読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『佐藤可士和の打ち合わせ』

スキルアップ ビジネス書書評感想

『佐藤可士和の打ち合わせ』佐藤 可士和

佐藤可士和の打ち合わせ

佐藤可士和の打ち合わせ

  • 作者: 佐藤可士和
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/11/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

打ち合わせ

佐藤可士和氏が、打ち合わせについて書かれています。

佐藤可士和氏が、打ち合わせをどのようなことを考えて行っているのか。

こういったことに興味がある方が読まれると、参考になると思います。


▼ ここに注目 ▼

「「いい打ち合わせ」と「悪い打ち合わせ」は何が違うのか。
極めてシンプルに言ってしまうと、「打ち合わせの目的がはっきりしているかどうか」に尽きます。」(p.50)

打ち合わせの目的がはっきりしているか

打ち合わせの目的。

意外とはっきりさせないことが多くないでしょうか。

目的があいまいなままだと、どこに向かっているのかよくわかりません。

それでは、結論が出るか出ないかも、よくわからないでしょう。

目的を明確にする。打ち合わせに限りませんが、はっきりさせたいですね。

大義があるとチームのテンションが上がる

「僕が、カメラマンやデザイナーなど、いろんなスタッフを巻き込んでいくときに、いつも心掛けているのは「相手がやる気になる言葉をかける」ということです。
「こんな仕事をしてくれ」と、ただ言うのではなく、「世界に出て行くような仕事をしよう」「日本中をびっくりさせよう」といった言葉を使います。」
                             (p.169)

大きな目標を伝える

佐藤可士和氏は、チームのメンバーに大きな目標、大義を伝えるようにしているということです。

大きな目標を伝えると、チームのやる気が出るからということです。

わたしも、ビジョンを伝えるようにしています。

ビジョンがはっきりすると、やはり皆やる気になりますし、行動が変わって
いきますね。

ミッションビジョンアクションブログ

 

打ち合わせを変えることで、成果が変わってくる

▼取り入れたいと思ったこと

打ち合わせを変えることで、成果が変わってくる。

本書で、佐藤可士和氏が言いたいことは、そういうことだと思います。

打ち合わせがうまくいくと、仕事がうまくいきやすい。

たしかに、そういうことはありますね。

どう変えると良いか。

ここは、本書などを参考にしつつ、変えていきたいと思います。


佐藤可士和の打ち合わせ

佐藤可士和氏が、打ち合わせをどのようなことを考えて行っているのか。

打ち合わせについて書かれています。

打ち合わせが変わると、成果が変わってくる。

打ち合わせや会議、ミーティングなどを変えたい。

そういうビジネスパーソンなどが読まれると、参考になると思います。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『会議のリーダーが知っておくべき10の原則――ホールシステム・アプローチで組織が変わる』マーヴィン・ワイスボード(著)サンドラ・ジャノフ (著)

会議のリーダーが知っておくべき10の原則――ホールシステム・アプローチで組織が変わる

会議のリーダーが知っておくべき10の原則――ホールシステム・アプローチで組織が変わる

  • 作者: マーヴィンワイスボード,サンドラジャノフ,金井壽宏,野津智子
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2012/02/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  打ち合わせを変えたい方。
  ビジネスパーソン。


★『佐藤可士和の打ち合わせ』佐藤 可士和

佐藤可士和の打ち合わせ

佐藤可士和の打ち合わせ

 

 
★【今日の「本をチカラに!」】

  大義があるとチームのテンションが上がる

 ⇒ 大きな目標を伝えていますか?