ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

感情を動かすには?『感情を動かす技術』中西 健太郎


『感情を動かす技術』中西 健太郎

感情を動かす技術

感情を動かす技術

『感情を動かす技術』の目次 

第1章 自分の価値を高くする方法
第2章 感情をリードする
第3章 実践する
終 章 中西メソッド体験者 特別インタビュー 

 

感情を動かすには?

人の感情を動かす。

そのような方法について、本書では書かれています。


『感情を動かす技術』ここに注目・言葉・名言

 「つまり、人の感情を動かしたいならば、自分自身をエネルギーが高くて生き生きとした状態に整えればいいのです。
 また、ひそかに高いエネルギーを持っていても相手には伝わりませんから、自分のエネルギーの高さを分かりやすく表現することも必要になってきます。」
(p.23)


自分のエネルギーを高く。それを表現する

自分のエネルギーが高いと、人の感情を動かしやすいということです。

そして、それを、表現することで、人に伝わるということです。


つまり、自分のエネルギーを表現することが、人の感情を動かしやすいということですね。


プレゼンの5つのステップ

「STEP1 ターゲットを定める
 STEP2 自分が望む相手への感情のゴールを設定する
 STEP3 感情のゴールへ向かわせるための表現をする
 STEP4 感情のゴールへターゲットを導く
 STEP5 ターゲットに自ら行動させる」(p.103)


プレゼンで感情を動かして、行動に導く

プレゼンで相手の感情を動かして、行動に導くためのステップは、
このようになっているということです。

 

聞き手の感情をどこに持っていくのか、まずそれを考えるということですね。

そして、そこに導いて、ターゲットに行動してもらう。

取り入れたいと思ったこと

技術的なところがあるというのがわかります。

これらを、自分なりに考えて、取り入れたいと思いました。

あわせて読みたい

『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』松上純一郎

『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』松上純一郎 - ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則

PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則

 

 

こちらは、PowerPointとタイトルにありますが、プレゼン資料の作成方法について書かれています。

かなり分厚い本です。

全部を押さえる必要があるかどうかはあると思いますが、大切なポイントを押さえて、資料を作って、プレゼンに挑むと、違った結果を得られるのではないかと思います。

ということで、プレゼン資料の作成方法について知りたい方は読んでみてください

 

『感情を動かす技術』中西 健太郎

感情を動かす技術

感情を動かす技術

  • 作者: 中西健太郎
  • 出版社/メーカー: アチーブメント出版
  • 発売日: 2019/07/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

感情を動かす。

人は感情の生き物と言われたりします。

感情的な人を動かしたいなら、こういう方法もありだと思います。

どう使うかは自分次第ですが、知っておくと違ってくると思いました。

おすすめ度

  ★★★★☆

 感情を動かす技術について書かれています。
 人の感情を動かしたいという方が、その技術的なことを知ることができます。
 感情を動かしたい方は、読んでみてください。

おすすめしたい方

感情を動かしたい方。
ビジネスパーソン。

『感情を動かす技術』中西 健太郎

感情を動かす技術

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

自分のエネルギーを高く。それを表現する

エネルギーを伝えていますか?