ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか』レイチェル・ボッツマン


『TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか』レイチェル・ボッツマン 

TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

  • 作者: レイチェル・ボッツマン,関美和
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本

 『TRUST』の目次

はじめに
第1章 信頼の壁を飛び越える
第2章 信頼が地に墜ちるとき
第3章 はじめてなのに見慣れたもの
第4章 最終責任は誰に?
第5章 偽ベビーシッター
第6章 闇取引でも評判がすべて
第7章 人生の格付け
第8章 われわれはボットを信じる
第9章 ブロックチェーン1 デジタル・ゴールドラッシュ
第10章 ブロックチェーン1 信頼のマシン

 

TRUST・信頼

信頼が大切。

よく言われますね。

 

そんな信頼を、世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したかといったことが書かれています。

現在の「信頼」について考えたい方が読まれると、参考になることが見つかると思います。

 

『TRUST』のここに注目・言葉・名言

「分散された信頼こそ、わたしたちがレストランからチャットボットからウーバーの運転手まで、とりつかれたようにすべてを評価してレーティングする(乗客もまた評価される)理由なのだ。レーティングによってあらゆる種類の商売がはやるか廃るかが即座に決まる。また一方で、評価履歴が作られることで、ひとつのミスやしくじりが生涯つきまとうことにもなる。」(p.21)

分散された信頼

ネットオークションなどで、評価が表示されています。

その評価で、買うか買わないか判断したりしますよね。

Amazonのレビューの評価でも買ったり買わないと思ったりもするでしょう。

 

レーティングが、信頼の指標になっているところはありますね。

そして、デジタル社会になって、信頼が分散されて、それらを判断基準にしているというのが、現代というところはありますね。

信頼とは?

信頼はすき間を埋める

既知のもの リスク 未知のもの

既知のものー信頼ー未知のもの

(p.37)


信頼とは、未知のものに自信を持つこと

信頼とは何か。

いろいろな考え方があると思いますが、本書では、リスクとの関係で、上記のように書かれています。

 

未知のものを信頼するということですね。

評価が高いものは、信頼を得やすいということなどから考えると、こういうこともわかると思います。
(既知のものを信頼するというのもあると思いますが)

取り入れたいと思ったこと

「それが何を可能にして、何を与えてくれるのかがわからないと、使う気にならないということだ。その溝が埋まるまでは、既存のものを捨てようとは思わない。」(p.104)

未知のものが、何を与えてくれるのかがわからないと、使う気にはならないということですね。

よくわからないものは、使おうとは思わないですよね、やはり。

 

新しいものは、それだけでも価値があるように見えたりもしますが、何ができるのか、何が得られるのかを伝えたいところですね。

あわせて読みたい

『TRUST FACTOR トラスト・ファクター
 ~最強の組織をつくる新しいマネジメント』ポール J・ザック

TRUST FACTOR トラスト・ファクター~最強の組織をつくる新しいマネジメント

TRUST FACTOR トラスト・ファクター~最強の組織をつくる新しいマネジメント

  • 作者: ポール J・ザック Paul J. Zak,白川部君江
  • 出版社/メーカー: キノブックス
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

『TRUST FACTOR トラスト・ファクター』最強の組織をつくる新しいマネジメント - ビジネス書をビジネスのチカラに

こちらの『TRUST FACTOR』は、トラスト・ファクターということで、
日本語に無理やりすると、信頼要素とかいう感じでしょうか。

 

信頼の要素によって、組織やチームの成果が変わって来るということが
わかります。

脳科学などと合わせて書かれているので、そのあたりも考えたい方が読まれると
参考になる一冊です。

 

『TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか』レイチェル・ボッツマン

TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

  • 作者: レイチェル・ボッツマン,関美和
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本

TRUST、信頼。

世界の企業は、どのように信頼を得るために、行動しているのかといったことが書かれています。

 

あまり答えのようなことは書かれていないので、本書から、信頼について考えたいという方が読まれると、参考になると思います。

おすすめ

  ★★★★☆

 TRUSTということで、信頼について書かれています。

 世界企業が、どのように信頼を扱っているのかといったことが書かれています。

 信頼について考えたい方が読まれると、参考になることが見つかると思います。

おすすめしたい方

信頼などに興味がある方。
経営者。

『TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか』 

TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

信頼とは、未知のものに自信を持つこと

未知と既知の架け橋を作っていますか?