読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『ラクに書けて、もっと伝わる! 文章上達トレーニング45 』小川 晶子

スキルアップ ビジネス書書評感想

『ラクに書けて、もっと伝わる! 文章上達トレーニング45 』小川 晶子

ラクに書けて、もっと伝わる!  文章上達トレーニング45 (DO BOOKS)

ラクに書けて、もっと伝わる! 文章上達トレーニング45 (DO BOOKS)

 

文章トレーニング 

文章を上達したい。
そう思ったら、やはり文章を実際に書くということが大切でしょう。

本書では、文章トレーニングができるようになっています。


▼ ここに注目 ▼

「ここではいい文章とは「目的を達成することができる文章である」と定義づけしておきたいと思います。」(p.12)

いい文章とは?

目的を達成することができる文章のことを、いい文章ということです。

そして、本書では、そういう文章が書けるようになるトレーニングが45個紹介されています。

トレーニングとその答えになるような文が紹介されています。

 

小説から感情表現を抜き出す

「優れた感情表現のお手本といえば、小説です。ここでは小説から感情表現の文章を抜き出すトレーニングをしてみましょう。」
                          (p.36)

感情表現の文章を小説から抜き出す

文章のトレーニングとして、気に入った文章を書き出すというのがあります。

小説から感情表現を抜き出してみる。そういうことを、それなりの回数やってみると、表現が増えていくでしょう。

そうなれば、自分が表現したい感情を言葉にしやすくなると思います。

リアルタイムに要約して伝える

「今目の前で起こっていることを、他の場所にいる人に伝える「実況中継」。これを文章でやってみます。」(p.112)

今起こっていることを文章で実況中継する

スポーツなどをアナウンサーが実況中継します。

そのような感じで、今目の前で起こっていることを文章にしてみる。すべてを書くことはなかなかむずかしいでしょうから、要点をまとめて書く。

そういうことをすることで、描写の能力があがるでしょう。


▼思ったこと

 文章のトレーニングもいろいろとあるということがわかります。

 ともかく書いてみる、というのもありですが、本書のような方法をいくつか組み合わせたり、繰り返したりして行うというのも有効だと思いました。

 運動のように、文章も目的を持ってトレーニングすると、上達が早くなるのではないでしょうか。

ラクに書けて、もっと伝わる! 文章上達トレーニング45

文章上達トレーニング45ということで、トレーニングが45個紹介されています。

文章もトレーニングすることで上達できるでしょう。

ということで、文章を上達したい方が読んで、トレーニングしてみると良い本ですね。


 ▼ あわせて読みたい ▼

  『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則』山口拓朗(著)

伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & language book)

伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則 (Asuka business & language book)

 

 
  『きちんと伝わる文章の書き方』堀内伸浩(著)

きちんと伝わる文章の書き方

きちんと伝わる文章の書き方

 

 
 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   文章を上達したい方。
   ビジネスパーソン


 ★『ラクに書けて、もっと伝わる! 文章上達トレーニング45 』小川 晶子

 

ラクに書けて、もっと伝わる!  文章上達トレーニング45 (DO BOOKS)

ラクに書けて、もっと伝わる! 文章上達トレーニング45 (DO BOOKS)

 



★【今日の「本をチカラに!」

   感情表現の文章を小説から抜き出す

 ⇒ 文章のトレーニングをしていますか?