読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『脳の強化書2 アタマがどんどん元気になる!!』

スキルアップ ビジネス書書評感想

⇒『脳の強化書2 アタマがどんどん元気になる!!』加藤 俊徳

アタマがどんどん元気になる! !  もっと脳の強化書2

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2

  • 作者: 加藤俊徳
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2015/01/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

脳の強化書2

『脳の強化書』の第2弾です。

アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書 あさ出版電子書籍

アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書 あさ出版電子書籍

  • 作者: 加藤俊徳
  • 出版社/メーカー: 株式会社あさ出版
  • 発売日: 2014/04/20
  • メディア: Kindle版
 

今回のテーマは、「欲求」です。

脳を活性化する欲求の引き出し方などについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「耐性がある人は、ストレスを押し返すことができます。
では、ストレスを「押し返す」ものとは何なのか?
そう、それが“欲求”なのです。」(p.36)

ストレスを「押し返す」ものが、欲求

欲求があると、ストレスに耐性を備えやすくなるそうです。

逆に、欲求がないと、ストレスがあると、耐性が低くなる。

わずかなストレスでもダメージを受けやすいということです。

だから、健全な欲求を持つことが大切ということです。

ということで、本書では、欲求をどうやって引き出すかなどについて書かれています。

妄想ノートをつくる

「その名も「妄想ノート」。
やりたいこと、行きたい場所、会ってみたい人など、頭に浮かんだ欲求をノートに書き溜めていくのです。」(p.132)

やりたいこと、行きたい場所などをノートに書く

妄想ノートとして、やりたいこと、行きたい場所などをノートに書く。

そうすることで、欲求がいろいろと出てくる。

そして、それらの欲求をさらにノートに書いて、欲求を育てていく。

こうなっていくと、脳を楽しく活性化できそうですよね。


▼取り入れたいと思ったこと

いつもと違うルートで通勤するというのがありました。

いつもと違う道を通ると、発見がありますよね。

こういう発見も楽しみながら、脳を刺激する方法としてありだと思います。

いつもと違うことをやってみる。

脳を簡単に鍛える方法ではないでしょうか。

脳の強化書2 アタマがどんどん元気になる!!

欲求が減っていくと、脳が衰える。

だから、欲求を引き出すようにする。

ということで、『脳の強化書2』では、欲求を引き出す「トレーニング」が
紹介されています。

脳を鍛えたい方が読まれると、参考になると思います。読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書』加藤 俊徳(著)

アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書 あさ出版電子書籍

アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書 あさ出版電子書籍

  • 作者: 加藤俊徳
  • 出版社/メーカー: 株式会社あさ出版
  • 発売日: 2014/04/20
  • メディア: Kindle版
 

 『勝負に強くなる「脳」のバイブル』林成之(著)

勝負に強くなる「脳」のバイブル

勝負に強くなる「脳」のバイブル

  • 作者: 林成之
  • 出版社/メーカー: 創英社/三省堂書店
  • 発売日: 2013/10/02
  • メディア: 新書
 

 
▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  脳を鍛えたい方。
  ビジネスパーソン。


★『脳の強化書2 アタマがどんどん元気になる!!』加藤 俊徳

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2 あさ出版電子書籍

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2 あさ出版電子書籍

  • 作者: 加藤俊徳
  • 出版社/メーカー: 株式会社あさ出版
  • 発売日: 2015/01/11
  • メディア: Kindle版
 

 

★【今日の「本をチカラに!」】

   妄想ノートをつくる

 ⇒ どうやって欲求を引き出しますか?