ビジネス書をビジネスのチカラに。書評ブログ

ビジネス書の書評ブログ。ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉などを紹介しています。本の書評・感想レビュー

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 
 

 

 

『パンデミックなき未来へ 僕たちにできること』ビル・ゲイツ


ビル・ゲイツ氏が、パンデミックなき未来を作るために、どうしたら良いかということを書かれています。

今後、またパンデミックが起こるかもしれません。

そうならないように、また、そうなった時にどうするかといったことを考える参考になると思います。

『パンデミックなき未来へ 僕たちにできること』ビル・ゲイツ

目次

はじめに
第1章 COVIDから学ぶ
第2章 パンデミック予防チームをつくる
第3章 アウトブレイクをうまく早期発見できるようにする
第4章 人びとがすぐに自分を守れるよう手助けする
第5章 新しい治療薬をすぐに見つける
第6章 ワクチンづくりに備える
第7章 練習、練習、練習
第8章 豊かな国と貧しい国の健康格差を埋める
第9章 パンデミック予防の計画をつくり資金を投じる
おわりに COVIDはデジタルな未来の道筋をどう変えたか

『パンデミックなき未来へ 僕たちにできること』のここに注目・言葉・名言

「パンデミックへの備えを本気で整えはじめたら、次はもっとうまく対処できる

「世界は歴史上のどの病気のときよりもすばやく効果的にCOVIDに対処した。しかし教育者で医師の故ハンス・ロスリングが言うように、「”悪い”と”良くなっている”は両立する」。「よくなっている」の欄には、たとえば世界が安全で有効なワクチンを記録的なスピードでつくったことを挙げられるだろう。「悪い」の欄には、貧困国でそれを入手している人があまりにも少ないことが挙げられる。」(p.57-58)

「もうひとつ「悪い」の欄に書き加えられることがある。世界は本気でパンデミックに備えてそれを防ごうとしていない。」(p.58)

「パンデミックのことになると、こういったことは事実上何もされていない。新しい病気によって何百万もの死者が出ると何十年も前から警告されていて、2015年の僕のプレゼンの前後にもずっと警告がつづいていたのに、世界は反応しなかった。火災、暴風雨、ほかの人間からの攻撃には全力で備えているのに、考えられるかぎり最小の敵からの攻撃には本気で備えていなかったのだ。」(p.58)」

パンデミックへの備えを

パンデミックへの備えをほとんどしていなかった。

それが、新型コロナで分かったことの一つでしょう。

これまで、パンデミックが起こることは指摘されてきましたが、十分な準備はできていなかった。

今回、こういったことが分かったと思います。

では、どのように備えたら良いのかということが、本書では書かれています。

病気は世界に広がるから

「火災が世界全体に広がることはもちろんないが、病気は広がる。
パンデミックは、ひとつの建物で発生して数週間のうちに世界のすべての国を燃やす火災に相当する。したがってパンデミックを防ぐには、地球規模の消防署に相当するものが必要だ。

つまり地球レベルの専門家グループが求められる。その仕事は、世界がパンデミックを防ぐのをフルタイムで手助けすることだ。担当すべき職務は、起こる可能性のあるアウトブレイクを警戒し、実際に起こったときに警告を発して、それを封じこめる手助けをし、感染者数などの情報を共有するデータシステムをつくって、政策提言や研修の統一を図り、世界に新しいツールを迅速に展開する能力があるか判断して、制度の弱点を探す訓練を実施することである。また、国レベルでこの仕事に取り組む世界中のさまざまな専門家と制度を調整する役割も果たすべきだ。」(p.62)

地球レベルの専門家グループが求められる

地球レベルの専門家グループが求められるということで、そうなのでしょうね。

一応ないことはないのかもしれませんが、十分ではない。

まずは、こういった地球レベルで全体を統括できるような、専門家グループを作ることが求められるということです。

GERM(グローバル・エピデミック対応・動員)チームと呼んでいます。このGERMを作る必要がありそうです。

思ったこと

ビル・ゲイツ氏が、何をする必要があるのかということを提言しています。

これらをどうにか実現することが、パンデミックを防ぐことにつながるのだと思います。

日本もこれらのことに投資する必要があるのでしょう。

個人でできることはあまり多くはないようにも思いますが、パンデミックが起こらない、起こったときに、少しでも適切な対応をできるようにしたいですね。

あわせて読みたい

『10年後、後悔しない体のつくり方』中野 ジェームズ 修一

10年後も健康でいるために『10年後、後悔しない体のつくり方』中野 ジェームズ 修一 - ビジネス書をビジネスのチカラに。書評ブログ

こちらの『10年後、後悔しない体のつくり方』は、健康の維持のために、何をすると良いのか、といったことが書かれています。

10年後、後悔しないために、本書で書かれていたことをすると、維持できそうに思えるので、やっていきたいですね。

『パンデミックなき未来へ 僕たちにできること』ビル・ゲイツ

おすすめ度

★★★★☆

ビル・ゲイツ氏が、パンデミックを起こらないようにする、起きた時のための備えや方法、対策などについて書かれています。

パンデミックの対策について考えたい方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

パンデミック対策に興味がある方。
ビジネスパーソン。

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

地球レベルの専門家グループが求められる

パンデミック対策を考えてみる