ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術』丸 幸弘、尾原和啓


『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術』丸 幸弘、尾原和啓

ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」
著者:丸 幸弘,尾原和啓
出版社:日経BP
発売日:
 

『ディープテック』の目次

第1章 ディープテックとは何か?

第2章 ディープテックの系譜を知ろう

第3章 海外で沸き起こるディープテック旋風

第4章 日本の潜在力はディープテックで開花する

ディープテック

 ディープテックとは、聞き慣れない言葉のように思います。

ディープテックとは、直訳すれば、深い技術ということですが、眠れる技術というか、最先端ではないかもしれないけれど、活用できる技術といった意味のようです。

 

『ディープテック』のここに注目・言葉・名言

「テクノロジーそのものの進化を追求することも重要だ。しかし、地球規模での課題が山積しているこの時代に必要なのは、「何のためにテクノロジーを使うのか」という視点にほかならない。そこで浮かび上がってきたのが、ハイテクとローテクを「知」によって新結合し、その集合体をテクノロジーで捉えるという概念。そして、それこそがディープテックなのである。」(p.39)


ディープテックとは

ハイテクとローテクを「知」によって新結合し、その集合体をテクノロジーで捉えるものが、ディープテックというもののようです。

 

まあ、これだけ読んでも、よくわからないと思うので、本書では、実例も紹介されています。

それらを知っていくことで、何となく、どういうことなのかはつかめるのではないかなと。

名前よりも、何のためにテクノロジーを活用するのかというところのほうが大切かもしれませんね。

 

課題の可視化がアイデアを集める

「さてここで、ディープイシューを「可視化」することの意味について考えてみたい。課題をわかりやすく顕在化することで、人々の「気づき」が広がるケースは思いのほか少なくないからだ。その象徴的な事例として、オゾンホールを挙げてみたい。」(p.105)


■課題を見える化することで

ディープイシューとは、例えば、環境破壊などの問題ですね。

そして、それらを見える化、可視化することで、アイデアが集まりやすいということです。

 

オゾンホールは、南極上空に穴があいた衛星画像が広まったことで、問題を解決しようとする動きになっていったということです。

課題がよくわからないと、対応しにくいというのはありますね。

それを可視化すると、理解できて、何かしなくてはとなりやすい。

アイデアも集まりやすいということになるということで、たしかにそうですよね。


取り入れたいと思ったこと

ディープイシューと「持っている技術」、その双方を行き来して、考えると、そこから新規事業や新商品を考えられる。(p.160前後)

といったことが書かれていました。

深刻な問題、課題などと、自分が持っている技術、既存の技術などを活用できるのではないかと考えてみる。

そこに、課題解決のヒントや、新しいビジネスのきっかけがあるということがわかります。
考えてみたいですね。


あわせて読みたい

『世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史』
  スティーブン・ジョンソン

進化史『世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史』 - ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

 

世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史

世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史

 

 

今のものが、どうやって、今のようになったのか。
意外と知らないものですよね。

『世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史』では、
「ガラス」「冷たさ」「音」「清潔」「時間」「光」の6つの革命の物語が書かれています。

こんなふうに、進化してきたのだなということがわかります。

進化史を知りたい方は読んでみてください。

『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術』丸 幸弘、尾原和啓

ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」
著者:丸 幸弘,尾原和啓
出版社:日経BP
発売日:
 

ディープテック。

まだあまり聞かない言葉ではないでしょうか。

そんなディープテックとはどういうことなのかといったことが書かれています。

テクノロジーの活用などに興味がある方が読まれると、面白く読むことができると思います。

おすすめ度

  ★★★★☆

 ディープイシュー、深い課題を解決していくような、ディープテック。
 そのディープテックとはどういうものなのかといったことが書かれています。
 ディープテックについて知りたい方は読んでみてください。

おすすめしたい方

技術者。
経営者。

『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術』

ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

課題の可視化がアイデアを集める

課題を可視化してみよう