読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

日本の未来に向けて『遺言 日本の未来へ』 日経ビジネス (編集)

経営 考え方 ビジネス書書評感想

『遺言 日本の未来へ』 日経ビジネス (編集) 

遺言 日本の未来へ

遺言 日本の未来へ

 

遺言

本書では、経済界、政界、文化界などで戦後の日本を支えた人物31人に、日本の未来への「遺言」を聞いたものをまとめられています。

先人の考え方を知ることができたので、読んで良かったです。

 

▼ ここに注目 ▼

「他人の価値観に依存しても仕方ない。だから自分で考える。でも自分に固執すると、今度は時代から置いていかれたり、身勝手になったりする。禅問答みたいだけれど、要は他人の立場に立って、世の中の変化を自分の目で見続けていくこと。それしかないよね。」(p.112)


自分と世の中

これは、セブン&アイ・ホールディングス会長兼CEOの鈴木敏文氏の言葉です。

自分と世の中をよく見て考えて動く。

言われてみれば当たり前のようなことですが、これをやる。

結局、こういうことになりますよね。

つまり、変化対応ということです。


どういう思いで生きるか

「80年余りの人生の中で、「人はみんな幸せに生きていけるんです。どういう思いで生きるかによって、人生は変わってきます。どなたでも、素晴らしい人生が実現できるんです」と話します。」(p.385)


どういう思いで生きるかで変わる

京セラ創業者の稲盛和夫氏の言葉です。

どういう思いで生きるかで、人生は変わる。

こういう話をされるそうです。

この遺言でも、同様の話をされています。

大切なことですね。


▼取り入れたいと思ったこと

他にも、経営者の方がヒット商品の作り方などについて、語られるなどしていました。

そういったことを含めて、先人の話を読むことができました。

見習いたいと思います。


遺言 日本の未来へ

遺言 日本の未来へ、ということで、経済界、政界、文化界などで戦後の日本の重要人物31人が、日本の未来に向けて「遺言」を語られています。

先人が重要と考えていることがわかるので、読んでみると有益だと思います。

読んでみてください。

わたしは、読んで良かったです。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ』
 稲盛和夫(著)

稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ

稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ

 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆(★4.3)

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  先人から学びたい方。
  ビジネスパーソン。


★『遺言 日本の未来へ』 日経ビジネス (編集) 

遺言 日本の未来へ

遺言 日本の未来へ

 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   どういう思いで生きるかで変わる

 ⇒ どういう思いで生きていますか?