読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

腹落ちさせるプレゼンテーション術『稼ぐ話力』勝間 和代

スキルアップ ビジネス書書評感想

『稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術』勝間 和代

腹落ちさせるプレゼンテーション術 

相手に腹落ちさせるプレゼンテーションの方法。

本書では、この点について、勝間和代氏が書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「本当に腹落ちさせるプレゼンテーションは、

  ●内容(言葉)
  ●資料
  ●非言語コミュニケーション

  の3つがちゃんと組み合わさって成立します。」(p.75-76)

 

本当に腹落ちさせるプレゼンテーション


内容、資料、非言語コミュニケーションの3つのかけ算で、腹落ちするかどうかが決まってくるということです。

ということで、本書では、この3つのことについて書かれています。

1分当たりの話の価値

「話のプロは話をする時、1分当たりの話の価値を考えます。その価値とはもちろん、「聞き手にとって」のです。
  価値があると判断されれば聴き続けてもらえますし、ないと判断されればお客さんは去っていきます。」(p.118)

聞き手にとっての価値を考える

プレゼンですから相手がいます。

ですから、相手が聞きたいと思う話をしないと、聞いてはもらえないでしょう。

だから、1分当たりの価値を考えるということです。

その考え方などについても書かれています。


▼取り入れたいと思ったこと

 非言語コミュニケーション。

 大切と言われますね。

 その押さえるところについても書かれています。

 ひとつ書くと、間のとり方が大切ということです。
 基本的には、少し遅目が良いのでしょう。

 早過ぎると、話についていけないですから。

 取り入れたいと思います。

稼ぐ話力

稼ぐ話力ということで、腹落ちさせるプレゼン術について書かれています。

わかりやすいです。

プレゼン術を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。



 ▼ あわせて読みたい ▼

  『TED 驚異のプレゼン』カーマイン・ガロ

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則

TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則

 

 
  『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

 

 
 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   腹落ちさせるプレゼン術を知りたい方。
   ビジネスパーソン


 ★『稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術』勝間 和代

 
★【今日の「本をチカラに!」

   腹落ちさせるプレゼンテーション
   内容、資料、非言語コミュニケーションの3つのかけ算

 ⇒ 腹落ちさせるプレゼンができていますか?