読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『アイデア・メーカー』山口 高弘。シートを埋めて、ビジネスモデルを作る

経営 ビジネス書書評感想

⇒『アイデア・メーカー』山口 高弘

アイデア・メーカー: 今までにない発想を生み出しビジネスモデルを設計する教科書&問題集

アイデア・メーカー: 今までにない発想を生み出しビジネスモデルを設計する教科書&問題集

 

アイデア・メーカー

「アイデア・メーカー: 今までにない発想を生み出しビジネスモデルを設計する教科書&問題集」ということで、本書では、ビジネスモデルを設計するための方法について書かれています。

シートを埋めていく形で、ビジネスモデルを作ることができます。


▼ ここに注目 ▼

「ビジネスモデル=アイデアを届け、おカネに換える仕組み」(p.020)

ビジネスモデルとは

本書では、ビジネスモデルを、アイデアを届けおカネに換える仕組みとしています。

「アイデアは生まれても、届けたい人のところに届かなければ意味はない」ということです。

届けない人に、アイデアが届いて、おカネに換わるようにする。

これが、ビジネスモデルということです。

新たな経験と解決策をもたらすイノベーション

「イノベーションは非常に単純な2つの要素で成り立っています。
1新しいアイデアを創りだすこと
2創ったアイデアを社会で実現させること」(p.019)

 

イノベーションとは

イノベーションは2つの要素で成り立っていて、新しいアイデアとそのアイデアを実現することということです。

新しい経験と解決策をもたらすものが、イノベーションということです。

そして、そのイノベーションを届けるのが、ビジネスモデルということになります。


▼取り入れたいと思ったこと

本書は、シートを埋めていくことで、ビジネスモデルを作ることができるようになっています。

アイデアをビジネスモデルをに変えていく。

だから、アイデアメーカーということだと思います。

本書の方法をやってみたいと思っています。

アイデア・メーカー

ビジネスモデルを創りだすための方法について、解説とシートが書かれています。

アイデアをビジネスモデルにしていく。

その方法を知ることができます。

ビジネスモデルを創りたい方は読んでみてください。参考になると思います。


▼ あわせて読みたい ▼

『ビジネスモデル・イノベーション』

ビジネスモデル・イノベーション ブレークスルーを起こすフレームワーク10

ビジネスモデル・イノベーション ブレークスルーを起こすフレームワーク10

  • 作者: ラリー・キーリー,ライアン・ピッケル,ブライアン・クイン,ヘレン・ウォルターズ,平野敦士カール,藤井清美
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2014/02/20
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 
▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆(★4.3)


▼ おすすめしたい方 ▼

  ビジネスモデルを創りたい方。
  経営者。


★『アイデア・メーカー』山口 高弘

アイデア・メーカー: 今までにない発想を生み出しビジネスモデルを設計する教科書&問題集

アイデア・メーカー: 今までにない発想を生み出しビジネスモデルを設計する教科書&問題集

 

 
★【今日の「本をチカラに!」】

   ビジネスモデル=アイデアを届け、おカネに換える仕組み

 ⇒ アイデアを届けたい人に、届けられていますか?