ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方』山口 絵理子


『Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方』山口 絵理子 

Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス)

Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス)

  • 作者: 山口絵理子
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2019/08/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

『Third Way』の目次

はじめに 二項対立を超えて
第1章 社会性とビジネスのサードウェイ(「理想」への道はいつだって、ぐねぐねしている
社会性が企業にもたらす共感・信頼・出会い
「共感」から「競争」のステージへ)
第2章 デザインと経営のサードウェイ(何のためにつくるのか?
自分の感性を信じる勇気
ヒト・モノ・カネを調和させる
「らしさ」と「変化」のさじ加減)
第3章 個人と組織のサードウェイ(「家族」みたいな会社をつくる
組織人になるか、個人になるか
他者比較、他者比較の落とし穴)
第4章 大量生産と手仕事のサードウェイ(ものづくりにおける二つの対立軸
手仕事をどう活かすか)
第5章 グローバルとローカルのサードウェイ(ここでしかできないものをつくる
自分を知る、相手を知る、連携する、競争する) 

 

第3の道のつくり方

マザーハウス 創業者の山口絵理子氏の著書です。

「「社会性とビジネス」「デザインと経営」「大量生産と手仕事」
「個人と組織」「グローバルとローカル」…
相反する二軸を掛け合わせて新しい道を創造する。」

ということで、第3の道の作り方、サードウェイということです。

ここに注目・言葉・名言

「理想と情熱を長続きさせる3つのポイント」(p.43-44)

1 ビジョンを大きくすること
2 定点観測して、自分の立ち位置をハッキリさせること
3 プロセスの中で生まれた夢も追加すること


理想と情熱を長続きさせる

「ビジョンこそ、「ライフワーク」になり得るのか、最初にとことん考え抜くべきなのだ。
そして、ビジョンは大きいほど長続きする。」(p.44)

ビジョン、未来に達成したいこと。

大きいというか、達成がむずかしいことは時間がかかりますね。
そういう意味で、長続きします。

大きさよりも、自分にとって意味や価値があって、なかなか実現しにくいこと。
そういうことを考えると、長く情熱は続きやすいです。

ヒトに悩むな、コトに悩め

「最終的に強い結束でみんなをまとめてくれるのは、コトです。
「美しいかどうか。つくりたいものをつくれているか」というゴールです。
みんなの気持ちがコトに向かったときに、いろいろな部署を超えて、同じ夢を見られるようになる。」(p.190-193)

人間関係に悩む

仕事や職場の悩みで、人間関係に悩むというのは多いのかもしれません。

ただ、人に悩むと、キリがないというか、解決策もなかなか出せなかったりします。

だから、まずはコトをどうするかを考えて動く。

コトが変われば、状況も変わって、人間関係も変わっていくかもしれません。

やりたいコト、実現したいコト、ビジョンをどうしたら実現できるのか。
ここに焦点を当てて、行動していきたいですね。

『Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方』で、取り入れたいと思ったこと

「売り上げは、つくったものがお客様の手に届いている総計。
デザインによって生まれた幸福の総計なんだ。」(p.91)

売り上げをどう捉えるか。

幸福につながっている。

このような商品やサービスを提供できるようにしていきたいですよね。

あわせて読みたい

『やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力』迫 俊亮

 

『やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力』迫 俊亮 - ビジネス書の書評ブログ:ビジネス書をビジネスのチカラに

やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力

やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力

 

 

『リーダーの現場力』は、そのミスターミニットのCEOの迫俊亮氏の著書
です。

どのように現場の力を引き出せるようにしていったかが書かれています。

 

『Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方』山口 絵理子

Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス)

Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方 (ハフポストブックス)

  • 作者: 山口絵理子
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2019/08/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

第3の道の作り方、サードウェイということが書かれています。

対立することから、どうやって新たなことを生み出すのか。

そんなことに興味がある方が読まれると、参考になることが見つかると思います。

おすすめ度

  ★★★★☆

 マザーハウス 創業者の山口絵理子氏の著書です。
 相反することを掛け合わせて、どう新しいことをつくっていくのかということが書かれています。
 考え方などが参考になると思うので、読んでみてください。

おすすめしたい方

ビジネスパーソン。
経営者。

『Third Way(サードウェイ) 第3の道のつくり方』

 

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

理想と情熱を長続きさせる

あなたの理想と情熱は?