読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『挑戦する会社』神田 昌典。これからの企業に必要なこと

経営 ビジネス書書評感想

『挑戦する会社』神田 昌典 

挑戦する会社

挑戦する会社

  • 作者: 神田昌典
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2015/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 これからの企業の成長に必要なこと

『挑戦する会社』ということで、これからの企業に必要なことについて、神田昌典氏が書かれています。

これから、どういうことが企業に必要なのか。

そんなことが書かれているので、企業の成長などに興味がある方が読まれると参考になるはずです。


▼ ここに注目 ▼

「結局、どこの会社だろうと、「ウチの会社は○○業です」と1つの業種を言うだけだにとどまっていたら、いずれ先細りになるのだ。」(p.48)

どん詰まり企業

これから、日本だけで1つの業種ということだと、人口が減っていくので
厳しいということです。

○○業です。

これだけだと、市場が小さくなるので成長はむずかしい。

そういうことですね。

ビジョン、数字、信頼

「ビジョンが明確になったら、あとは数字を与える。数字を死守するためにチームメンバーを信頼する。そうすると目標へ向かって走るうちに、それぞれの才能が自然に導き出されることになる。」(p.125)

ビジョンと数字

ビジョンを描いて、達成したい数字を決める。

そうして、チームメンバーを信頼して、実行していくと、数字を達成しやすくなる。

当たり前のようなことですが、意外と信じられていないというか、ビジョンなどいらないと思っている人が多い。

そして、数字があっても、なかなか動かないという話になる。

どこに向かうのかイメージできないと、なかなか動けない。当たり前の話ですね。

逆に、どこに向かうかわかれば、自然と動きやすくなります。


▼取り入れたいと思ったこと

V理論というのものが紹介されています。

これから稼げる仕組みが変わっていくだろうということです。

ここは、よく考えてみたいところです。

時間を取って、考えたいですね。

挑戦する会社

これからの企業に必要なこと。

神田昌典氏が書かれています。

どういう考え方をすると、これからの企業の成長につながるか。

こういうことに興味がある方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『カール教授のビジネス集中講義 経営戦略』平野 敦士 カール

カール教授のビジネス集中講義 経営戦略

カール教授のビジネス集中講義 経営戦略

  • 作者: 平野敦士カール
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2014/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 『コンシャス・ビジネス』フレッド・コフマン

コンシャス・ビジネス 価値ある企業に生まれ変わるための意識革命とは何か

コンシャス・ビジネス 価値ある企業に生まれ変わるための意識革命とは何か

  • 作者: フレッド・コフマン,増田沙奈
  • 出版社/メーカー: 駒草出版
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: 単行本
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆(★4.3)

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  これからの会社に必要なことを知りたい方。
  経営者。


★『挑戦する会社』神田 昌典

挑戦する会社

挑戦する会社

  • 作者: 神田昌典
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2015/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   ビジョン、数字、信頼

 ⇒ ビジョン、数字、信頼がありますか?