読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

アメーバ経営で『全員で稼ぐ組織』森田 直行

ビジネス書書評感想 経営

『全員で稼ぐ組織』森田 直行

全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書

全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書

 

アメーバ経営

京セラのアメーバ経営

その手法について書かれています。

アメーバ経営』とあわせて読まれると、参考になると思います。

アメーバ経営 (日経ビジネス人文庫)

アメーバ経営 (日経ビジネス人文庫)

 

 
▼ ここに注目 ▼

「自分たちが稼ぎ出した利益が毎月数字で目の前に示されれば、それを何とかしてよくしたいと思うのは、人間の持って生まれた性分かもしれません。大事なのは数字が正確でかつ、すぐに出てくること。出てくる数字がいい加減だったり、出てくるまでに長期間を要したりしたら、誰も数字をよくしようとする意欲など湧きません。」(p.28)

 

利益を数字ですぐに把握する

アメーバ経営では、利益を数字ですぐに把握できるようになっています。

自分たちがいくら利益を稼いでいるのか把握できる、と改善しようという気になる。

アメーバ経営をうまく導入できれば、利益が改善する大きな理由です。

自分の行動が何につながっているか

自分の仕事や行動が、どんな結果につながっているか。

これがわかれば、改善しようという気にもなるでしょう。

逆に言えば、何につながっているかがわからなけば、改善しようという気にならないというか、わからないのでできません。

では、どうやってアメーバ経営では、そのあたりをやっているのでしょうか。

知りたい方は、本書などを読んでみてください。


▼取り入れたいと思ったこと

 利益を改善するための仕組み。

 それがアメーバ経営のやり方なのだと思います。

 利益を見える化する。まずは、こういうところから始める必要がありますね。

全員で稼ぐ組織

著者の森田氏は、元京セラ副会長で、JALグループの再建に参画された方ということです。

アメーバ経営についてわかりやすく解説されています。

JALなどの事例とともに書かれているのでわかりやすいです。

アメーバ経営を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。


 ▼ あわせて読みたい ▼

  『アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役』稲盛和夫(著)

 

アメーバ経営 (日経ビジネス人文庫)

アメーバ経営 (日経ビジネス人文庫)

 

 
 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆(★4.3)


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   アメーバ経営を知りたい方。
   経営者。


 ★『全員で稼ぐ組織』森田 直行

全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書

全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書

 

 
★【今日の「本をチカラに!」


   利益を数字ですぐに把握する

 ⇒ 自分の行動が何につながっているか