ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『会社を50代で辞めて勝つ!』高田敦史


『会社を50代で辞めて勝つ!』高田敦史

会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール

会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール

 

『会社を50代で辞めて勝つ!』の目次

序章 会社のホンネは「50歳を過ぎたら早く辞めてほしい」
第1章 50代で会社を辞めるべき5つの理由
第2章 会社を辞めるために必要なことは、すべて会社で学んだ
第3章 50代で会社を辞めるための10の心得
第4章 独立する前にやっておくべき20の行動
第5章 フリーランスとして生きるための15の知恵

 

 

50代で会社を辞める

早期退職などで、50代で会社を辞める。

そんなことを考えている方もいるかもしれません。

本書では、そんな方に向けて、どんな準備などをすると良いかといったことが書かれています。

ここに注目・言葉・名言

「○ 辞められる人は、オフタイムでも専門分野の勉強は欠かさない
 × 辞められない人は、年を取ってまで勉強したくないと考える」(p.78)


勉強をする

50代に限らないですが、勉強することで、知識やノウハウが増えますね。

能力、スキルアップにもなるでしょう。

 

今のままでうまくいくなら、こういったことは必要ないかもしれませんが、起業したいというような場合は、やはり勉強は必要になってくるでしょう。

そういう意味で、独立起業したい方に、勉強は必要ですよね。


安易な起業は考えない

「安易な「起業」は考えない
 50代の独立は過度なリスクはとらない」(p.100)


個人で「フリーランス」で

今までの経験や知識を活かして、大きなことはしないということを勧めています。

失敗してしまうと、取り返す時間がないからということです。

 

たしかに、そういうのはあるでしょうね。

若ければ、時間的に体力的に、他の何かを行うことも可能かもしれませんが、50代で大きな失敗は、その後のリカバーをする時間があまりなさそうですよね。

思ったこと

3年の収入計画を立てるというのがあります。

 

3年間できれば、無収入でも食べられるぐらいの貯金は欲しいところですよね。

50代でなくても、独立起業するのであれば、これくらいあると安心ですね。

あわせて読みたい

『50歳からの起業術 ~シニア起業と独立を成功に導く実践的ノウハウ61~』中野裕哲

【起業】『50歳からの起業術 ~シニア起業と独立を成功に導く実践的ノウハウ61~』 - ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

 

50歳からの起業術 ~シニア起業と独立を成功に導く実践的ノウハウ61~

50歳からの起業術 ~シニア起業と独立を成功に導く実践的ノウハウ61~

 

 

こちらの『50歳からの起業術』は、
シニア世代の起業、独立について書かれています。

これから起業する人に参考になりますね。

起業を考えている方は、読んでみてください。

 

『会社を50代で辞めて勝つ!』

会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール

会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール

  • 作者: 高田敦史
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/06/26
  • メディア: 単行本

 

50代、早期退職などもあるでしょう。

ここで変化をというのは考える人もいると思います。

必要な準備や計画をして、行動したいですよね。

ということで、40代、50代で、そんなことを考えている方は
読んでみてください。

 

おすすめ度

  ★★★★☆

 50代で会社を辞めて、独立起業するための考え方や準備などが書かれています。
 40代、50代の方が読んでみると、どう行動すると良いかがわかるので、良いと思います。


おすすめしたい方

50代で会社を辞めようと考えている方。
ビジネスパーソン。

『会社を50代で辞めて勝つ!』高田敦史

会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

安易な起業は考えない

準備をしていますか?