読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『携書 NASAより宇宙に近い町工場』植松努

考え方 ビジネス書書評感想

『携書 NASAより宇宙に近い町工場』植松努

携書 NASAより宇宙に近い町工場 (ディスカヴァー携書)

携書 NASAより宇宙に近い町工場 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: 植松努
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/12/17
  • メディア: 新書
 

町工場

北海道の植松電機の植松努氏の著書です。

同名の単行本が新書になりました。


▼ ここに注目 ▼

「残念ながらこの人たちは、「よりよく」を求めることができなくなっていました。「よりよく」を求めない人たちが増えていくということは、「よりよく」を求めない社会が生まれるということを意味しています。」
                           (p.39)


より良くを求める

英語で言えば「better」ということでしょう。

こういうことを求める人が減っていくと、社会はより良くを求めなくなる。

それは、安さと早さだけを求めるようになって、あまりいい方向ではない、こういうことでした。


こうしてみては?

「「やったことがないことをやる」「あきらめない」「工夫をする」。

この心が何よりも大切です。こういう人たちのキーワードは、「だったら、こうしてみたら」です。どんなことがあっても、「だったら、こうしてみたら」と思える人たちが〇から一を生み出す人たちになります。」(p.48)


どうしたらできるのか?

どうしたらできるのか?これを考える。

何かをできるようにするには、こういう工夫が必要ということです。

アイデアを考えて、できるようにしていく。

結局、こういうことですよね。


▼取り入れたいと思ったこと

間違えたら、やり直す。

うまくいくには、失敗もあります。

だから、間違えたら、やり直す。その繰り返しの中で、うまくいくようにするということですね。


▼ あわせて読みたい ▼

『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』渡邉 格

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

  • 作者: 渡邉格
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: 単行本
 

 

www.biztikara.com

腐る経済、腐らない経済。 今は、腐らない経済が主なのかもしれません。 どちらもあると良いのかもしれませんね。

『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』渡邉 格 - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

NASAより宇宙に近い町工場

北海道の植松電機の植松努氏の著書です。

植松氏が、どのような考え方で、仕事などをしているのかということがわかります。

自分の仕事の考え方を改善したい方が読まれると、参考になると思います。

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

   植松電機の植松努氏が、どのような考え方で、仕事などをしているのかということがわかります。
   何かを実現するには、やはりこういう考え方なのだなと思います。
   仕事などを改善したい方が読まれると、参考になるはずです。

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  仕事などを改善したい方。
  ビジネスパーソン。


★『携書 NASAより宇宙に近い町工場』植松努

携書 NASAより宇宙に近い町工場 (ディスカヴァー携書)

携書 NASAより宇宙に近い町工場 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: 植松努
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/12/17
  • メディア: 新書
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   より良くを求める

 ⇒ より良くを求めていますか?