ビジネス書をビジネスのチカラに。書評ブログ

ビジネス書の書評ブログ。ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉などを紹介しています。本の書評・感想レビュー

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

 

 

『直感で発想 論理で検証 哲学で跳躍』いい経営につながるいい発想とは?


経営における直感で発想 論理で検証 哲学で跳躍。

経営における判断。

その際に、直感で発想し、論理で検証、哲学で跳躍ということが書かれています。

 『直感で発想 論理で検証 哲学で跳躍』

目次

序 章 ロジカルシンキングから「直感・論理・哲学」へ
第1章 決断に至る三つのステップ
第2章 直感、論理、哲学、すべてを使う
第3章 直感が、発想を豊かにする
第4章 直感を刺激し、直感を回転させる
第5章 検証のベースは、論理 

 

『直感で発想 論理で検証 哲学で跳躍』のここに注目・言葉・名言

「決断の本質は、この最後の跳躍にある。いきなり浅慮のままに跳躍するのではない。それは無謀というものである。考え抜いた果ての跳躍、それが決断である。」(p.43)

「(知的)判断=発想+検証」


判断=発想+検証

判断というものは、発想+検証だろうということです。

発想+跳躍のようにも思いますね。

判断の後に、実際に実行して検証するということがあると思うので。


どちらにしても、判断には発想の段階があります。

そして、それは、直感的に行うもので、その直感は、これまでの経験や、論理的な思索のあとに来る。

そのような思索のあとに来たものが、うまくいく直感になりやすいということです。


どんな発想が「いい発想」か?


「1 発想の大きさ
 2 発想の奥行き
 3 発想の意外さ」(p.94)

 

いい経営につながるいい発想とは?

いい経営につながるいい発想とは、上の3つのような条件のいくつか、あるいはすべてを満たしたものということです。

小さい発想だと、小さい経営になってしまいそうですよね。

奥行きは、少し難しいですが、展開の可能性ということとのこと。

また、意外さは、そんなバカなと思うようなアイデアということです。


こういった3つもしくは複数を満たした発想は、いい経営につながりやすいということです。

思ったこと

発想などについて参考になりました。

わたしがだいたい考えていたことと同じように思えたというか、頭の整理に良かったです。

3つのような条件で考えたいです。

あわせて読みたい

『優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?』岸良裕司

『優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?』岸良裕司 - ビジネス書をビジネスのチカラに。書評ブログ

 

こちらは、イノベーションを実現する3つのステップが書かれています。
イノベーションをどうやって創造して、伝えて、実現していくのか。
こういったことがわかりますね。

ということで、イノベーションを実現したい方は、こちらも読んでみてください。

『直感で発想 論理で検証 哲学で跳躍』伊丹敬之

経営などの、発想や判断などについて書かれています。

このあたりに興味がある方が読まれると、参考になりますね。

自分はどうやって発想や判断しているのかを考えながら読むと、本書を活かすことができると思います。

おすすめ度

  ★★★★☆

経営における、発想、検証、跳躍といったことが書かれています。
どのように考え発想して、検証していくのか。
そんなことに興味がある方が読まれると、参考になることが見つかるはずです。

おすすめしたい方

経営者。
ビジネスパーソン。

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

判断=発想+検証

どのように判断、発想していますか?