ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)』


『データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)』ビクター・マイヤー=ショーンベルガー,トーマス・ランジ 

データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)

データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)

  • 作者: ビクター・マイヤー=ショーンベルガー,トーマス・ランジ,斎藤栄一郎
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 2019/03/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

 

 

『データ資本主義』の目次

第1章 資本主義の再起動―貨幣からデータへ、変化は社会のすべてへ

第2章 人間と調整―分権型の〈市場〉VS 集権型の〈企業〉

第3章 市場と貨幣―貨幣はどのように情報を運んできたか

第4章 データリッチ市場ー貨幣からの脱却

第5章 企業と統制ー集権型組織の終わり

第6章 企業の未来―フコク生命とダイムラ 2つの選択

第7章 資本の凋落―金融資本主義からデータ資本主義へ

第8章 フィードバック効果―独占をいかに防ぐか

第9章 仕事を要素に分割せよ―ベーシック・インカムとデータ納税

第10章 人間の選択―未来をつくるのは誰か

 

 

これからの資本主義

資本主義がどうなっていくのか。

そんなことに興味がある方が読まれると、興味深く読むことができる本ですね。

市場と企業が、これからの時代にどのように経済を調整していくのか、そんなことが書かれています。

『データ資本主義』ここに注目・言葉・名言

「人類による火の利用や車輪の発明、蒸気機関の開発はいずれも重要な一歩であったが、物事を調整する人間の能力に比べると、いささか色褪せて見える。
 調整がなければ、その炎ではたくさんの人々が暖をとることはできないし、車輪があってもひとりしか運べない。」(p.27)

調整の能力

人間に、調整する能力がある。

現実に合わせて、能力を調整するといったことですね。

例えば、料理を火を使うにしても、ちょうど良い火加減にできないと、うまい料理を作ることはできません。

 

そして、経済の調整は、一つには、市場による調整がありました。
また、企業による調整もある。

これが、データが増えることで、市場が最適化されていって、企業が不要になってくる場面が出てくる。


そんな中、企業に残された道は、どこにあるのか?

『データ資本主義』企業に残された道

「市場の再興に対抗しようとしている企業には、二つの戦略が考えられる。第一の戦略は意思決定の自動化で、第二が企業の組織構造(とそれに伴う意思決定の
仕組み)の転換である。」(p.152)

2つの戦略

企業が市場の調整で不要になってくる面があるとして、企業はどうすると良いのか。

意思決定をデータによって自動化する。

また、組織構造を変えるということもある。

組織がフラット化していることなども、その一つでしょう。

思ったこと

データによって、経済の調整が自動化されていくと、企業による調整が不要になってくる面もありそうだなと思います。

そうなると、人も不要になってくるわけで。

そんな中で、企業や人が、どうなっていくのか。そんなことを考えたりしました。

『データ資本主義』とあわせて読みたい

『最後の資本主義』ロバート・B. ライシュ

『最後の資本主義』ロバート・B. ライシュ。資本主義を救えるか? - ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

 

最後の資本主義

最後の資本主義

 

 

これからの資本主義がどうなるのか。

経済格差が広がって、資本主義に反対する人が増えると、システムは脅威に
さらされるでしょう。

格差を緩やかにすれば、反対する人は減って、システムが維持されるだろう
というのはあるでしょう。

これからの資本主義がどうなるか、どうすると良いのか、そんなことを考えたい
方はこちらの『最後の資本主義』も読んでみてください。

『データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)』

 ビクター・マイヤー=ショーンベルガー,トーマス・ランジ

データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)

データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)

  • 作者: ビクター・マイヤー=ショーンベルガー,トーマス・ランジ,斎藤栄一郎
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 2019/03/25
  • メディア: 単行本

データが、どのように資本主義に変化をもたらすのか。

そんなことが書かれていますね。

これからの資本主義や企業について興味がある方が読まれると、参考になることが見つかるでしょう。

おすすめ度

  ★★★★☆

 ビックデータから、どのような影響が資本主義や経済、企業にあるのか。
 市場と企業の変化などについて書かれています。
 これからの資本主義を考えたい方が読まれると良いでしょう。

おすすめしたい方

データの時代の資本主義を知りたい方。
ビジネスパーソン。

『データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)』

ビクター・マイヤー=ショーンベルガー,トーマス・ランジ

データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)


今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

企業に残された道は、2つ?

データ資本主義時代にどうするか?