ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

 

 

『「幸せ」をつかむ戦略』富永朋信、ダン・アリエリー。2つのタイプの幸福


行動経済学の権威であるダン・アリエリー氏に、富永朋信氏が幸せになる戦略について聞いています。

幸せなどに興味がある方が読まれると、興味深く読むことができます。

『「幸せ」をつかむ戦略』富永朋信、ダン・アリエリー

「幸せ」をつかむ戦略

「幸せ」をつかむ戦略

  • 作者:富永朋信
  • 発売日: 2020/02/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

『「幸せ」をつかむ戦略』の目次 

第1章 「消費」の幸せって何だろう
第2章 「人間関係」を幸せにするには
第3章 ダン・アリエリーの「幸せ観」
第4章 「辛さ」を幸せに変える
第5章 「企業と個人」の幸せな関係
第6章 職場のモチベーションを高めるには(ダン・アリエリーの講演を聞いて)

 

『「幸せ」をつかむ戦略』ここに注目・言葉・名言

 「2つのタイプの幸福があると思います。ここでは、「幸福タイプ1」と「幸福タイプ2」と呼びましょう。タイプ1は「ラクな幸福」です。海辺に座って、モヒートを飲む。これが私たちがよく考えるような幸福です。
一方、別のタイプの幸福もあります。それは「意味」と結びついていて、一見、その行為には幸福がないようなタイプのものです。」(p.72)


2つのタイプの幸福

2つのタイプの幸福があるということです。

悦楽と意味。

この2つということですね。

短期と長期と言ってもいいかもしれません。

 

どちらを選ぶも自分次第ですよね。

ただ、長期は、そう簡単ではなかったりします。

そういう意味で、戦略というか方法論などが必要になってくるのだと思います。

タイプ2の幸福は不合理?

「タイプ2の幸福は、完全に不合理ですが、良い意味で不合理です。」

「愛は不合理ですが、愛のない世界をつくりたいとは思いません。詩も芸術もすべてある意味では不合理です。人間の寛大さは不合理です。」(p.80)

愛は不合理?

愛は不合理ということですが、確かに、愛する人のために死ぬといったことがあれば、不合理でしょうけれど、愛のために生きて、幸福なら合理的と言えると思います。

 

愛にしても、タイプ2の幸福にしても、合理的かどうかは、目的に合っているかどうかでわかるしょう。

不合理になるとは思えないというか、一見すると不合理ても、合理的なことはあると思います。

感情の話だからなのか、不合理と言いたくなるかもしれませんが、状況や目的によって変わりそうですね。

思ったこと

「パートナーから得るものとは「旅をする」ということです。
 自分のことを完成した人間だと考え、ひたすら自分の旅を続けていけば、パートナーとの距離はどんどん離れていきます。」(p.60)

これは、夫婦間の話ですが、人間関係でも同じなのでしょうね。

自分が完成した完璧な人間だと思っていると、他人と協力しないとか、他人を必要としないとなって、変わらない。

 

そうなると、離れていってしまうのでしょうね。

ともに良い方向に変わっていく。

そういうものが、良い人間関係と言えそうですね。

あわせて読みたい

『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』 - ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』
  エリザベス・ダン、ロバート・ビスワス=ディーナー 

 幸せは、わかりにくいですね。

『「幸せ」について知っておきたい5つのこと』では、その幸せについて知っておくと良いことが5つ書かれています。

こちらの本も、幸せに興味がある方が読まれると、参考になると思います。

『「幸せ」をつかむ戦略』富永朋信、ダン・アリエリー

「幸せ」をつかむ戦略

「幸せ」をつかむ戦略

  • 作者:富永朋信
  • 発売日: 2020/02/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

行動経済学のダン・アリエリー氏が、幸せについて語っています。幸せをどう考えるのか。

そんなことに興味がある方が読まれると、参考になることが見つかると思います。

おすすめ度

  ★★★★☆

 幸せについて、行動経済学のダン・アリエリー氏が語っています。
 幸せになるには、どんなことを考えると良いのか。
 そんなことがわかります。

おすすめしたい方

幸せに興味がある方。
ビジネスパーソン。

『「幸せ」をつかむ戦略』富永朋信、ダン・アリエリー

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

「幸せ」をつかむ戦略

2つのタイプの幸福がある

あなたにとっての幸せは?