読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『7日間起業―ゼロから最小リスク・最速で成功する方法』すばやく起業するには?

ビジネス書書評感想 起業

『7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法』ダン・ノリス、平野敦士カール (翻訳) 

7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法

7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法

  • 作者: ダン・ノリス,平野敦士カール
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: 単行本
 

本の目次 

第1章 ローンチしなければ学べない
第2章 スタートアップとは何か?
第3章 アイデア、エクスキューション、ハッスル
第4章 なぜ7日間で?
第5章 7日間起業
第6章 ビジネスモデルを精査しよう
第7章 ビジネスルール金科玉条

すばやく起業するには?

本書は、タイトルにあるように、7日間で起業する方法や考え方が書かれています。

起業するまでに、どれだけの時間をかけるかというのはありますが、7日、1週間というのは短いですよね。

7日で、どういうことを行うとよいかがまとめられています。

アイデア、エクセキューション、ハッスル

「アイデアは重要だ。「7日間起業」では、アイデアを練るのに十分な時間として第1日目を捧げよう。」(p.35)

ベストなアイデアを1つ選んで先に進む

起業では、アイデアと実行(エクセキューション)と、そして、がんばり(ハッスル)の3つが必要ということです。

その1つである、アイデアは、その時点でのベストなアイデアを1つ選んで、実行に移るということです。

どんなアイデアが良いのか?

これが、起業したことがない方には、わかりにくいかもしれません。

このあたりの、どんなビジネスモデルが良いかということも、本書では書かれています。
知りたい方は、本書を読んでみてください。

事例からの5つの学び

「1 自分が必要なものをつくれ。誰かが必要としている、と自分が考えるものではなく(つまり、推測に基づくな)
 2 1日目から課金しろ
 3 完璧なプロダクトを開発しようとするな
 4 すばやく、繰り返し提供しろ
 5 顧客を選べ」(p.90)

自分が必要なものをつくれ

顧客のニーズを考える。これは大切だとよく言われますし、これができないからうまくいかないというのはありますね。

これができたら、あとは、作って売れば良いでしょう。欲しい人に見せれば、売れますよね。

ただ、他人が欲しいもの、ニーズがあるものはよくわかりません。だから、自分が必要なものを作るということです。

これでも、うまくいくかはわかりません。それなりに多くの人が欲しいと思うものを作らないと売れないでしょう。
しかし、1人=自分だけは、必要ではありますよね。似たような人もいるかもしれません。

推測やアンケートなどではこういったことはわからない。だから、自分が必要なものを作ると外しにくいということですね。

相応の時間をかける

起業するために、どれくらいの時間をかけるか?必要な時間をかけると良いですよね。

ただ、それがどれくらいなのかは、意見がわかれるところかもしれません。

それでも、早く始められるなら、早く起業したほうが良いでしょう。タイミングなどもありますが、時間をかけないで、起業してうまくいくなら、そのほうが、時間をかけてうまくいくよりも良いでしょうから。

そういう意味で、7日間で起業できるなら、起業してしまうというのはありだと思います。もちろん、起業前に必要な準備や貯金があるなどという、リスクを取れるような状況を作っておくということも大切でしょう。

「1円起業」という言葉というか、方法がありますが、「1円で起業できる」からと言って、それが良いかどうかは、ビジネスや自分の状況で変わってきますよね。それと同じように、7日間で起業できるからと言って、そうしないといけないわけではないでしょうから。

時間をかけすぎない、お金をかけすぎない起業

だからと言って、時間をかければよいかというと、そうでもないでしょう。必要なものが揃ったら、早めにスタートしたほうが、仮に失敗しても、リカバリーも早くできますよね。

時間をかけずぎない、お金をかけすぎない。

こんなことを考えるのに、『7日間起業』は参考になりますね。

『7日間起業』から取り入れたいと思ったこと

『7日間起業』から、取り入れたいと思ったことは、以下のようなことです。

自分が必要なものを作ったら、欲しいと思うだろう人にメッセージを届けることが、売上につながります。

どんどん発信していく。

こういうことが大切ですよね。わたしも、どんどん発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

『起業1年目の教科書』今井孝

起業1年目の教科書

起業1年目の教科書

  • 作者: 今井孝
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.biztikara.com

起業1年目に、どういうことをすると良いのか。

こちらの本では、そのあたりのことを書かれています。

起業したあとにどうするかなどを考えたい方が、合わせて読まれると参考になると思います。

『7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法』ダン・ノリス、平野敦士カール (翻訳)

7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法

7日間で起業する、その方法や考え方が書かれています。

7日で起業できるのか?と思わなくもないですよね。ただ、必要なことは、そんなに多くはないということはわかります。それらを揃えて、始めること。これが大切なのですよね。

始めて、うまくいかないなら、修正する。

こういうことですよね。

ということで、起業したい方は、読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆(★4.3)

  『7日間起業』ということで、7日で起業するために考えたり、やると良いことが書かれています。
  やはりすぐに動くというのは大切ですね。
  起業したい方が読まれると参考になると思います。

おすすめしたい方

起業したい方。
起業家。

『7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法』ダン・ノリス、平野敦士カール (翻訳) 

7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法

7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法

  • 作者: ダン・ノリス,平野敦士カール
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: 単行本
 

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

ベストなアイデアを1つ選んで先に進む

すぐに始めていますか?

読者登録などはこちら

Feedly はてなの読者に Facebookページ Twitter