ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『プラットフォーム・レボリューション 未知の巨大なライバルとの競争に勝つために』


 『プラットフォーム・レボリューション 未知の巨大なライバルとの競争に勝つために』

ジェフリー・G・パーカー、マーシャル・W・ヴァン・アルスタイン、
サンジート・ポール・チョーダリー

 

プラットフォーム・レボリューション PLATFORM REVOLUTION 未知の巨大なライバルとの競争に勝つために

プラットフォーム・レボリューション PLATFORM REVOLUTION 未知の巨大なライバルとの競争に勝つために

  • 作者: ジェフリー・G・パーカー,マーシャル・W・ヴァン・アルスタイン,サンジート・ポール・チョーダリー,妹尾堅一郎,渡部典子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/08/23
  • メディア: 単行本

 『プラットフォーム・レボリューション』の目次

はじめに――なぜ、プラットフォームは、既存のビジネスを打ち負かすことができるのか
第1章 プラットフォーム・ビジネスの現在
第2章 ネットワーク効果――プラットフォームはなぜ強いのか
第3章 アーキテクチャ――成功するプラットフォームの設計原則
第4章 プラットフォームによる破壊――転換を迫られるオールド・ビジネス
第5章 市場導入――8つの立ち上げ戦略
第6章 収益化――価値を求めてネットワーク効果を強化する
第7章 オープン性――プラットフォームの利用範囲を規定する
第8章 ガバナンス――価値向上と成長強化のための方針
第9章 評価指標――プラットフォームが問題にすべきこと
第10章 戦略――プラットフォームによる競争の変化
第11章 政策――プラットフォームに対する規制
第12章 プラットフォーム革命の未来

 

 

プラットフォーム・レボリューション

プラットフォーム。

AppleやFacebook、Amazon、Googleなどが、その代表的なところででしょうか。

本書では、そんなプラットフォームのこれまでとこれから、そして、どのような特徴があって、どのように成立するのかなどについて書かれています。

『プラットフォーム・レボリューション』のここに注目・言葉・名言

「・プラットフォームの全体的な目的は、ユーザー間でマッチングを行い、製品やサービス、社会的通貨を交換しやすくし、あらゆる参加者が「価値創造」できるようにすることである。
・プラットフォーム・ビジネスは、自らが所有やコントロールをしてない資源を用いて価値を創造するので、従来の企業よりもはるかに急成長を遂げることができる。」(CHAPTER1)


プラットフォームの目的

プラットフォームの全体的な目的は、マッチングを行って、参加者が価値創造をできるようにすること。

これが、目的ということですね。

また、プラットフォームビジネスは、自社が所有しない資源を用いて価値創造するため、急成長することができるということです。

周りを巻き込んで、ビジネスができるので、成長を加速させやすいというのはあると思います。

ここは、プラットフォームのメリットの一つでしょう。

プラットフォームの設計

「プラットフォーム設計のHow(方法)を探ってみよう。価値あるコア・インタラクションの量を増やす鍵となるのは、「誘引」「促進」「マッチング」という3つの機能である。まず、相互にインタラクションを行う生産者と消費者をプラットフォームに引き付ける。次に、つながりやすく価値ある交換を奨励する(同時に、それ以外の交換は控えさせる)ためのツールとルールと提供して、インタラクションを促進する。そして、生産者と消費者の双方に関する情報を用いて、お互いに得になる形でつながるように、うまくマッチングを行わなければならない。」(CHAPTER3 3ステップの設計方法)

「誘引」「促進」「マッチング」

プラットフォームの設計には、「誘引」「促進」「マッチング」の3つがあるとうまく行きやすいということです。

これらを上手に設計できたプラットフォームが、成功しやすいということです。

逆に言うと、これらができないと、うまく成立しにくいので、プラットフォームを作ろうとしても、うまくできないということですよね。

そして、だからこそ、なかなか実現しないために、プラットフォームの価値があるということになるのだと思います。

設計についてなど、さらに詳しいことを知りたい方は、本書を読んでみてください。

『プラットフォーム・レボリューション』で、取り入れたいと思ったこと

プラットフォームの本を読むと思うのですが、
うまく設計するための要素が多いのでしょうね。

だから、プラットフォームをなかなかうまく構築できないところがあると思います。

そのあたりを考えるために、本書の設計などが役に立ちそうだなと思いました。

ということで、取り入れたいですね。

あわせて読みたい

『最新プラットフォーム戦略 マッチメイカー』
 デヴィッド・S・エヴァンス,リチャード・シュマレンジー,
 平野敦士カール (翻訳)

最新プラットフォーム戦略 マッチメイカー

最新プラットフォーム戦略 マッチメイカー

  • 作者: デヴィッド・S・エヴァンス,リチャード・シュマレンジー,平野敦士カール
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2018/05/07
  • メディア: 単行本
 

『最新プラットフォーム戦略 マッチメイカー』デヴィッド・S・エヴァンス,リチャード・シュマレンジー, 平野敦士カール (翻訳) - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

こちらの『最新プラットフォーム戦略 マッチメイカー』は、プラットフォームの戦略、マッチメイカーに必要なことなどについて書かれています。

プラットフォームを構築したい方が読まれると、参考になる一冊です。

こちらも合わせて読むと、プラットフォームの設計などの理解が深まるはずです。

『プラットフォーム・レボリューション』

未知の巨大なライバルとの競争に勝つために

ジェフリー・G・パーカー、マーシャル・W・ヴァン・アルスタイン、
サンジート・ポール・チョーダリー

プラットフォーム・レボリューション PLATFORM REVOLUTION 未知の巨大なライバルとの競争に勝つために

プラットフォーム・レボリューション PLATFORM REVOLUTION 未知の巨大なライバルとの競争に勝つために

  • 作者: ジェフリー・G・パーカー,マーシャル・W・ヴァン・アルスタイン,サンジート・ポール・チョーダリー,妹尾堅一郎,渡部典子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/08/23
  • メディア: 単行本


プラットフォーム・レボリューションということですが、革命というほどではないにしても、プラットフォームによって、今も、そしてこれからも、さらに、いろいろと変わって行きそうだというのを感じます。

それは、企業や消費者もですが、社会も変わっていくところもあるでしょう。

そのあたりも、本書では書かれています。

プラットフォームに興味がある方が読まれると、参考になることが見つかると思いますので、読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆

 プラットフォームのこれまで、そしてこれから、また、設計方法などについて書かれています。
 また、プラットフォームへの対処法なども書かれています。
 プラットフォームに興味がある方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

経営者。
プラットフォームを作りたい方

『プラットフォーム・レボリューション 未知の巨大なライバルとの競争に勝つために』

ジェフリー・G・パーカー、マーシャル・W・ヴァン・アルスタイン、
サンジート・ポール・チョーダリー

プラットフォーム・レボリューション PLATFORM REVOLUTION 未知の巨大なライバルとの競争に勝つために

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

プラットフォームの設計「誘引」「促進」「マッチング」

「誘引」「促進」「マッチング」ができていますか?