読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『善と悪の経済学』経済学は人間の物語。トーマス・セドラチェク

経済 ビジネス書書評感想

『善と悪の経済学』トーマス・セドラチェク

善と悪の経済学

善と悪の経済学

  • 作者: トーマス・セドラチェク,村井章子
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: 単行本
 

経済学の物語

本書では、経済学を善悪という物語で、語っています。

経済や経済学を、どのように考えるかといったことが書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「どんな経済学も、結局のところは善悪を扱っている。経済学は人間の人間による人間のための物語を語っているのであって、どれほど高度が数学モデルも、実際には物語であり、寓話であり、自分を取り巻く世界を(合理的に)理解しようとする試みだと言える。」(p.7)


経済を理解しようとする物語

理解しようとすること自体が、物語だと言われれば、そういう面はあるのでしょう。

いずれにしても、本書では、善悪や欲望の物語として、経済学や経済を語っています。

本書を読んでいくと、その物語が、理解に有益ということがわかります。

 

欲望

「満たされようとしてつねにより多くを求めるのは自然な傾向であって、文明や人類の本質であるように見える(古代の人々は、このことにはっきりと気づいていた。)さらに踏み込んで、不満は進化の推進力であり、市場資本主義の原動力であると言うこともできよう。」(p.309)


欲望と不満

欲望と不満が、行動と進化の原動力。

こういう面があるということです。

もちろん、それが問題の原因になることもあり得るわけですが。


▼取り入れたいと思ったこと

経済を理解することと、人間を理解することとはつながっているでしょう。

経済は、人間の活動の一部ですから。

そこに、善悪や欲望の話があっても、不思議ではありません。

経済学は、そういった話を単純化して、モデルのように扱いますが、善悪も考えてみると、経済を理解することに役立つと思いました。


善と悪の経済学

人間の物語としての経済学。

善と悪や、人間の欲望といったところから、経済を捉えてみる。

本書では、そのような経済学について書かれています。

経済や経済学を理解したい方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『経済学の95%はただの常識にすぎない』ハジュン・チャン

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド: 経済学の95%はただの常識にすぎない

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド: 経済学の95%はただの常識にすぎない

  • 作者: ハジュンチャン,Ha‐Joon Chang,酒井泰介
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本
 

 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆(★4.3)

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  経済学を理解したい方。
  ビジネスパーソン。


★『善と悪の経済学』トーマス・セドラチェク

善と悪の経済学―ギルガメシュ叙事詩、アニマルスピリット、ウォール街占拠

善と悪の経済学―ギルガメシュ叙事詩、アニマルスピリット、ウォール街占拠

  • 作者: トーマス・セドラチェク
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: Kindle版
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   物語が、理解に有益

 ⇒ 経済学を理解するためのあなたの物語は?