ビジネス書をビジネスのチカラに。書評ブログ

ビジネス書の書評ブログ。ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉などを紹介しています。本の書評・感想レビュー

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 
 

 

 

『Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)― イノベーション量産の方程式』谷 敏行


Amazon Mechanism、アマゾンのイノベーション量産の方程式ということで、Amazonのイノベーションについて書かれています。

ちなみに、

アマゾンのイノベーション量産の方程式とは

【ベンチャー起業家の環境】×【大企業のスケール】 -【大企業の落とし穴】
 =【最高のイノベーション創出環境】

というものです。

『Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)― イノベーション量産の方程式』谷 敏行

目次
はじめに ソニー技術者として抱いた疑問の答えがアマゾンにあった
序 章 シリアルアントレプレナーとジェフ・ベゾスの共通項と違い
第1章 「普通の社員」を「起業家集団」に変えるアマゾンの仕組み・プラクティス
第2章 大企業の「落とし穴」を回避するアマゾンの仕組み・プラクティス
第3章 経営幹部「Sチーム」の果たす役割
第4章 イノベーション創出に関わるベゾスのキーフレーズ
終 章 なぜ今、あらゆる企業と個人にイノベーション創出力が必要なのか?

『Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)』ここに注目・言葉・名言

「●Customer-centric (顧客中心)
 ●Invent (発明)
 ●Long-term thinking (長期思考)

常に「顧客」を中心にして考え、その満たされていないニーズは何かを追求し続ける。満たされていないニーズを満足さためには 「発明」 が必要である。「発明」によりこれまでに存在しなかった大規模なイノベーションを実現していくには、それが既存のサービスや製品の「カイゼン」「進化」による持続的イノベーションでない以上、「長期思考」がなければならない。
そんな意味だと、私は捉えています。つまり、「顧客中心」「発明」「長期思考」が、イノベーションにより成長し続けるアマゾンが大切にしているものです。」(p.14)


「顧客中心」「発明」「長期思考」

Amazonが大切にしていること。

「顧客中心」「発明」「長期思考」

だそうです。

これらを大切にしつつ、仕組みにして実現していく。

その考え方や方法について、本書では書かれています。

PR/FAQ

「「PR/FAQ」に具体的にどのような要素が盛り込まれるかというと、
主に次の3点です。

●どのようなサービス・製品が市場導入されるのか?
●使用する人にとってどんな利点があるのか?
●実際使ってみた人のフィードバックはどうか?」(p.56)

「特に重要なのは、次の5点を明確にすることです。

1)顧客は誰か?
2)顧客は、どんな課題を抱えているのか? 
3)顧客の課題に対して、このサービス・製品が提供するソリューションは何か? 
4)そのソリューションは、顧客の問題を本当に解決するのか?
5)顧客はこのサービス・製品を心から「欲しい」と思うか?」(p.63)

PR/FAQを書いて提案

アイデアを提案する際に、PR/FAQを書くということです。

プレスリリースとFAQということです。

PR/FAQには、上のようなことが書かれているということです。

課題を解決するための商品になっていて、そのサービス・製品を欲しいと思うかということですね。

こういったことを書き出して、それらが本当に必要とされるなら、実現に向けて進めていくということです。

取り入れたいと思ったこと

新規ビジネスを発案し、実行するまでの事業開発プロセスは、次の5ステップからなるということです。。

「ステップ1 アイデアを創出する
ステップ2 企画書 (PR/FAQ) を作成、提案し、 可否を判断する
ステップ3 チームを構築し、計画を策定して推進する
ステップ4 進捗を検証し、 開発の継続について可否を判断する
ステップ5 パイロット製品・サービスをへて、 市場に導入する」
(p.233)

こういったステップで考えて、実行したいですね。

あわせて読みたい

『アマゾンで私が学んだ 新しいビジネスの作り方』太田理加

『アマゾンで私が学んだ 新しいビジネスの作り方』太田理加 - ビジネス書をビジネスのチカラに。書評ブログ

 

こちらの本では、アマゾンの新規事業の考え方などがわかります。新規事業を考えたい方が読まれると、参考になることが見つかると思います。

『Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)― イノベーション量産の方程式』

おすすめ度

★★★★☆

Amazonのイノベーション量産の方程式、方法などについて書かれています。
Amazonからイノベーションについて学びたい方が読まれると、
参考になることが見つかると思います。

おすすめしたい方

ビジネスパーソン。
経営者。

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

「顧客中心」「発明」「長期思考」

「顧客中心」「発明」「長期思考」を大切にしていますか?