読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『売れる文章術』中野 巧

ビジネス書書評感想 スキルアップ マーケティング

『売れる文章術』中野 巧

売れる文章術

売れる文章術

 

売り込まなくても売れる文章術 

本書では、売れる文章術について書かれています。

とは言え、売り込んで買わせるようにするというのとは少し違います。


▼ ここに注目 ▼

「「論理×感情×あなたらしさ」で文章を組み立てる」(p.157)

「論理×感情×あなたらしさ」

感情が大切と言われます。

そこに、論理とあなたらしさも表現する。

そうすると、あなただけの文章になって、伝わりやすくなるということです。

 

人は『論理』で納得し、『感情』で行動する

「なぜ、この方程式が成立するかといえば、人は『論理』で納得し、『感情』で行動するからです。「人は『感情』で決定し、『論理』でそれを正当化する」と言ってもいいでしょう。」(p.158)

論理と感情で行動する

人は、論理と感情で行動する。

だから、論理と感情があると、行動しやすくなるというわけです。

たしかに、そうでしょう。

 

では、どうしたら書けるようになるのか?

とは言え、どうしたら、そのような文章、売れる文章を書くことができるのか。

これがなかなかわからないところではないでしょうか。

本書では、エンパシーチャートというものを埋めていって、そのような文章を書けるようになっています。


▼取り入れたいと思ったこと

読者を一人設定する。

ペルソナというものではなく、誰かに向かって書いたほうが、書きやすい。

手紙のようになって、自分らしさが出やすいということです。

たしかに、そういうところがあると思うので、取り入れたいと思います。

売れる文章術

売れる文章の書き方が紹介されています。

1枚のシートから、お客様を引きこむような文章を書くことができるようになる。

そのような方法が紹介されています。

売れる文章を書きたい。

そういう方が読まれると、参考になると思います。


▼ あわせて読みたい ▼

『6分間文章術――想いを伝える教科書』中野 巧(著)

6分間文章術――想いを伝える教科書

6分間文章術――想いを伝える教科書

 


▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆


▼ おすすめしたい方 ▼

  売れる文章を書きたい方。
  マーケティング担当者。


★『売れる文章術』中野 巧

売れる文章術

売れる文章術

 

 
★【今日の「本をチカラに!」

   人は『論理』で納得し、『感情』で行動する

 ⇒ どのような文章を書きますか?