読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

トップセールスには、なぜ「いいお客さま」が集まってくるのか?【書評】

営業 ビジネス書書評感想

『トップセールスには、なぜ「いいお客さま」が集まってくるのか?』
横田 雅俊(著)

トップセールスには、なぜ「いいお客さま」が集まってくるのか?

トップセールスには、なぜ「いいお客さま」が集まってくるのか?

 

トップセールスの営業術 

トップセールスの営業術について書かれています。

トップセールスに、なぜいいお客様が集まってくるのか。その方法や考え方を知ることができます。


▼ ここに注目 ▼

「「新しい営業スタイル」とは、具体的にどのようなスタイルなのでしょうか。
ポイントは2つあります。

1「お客様」と「時代」に合わせる
2「ニーズが低く、関係性が弱い相手」にも目を向ける」(p.42)

「新しい営業スタイル」2つのポイント

こういった2つのポイントがあるということです。

とくに、後者は、これからの営業では、市場が縮小することも考えられるので大切ということです。

そして、そういうお客様には、1の合わせるということが大切になってくるということです。

質問に答えてくれないのは、「答えるメリット」がないから

「お客さまに「答えてもいい」と思わせるには、質問する前に答えるメリットがあることを感じさせるべきです。」(p.86)

質問する前にメリットを伝える

質問の前にメリットを伝えると、メリットを感じて、質問にも答えてもらいやすいということです。

単に質問するだけではなく、質問の前に、どんなメリットがあるかを伝える。

これが必要ということです。

たしかに、そうですね。

お客さまの心理としては、営業ということだと、メリットがないことに答えようとはしないというのは、当然のように思います。

だから、メリットをまず伝える。それからであれば、質問に答えようと考えてもらいやすいですね。

▼取り入れたいと思ったこと

購入に至るまでの5段階というものが紹介されています。

その段階に合わせて、情報提供や提案をする。

その方法などが書かれています。

購入に至るまでは、段階がありますよね。取り入れたいと思いました。

トップセールスには、なぜ「いいお客さま」が集まってくるのか?

いいお客さまが集まってくる。

そのような方法、考え方について書かれています。

トップセールスの営業術から、いいお客様が集まってくる営業法を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。

▼ あわせて読みたい ▼

『人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!』
ダニエル・ピンク(著)

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!

 

 

『トップ営業マンの「話がとぎれたときの質問法」』菊原智明(著)

トップ営業マンの「話がとぎれたときの質問法」

トップ営業マンの「話がとぎれたときの質問法」

 

 
▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆


▼ おすすめしたい方 ▼

  トップセールスから学びたい方。
  セールスパーソン。


★『トップセールスには、なぜ「いいお客さま」が集まってくるのか?』
  横田 雅俊(著)

トップセールスには、なぜ「いいお客さま」が集まってくるのか?

トップセールスには、なぜ「いいお客さま」が集まってくるのか?

 

 
★【今日の「本をチカラに!」】

   「ニーズが低く、関係性が弱い相手」にも目を向ける

 ⇒ 「ニーズが低く、関係性が弱い相手」にも目を向けていますか?