読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

データ分析の目的は?データ分析5つのステップ『データ分析の教科書』髙橋 威知郎

ビジネス書書評感想 経営

『データ分析の教科書』髙橋 威知郎

14のフレームワークで考えるデータ分析の教科書

14のフレームワークで考えるデータ分析の教科書

 

データ分析 

データの分析。

データが大切と言われたりしますが、それはデータ自体というよりも、データの分析が大切という意味でしょう。本書では、データの分析について取り上げています。


▼ ここに注目 ▼

「大切なのは、データ分析の結果に基づいて、どんなアクションにつなげるのかという点であり、アクションを実施して、売上や利益アップなど目に見える成果につなげていくことが、データ分析の真の目的です。」(p.23)

データ分析の目的は、成果につなげること

データ分析の目的は、行動につなげて、成果を上げることだそうです。

たしかに、ただ分析するだけでは意味がないでしょう。
行動につなげて、成果を上げるためのデータ分析。

これが目的ということです。

データ分析5つのステップ

 1 準備する
 2 集める
 3 分析する
 4 表現する
 5 伝える

 

伝えるまでがデータ分析

データ分析というと、データ分析のための準備をして、データを集めて、分析する。

おそらく、ここまでが一般的なデータ分析のイメージではないでしょうか。


しかし、本書では、成果を上げるためのデータ分析ということで、分析したことを表現し伝えるまでが、は書かれています。

自分以外の人にもわかるように伝える。

ここまでを扱っています。

 

ビジネスであれば、分析して終わりということはないでしょう。

その分析をどうビジネスに活かせるか。そしてどうやって成果に繋げられるかまでが必要となってくるでしょう。

 

データ分析というと、分析についてだけを書かれている本が多いですよね。「分析」だけではないところが、本書はとくに参考になります。


▼取り入れたいと思ったこと

もちろん、分析についても書かれています。

データ分析の基本は、「比較」ということで、あるデータがあったなら、比較できるようなデータも集めると良いということです。

比較すると理解しやすいですし、伝わりやすいからということです。

データ分析の教科書

データ分析の教科書ということで、データ分析に必要なことを基本から書かれています。

これからデータ分析を学びたいという方が読まれると参考になると思います。読んでみてください。


▼ あわせて読みたい ▼

  『データの見えざる手』矢野和男

 
  『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」』
   ネイト・シルバー(著)

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

 

 
 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆(★4.3)


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   データ分析を知りたい方。
   ビジネスパーソン


 ★『データ分析の教科書』髙橋 威知郎

データ分析の教科書

データ分析の教科書

 

 
★今日の「本をチカラに!」

   データ分析の目的は、成果につなげること

 

 ⇒ データ分析を、行動や成果につなげていますか?

関連記事

『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』吉田 拳

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

 

 

次の記事

Googleの働き方とは?『How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)』