読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術』ローレンス・サスキンド

スキルアップ ビジネス書書評感想

⇒『ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術』ローレンス・サスキンド

ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術---信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則

ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術---信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則

  • 作者: ローレンス・サスキンド,有賀裕子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/01/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

世界最強の交渉術 

本書の著者、ローレンス・サスキンド氏は、40年以上MITで教鞭をとり、ハーバード・ロースクールの交渉プログラム共同創設者だそうです。

世界最強の交渉術と言われるのも、たしかにと言えそうな内容でした。


▼ ここに注目 ▼

交渉で信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則

原則1 交渉の土俵に相手を導く。
原則2 付加価値を創造する。
原則3 予想外の結果を期待する。
原則4 交渉相手の勝利宣言を書く。
原則5 自分の立場を守る。
原則6 リーダーシップを発揮する。

 

交渉で信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則

交渉で、自分だけが得をする。そういうふうにはめったにはならないでしょう。

仮にそんなことになったとしても、信頼関係を壊してしまっては、その後の関係はなくなってしまいます。

信頼関係を壊さないで、交渉で最大の成果を得る。

そのための6原則ということです。

 

付加価値を創造する

興味深いのは、付加価値を創造するということです。

単に、交渉で相手から何かを得るというだけではなく、お互いにとって、より良いことを作っていくということが入っています。

相手から成果を得るというだけではなく、交渉することで、両者にとって付加価値ができるように考える。

こうできると、信頼関係は壊れにくくなるでしょう。


▼取り入れたいと思ったこと

本書では、この6つの原則について説明されているだけではなく、さらに6つの交渉の戦略も紹介されています。

こちらも「なるほど。取り入れよう」と思うような交渉の戦略でした。

交渉の6つの原則、6つの戦略。

どちらも取り入れたいと思います。

 

ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術

MITで教鞭をとり、ハーバード・ロースクールの交渉プログラム共同創設者であるローレンス・サスキンド氏の著書です。

交渉術を学びたい方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『交渉は創造である ハーバードビジネススクール特別講義』
 マイケル・ウィーラー

交渉は創造である ハーバードビジネススクール特別講義

交渉は創造である ハーバードビジネススクール特別講義

 

 
『話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話』

話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」

話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」

  • 作者: ダグラス・ストーン,ブルース・パットン,シーラ・ヒーン,ロジャー・フィッシャー,松本剛史
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2012/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆(★4.3)

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  交渉術を学びたい方。
  ビジネスパーソン。


★『ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術』ローレンス・サスキンド

世界最強の交渉術

世界最強の交渉術

 

 
★【今日の「本をチカラに!」】

   交渉で付加価値を創造する

 ⇒ 付加価値を創造していますか?