやミッション、バリューなどを浸透させたい方が読まれると、参考に
なると思います。

おすすめしたい方

人事担当者。
経営者。

『アメリカで「小さいのに偉大だ!」といわれる企業の、シンプルで強い戦略』石塚 しのぶ 

アメリカで「小さいのに偉大だ! 」といわれる企業の、シンプルで強い戦略

アメリカで「小さいのに偉大だ! 」といわれる企業の、シンプルで強い戦略

  • 作者: 石塚しのぶ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今日の「ビジネス書をチカラに!」

コア・バリュー経営は、仕組み

コア・バリューなどが浸透する、仕組みがありますか?

【感想】『Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮静子

スキルアップ ビジネス書書評感想

『Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮 静子

Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~表計算・資料作成のストレスを最小限に!

Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~表計算・資料作成のストレスを最小限に!

  • 作者: 四禮静子
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本の目次

第1章 まいにちの操作を効率的に
第2章 見やすい表をササッと作る
第3章 文字のイライラをなくす
第4章 印刷のストレスをなくす
第5章 オリジナルの表示形式で使いやすさに差をつける
第6章 データの並べ替えと集計を自由自在に
第7章 面倒な作業を一瞬で終わらす関数の使い方
Excelショートカットキー一覧 

 

Excelのムカムカ

Excelを使っていて、こんなことをしたいけれど、どうしたら良いのか、わからない。

こういうことはありますよね。

本書は、そんな、Excelのムカムカがなくなるような使い方、設定などについて書かれています。

ここに注目・言葉・名言

「オートコンプリート機能だと、
 途中から異なるデータを入力するのが面倒……」(p.78)

「入力時にできるだけ文字を入力せずに済ませるには、リスト入力を使うと便利です。
 Alt+↓を押すと、アクティブセルより上にある入力済みデータの一覧が表示されます。選択することで同一データが入力できるので、表記ゆれがなくなります。」

同じようなデータがあるときに

オートコンプリート機能があると、同じようなデータがあるときに、少し表示が邪魔な感じはありますね。

「Alt」と「↓」を押すと、これまでの入力データの一覧が出てきて、そこから選択できますね。

こういうショートカットキーをしっていると、効率が少し上がりますね。

よく使う画面を一瞬で表示したい

「・セルの書式設定 → Ctrl + 1
 ・関数の挿入 → Shift + F3
 ・名前の管理 → Ctrl + F3
 ・数式作成中に定義された名前の一覧表示 F3」(p.29)

ショートカットキーを覚える

パソコンの操作の効率化は、ショートカットキーを覚えるということが役立ちますね。

セルの書式設定は、知っておくと良いですね。

結構頻繁に使うことがあるでしょうから。

よく使う機能は、ショートカットキーを覚えて使いたいものです。

よく使うアプリのショートカットキーを覚える

パソコンの基本的なショートカットキーを覚えたら、次は、よく使うアプリのショートカットキーを覚えると、キーボードから素早く使えるようになりますね。

ブラウザなどは、よく使うと思うので、まずはブラウザのショートカットキーを覚えてみると良いかもしれません。

それから、エクセル、ワードも使うでしょう。覚えておくと、効率が変わってきますね。

取り入れたいと思ったこと

ちょっとした工夫で、Excelの使いやすさも変わってきますね。

ここでは、ショートカットキーを取り上げましたが、もっといろいろと紹介されています。

こういうことを知っているかいないかで、効率が変わってくるのでしょう。

ちょっと使いにくなと思う細かいところを調べて、使いやすくする。

こうすると変わってきますね。

あわせて読みたい

『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』吉田 拳

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

  • 作者: 吉田拳
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2014/10/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.biztikara.com

たった1日で即戦力になるExcelの教科書 Excelを仕事で使いこなす。 なかなかできないことかもしれません。 本書を読むと、どこを押さえると良いのかがわかります。 これから、Excelを仕事で使いたい。そういう方が読まれると、即戦力としてExcelを使いこなす参考になると思います。

『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』吉田 拳 - ビジネス書をビジネスのチカラに

Excelを仕事で使うには、どんなことを知っておくと良いか。

こういうことがわかる本です。合わせて読むと、仕事でのExcelの活用がしやすくなると思います。

読んでみてください。

『Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮 静子

Excelをもっと快適に使いたい。もっと効率的に使いたい。

そういう需要というか気持ちはありますよね。

ただ、いまいちわかりやすいアプリではないのかもしれません。

こういう本で、Excelを快適に使う設定などを知っておくと、違ってきますね。

この記事では、ショートカットキーについて取り上げましたが、もっといろいろと紹介されています。

Excelを快適に使いたい方は読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆

Excelをもっと快適に効率的に使うための方法や設定が紹介されています。
Excelの細かいところ、かゆいところに手が届くような方法を知りたい方が
読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

Excelをもっと快適に効率的に使いたい方。
ビジネスパーソン。

『Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方』四禮 静子

Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~表計算・資料作成のストレスを最小限に!

Excelのムカムカ! が一瞬でなくなる使い方 ~表計算・資料作成のストレスを最小限に!

  • 作者: 四禮静子
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今日の「ビジネス書をチカラに!」

ショートカットキーを覚える

ショートカットキーを覚えていますか?