ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

【IR】『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ? 』高城剛


『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ? 』高城剛

カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?

カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?

  • 作者: 高城剛
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

本の目次

第1章 なぜシンガポールは短期間で観光収入を3倍に増やせたのか?(「何もない国」ならではの危機意識
「導入するなら、カジノではなくIRだ!」 ほか)
第2章 マニラ急成長の秘密と、マカオ衰退の理由(汚職と内紛の国からエンターテインメント・シティへ
「ラスベガス超え」を果たしたマカオ ほか)
第3章 世界一のカジノ国フランス(世界で最も古くから社会文化としてカジノ施設が存在する欧州
観光客数ナンバーワン。フランスが不動の地位を保つ理由 ほか)
第4章 90年代ラスベガスの成功と、近年のニューヨーク州のラスベガス化戦略(寂れた砂漠の街から一大歓楽街へ。バグジーが夢見たラスベガス
マフィアを追い出した大富豪ハワード・ヒューズ ほか)
第5章 世界のカジノから日本は何を学び、何を生かすべきなのか?(最も見習うべきは、「外国人による外国人のためのIR施設」
シンガポール、マカオ、フィリピン以外のアジア各国のIR情勢 ほか) 

IR(統合型リゾート・Integrated Resort)

IR推進法案が、衆議院を通過しました。今後、日本でも、IRが推進されていくものと思われます。

本書では、そんな統合型リゾートやカジノについて、他国の歴史などとともに
高城剛氏が書かれています。

他では考えられない斬新な店

「僕が思うに、IR施設が他にはない魅力を持つのは、他では考えられない「斬新な店」が登場することにある。一店で見れば赤字でも、IRすべてで見れば問題ないことが、まさに「統合型」の魅力に他ならない。例えば、日本でこれをやるのなら、老舗料亭の「吉兆」がラーメン店を出してもいいだろうし、世界一の高級鮨とも言われる「すきやばし次郎」による回転寿司があったら面白いと思うが、それはIRだから可能なのである。」(p.48)

IRには、他では考えられない斬新な店が必要

IRには、他では考えられないような店が出店してくるというのが、他国の事例で紹介されています。

仮に日本で行う場合でも、そういった斬新な店が必要になるだろうということです。

そうすれば、訪れる意味があると思って、日本人も外国人もやってくるだろうとのことです。

これは、IRに限ったことではなくて、そこにしかない魅力的なものがあるかどうかですよね。

カジノを開業しさえすればうまくいく、というほど安易ではない

「IR戦略において重要なのは、やはり「センス」だ。
 ただカジノを開業しさえすればうまくいく、というほど安易ではない。国家が巨額の投資をせずとも、どんな仕組みを作り、エンジンとなるカジノをどう生かすかという発想次第で、成功にも失敗にも、いくらでも導くことができる。」(p.210)

見習うべきは、外国人による外国人のためのIR施設

そういうセンスを考えると、成功している国から学べることは、外国人による外国人のためのIR施設を作ることだということです。

日本人を呼び込むというよりは、海外の人たちが来て楽しめるものにする。
そういうものとしてのIRを考えているところは、うまくいっているということです。

と考えると、IRには他にはない斬新な店が必要ということになりますね。
日本にしかない、他にないような、お店や施設が必要で、それには、センスが必要ということですね。

思ったこと

東京オリンピック以降の日本を考えると、あまり成長戦略を描けないというのがあるかもしれません。
医療や観光などはあるでしょうけれども。

そんななかで、IRは、一つの目玉にはできるのかもしれません。

カジノをどうするのかというのが問題ではあるので、このあたりの対応策をしっかり行ってほしいものです。

わたし個人にとっては、カジノは必要ないので、カジノを含めたIRは必要ないですが、カジノがないと、あまり利益が出ないということがよくわかりました。

あわせて読みたい

『〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則』
  ケヴィン・ケリー

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

  • 作者: ケヴィン・ケリー,服部桂
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2016/07/23
  • メディア: 単行本
 

www.biztikara.com

こちらの本では、インターネットの次を考える際に、どういうことから考えると良いのかということが書かれています。

インターネットの次を考えたい方は、こちらも合わせて読んでみてください。

『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ? 』高城剛

カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?

IRやカジノ。IR推進法案が通過して、話題ですね。

これから、推進されていくのでしょうか。

どうすることが良いのかなどを考えたい方が読まれると良いですね。

おすすめ度

  ★★★★☆

 IR(統合型リゾート・Integrated Resort)やカジノについて書かれています。
 日本がどんなIRを作ると良いのかといったことを知りたい方が読まれると参考になると思います。

おすすめしたい方

IRなどに興味がある方。
ビジネスパーソン。

『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ? 』高城剛

カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?

カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?

  • 作者: 高城剛
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

見習うべきは、外国人による外国人のためのIR施設

IRをどうするか?