読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『すぐ感情的になる人』怒っている人にどう対応すると良いのか?

人間関係 ビジネス書書評感想

『すぐ感情的になる人』片田珠美 

すぐ感情的になる人 (PHP新書)

すぐ感情的になる人 (PHP新書)

  • 作者: 片田珠美
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: 新書
 

本の目次

第1章 感情的にならずにはいられない人
第2章 なぜ、こういう人が生まれるのか?
第3章 もしかしたら病気かもしれない
第4章 すぐ感情的になる人を生みだす環境
第5章 怒っている人に対してやるべきこと、やってはいけないこと
第6章 処方箋―うまく怒る方法 

感情は大切だけれども

感情は大切でしょう。

しかし、ネガティブな感情ばかりで過ごしていたら、周りにいる人は嫌になって来るでしょうし、自分も当然嫌な気持ちですよね。

本書では、そんなすぐ感情的になる人は、どんな人なのか、そして、どう対応すると良いのかということが書かれています。

怒っている人にどう対応すると良いのか?

「怒っている人に対処するための三段階」(p.155)

第一段階 聞く
第二段階 怒っている人の状況を理解しようとする
第三段階 別の見方もできることを伝える

怒っている人への対処法

怒っている人にどう対応すると良いか?

段階を追って、対応すると良いということです。

聞いて、理解して、別の見方を伝えるということです。

3段階の、別の見方を伝えるのは、第一段階、第二段階を経てからということです。
怒っている人に、いきなり、こんな見方もできると言っても、そう見えないから怒っているわけです。
聞いて、理解したうえで、見方をうまく伝えないと、むずかしいですね。怒りが静まって、しばらくして別の日などに伝えると良いのではないでしょうか。

そうしないと、怒りが収まっていたとしても、また怒りが再燃してしまうかもしれませんから。

怒っている人に、やってはいけない対応

「怒っている人に対してやってはいけないこともある。それは、主に次の三つ
である。

1 怒りを封じ込めようとする
2 こちらに落ち度があっても認めない
3 相手の振る舞いを模倣する」(p.164)

相手の真似しない

こういったことは、怒っている人に対して行うと、火に油を注ぐことになって
しまいかねません。怒りを、なんで怒るんだ?と怒らないように指摘されたら、ますます怒りたくなるかもしれません。

こちらが間違ったことをしてしまったのに、謝らなかったら、なんで謝らない!と、さらに怒りが増してしまうこともあるでしょう。

また、相手のマネをすると、バカにしているのかと、ますます怒ってしまうというのはありますよね。

同じことを言い返すと言ったことは、してしまいがちではないでしょうか。相手が怒っているからといって、過去の似たような話を持ち出したりするのも、話が複雑になって、怒りが収まらないといったことになってしまうかもしれません。
マネなどはやめてほうが良いですね。

取り入れたいと思ったこと

感情は抑えつけない。どこかで発散する。

こういうことも大切ということでした。

抑えつけた感情は、どこかで出てくる。だから、感情は、いっとき抑えつけたとしても、どこかで吐き出すと良さそうですね。まあ、感情は思考の結果なので、思考を変えるというのもありだと思いますが、発生した感情を抑えたなら、別のところで、誰かの迷惑にならないタイミングで吐き出すと良さそうですね。

あわせて読みたい

『職場にいる不機嫌な人たち』西多昌規

職場にいる不機嫌な人たち

職場にいる不機嫌な人たち

  • 作者: 西多昌規
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: 単行本
 

『職場にいる不機嫌な人たち』西多昌規 - ビジネス書をビジネスのチカラに

職場の不機嫌な人。そんな人たちへの対処法などが、こちらの本では書かれています。

不機嫌な人との付き合い方。なかなかむずかしいでしょう。

職場の不機嫌な人との付き合い方などを知りたい方は、こちらも合わせて読んでみてください。

『すぐ感情的になる人』片田珠美

すぐ感情的になる人 (PHP新書)

感情的になる人。たしかにいますね。

自分がそういう人間だったら、どうするか。
周りにそういう人がいたら、どうするか。

そんなことを考えるのに、本書を読んでみると、ヒントが得られますね。

人間は、感情の生き物でもあるでしょう。自分を含めた人間と、うまく付き合っていくためにどうするか。そんなことを考えたい方は読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆

  『すぐ感情的になる人』ということで、感情的になる人はどういう人か、
  そして、そういう人にどう対応するかということが書かれています。
  感情との付き合い方を考えたい方に、参考になると思います。

おすすめしたい方

感情的な人とどう付き合うかを考えたい方。
ビジネスパーソン。

『すぐ感情的になる人』片田珠美

すぐ感情的になる人 (PHP新書)

すぐ感情的になる人 (PHP新書)

 

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

怒っている人には、話を聞いて、理解する

怒っている人に、どんな対応をしていますか?