読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『ウーマノミクス』 クレア・シップマン,キャティー・ケイ

ビジネス書書評感想 考え方

『ウーマノミクス』 クレア・シップマン,キャティー・ケイ

ウーマノミクス―仕事も家庭もあきらめない新しい「働き方」のカタチ

ウーマノミクス―仕事も家庭もあきらめない新しい「働き方」のカタチ

 

ウーマンの経済 

ウーマンの経済。

ウーマノミクス。

本書では、これからの女性と経済、とくに働き方について書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「ウーマノミクス
  1.それは「力」である。
  2.それは、あなたに理想的な働き方を与えてくれる「ムーブメント」
    である。
  3.それは、あなたをコモディティ化しようとする職場の現実と、
    新しい働き方を要求しようとする女性たちの現実との「激しい
    衝突である。」(p.19)

 

ウーマノミクス

本書では、ウーマノミクスをこのようなものとして捉えています。

理想的な女性などの働き方への新しいムーブメント。

そういうことですね。

半数の女性がもっと少ない労働時間を欲している

「・半数の女性がもっと少ない労働時間を欲している。
 ・半数の女性がスケジュールを変えたいと思っている。
 ・半数以上の女性がお金と引き換えに1日の休みを手に入れたいと
  思っている。
 ・4分の3の女性が柔軟な仕事の選択肢を欲している。」(p.77-78)

柔軟な働き方をしたい女性が多い

こういった調査結果があるそうです。

やはり柔軟な働き方をしたい。

そういう人が多いのでしょうね。

そのためには、効率的な働き方をする必要があるので、ここに知恵を絞りたいところです。


▼取り入れたいと思ったこと

 女性は、感情移入しやすいので、罪悪感を感じやすいというようなことが書かれていました。

 男性も、罪悪感はありますが、それを乗り越える方法を知っているところがありますね。

 このあたりを伝えて共有すると良いのかもしれませんね。

■ウーマノミクス

女性の働き方について書かれています。

女性がこれからどういうふうに働くと良いか、どんなふうに自分を主張すると良いか。

そんなことを知ることができます。

女性の働き方を考えたい方が読まれると、参考になると思います。


▼ あわせて読みたい ▼

 『LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲』
  シェリル・サンドバーグ(著)

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲
 


 『お金に愛されて幸せな女性になる7つのリッチルール』臼井由妃(著)

 
▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆


▼ おすすめしたい方 ▼

  女性の働き方を考えたい方。
  ビジネスパーソン


★『ウーマノミクス』 クレア・シップマン,キャティー・ケイ

ウーマノミクス―仕事も家庭もあきらめない新しい「働き方」のカタチ

ウーマノミクス―仕事も家庭もあきらめない新しい「働き方」のカタチ

 

 
★【今日の「本をチカラに!」

   柔軟な働き方をしたい女性が多い

 ⇒ 時間的な余裕を作るためにどうしていますか?