読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

ベストを尽くすために『力の抜きどころ』古川武士

ビジネス書書評感想 考え方

『力の抜きどころ』古川武士

力の抜きどころ 

全力で何でもできると良いのかもしれませんが、体力も精神力も限界があるでしょう。

力を抜くところを知っておくと、力を入れたいところに力を入れられるようになるはずです。

ということで、本書では、力の抜きどころ、力の入れどころについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「最善主義とは、「力の入れどころと抜きどころを見極めて、より無駄をなくし、限られた時間で最大の結果を出す」ことです。
   最善主義こそ、多くの仕事やプライベートの用事において、限られた時間を自分の幸せと成果のために、最大効率で使えるようになる思考だと私は考えています。」(p.6-7)

 

最善主義思考

全力主義ではなく、最善主義。

最善を尽くす、という考え方でしょう。

こうしたほうが、効率的にできるということになるでしょう。

 

木を見て森も見る

「まず起点となるのは、森を見ることです。
  俯瞰をしていれば、物事の重要度がはっきりと見えますし、変化も見えてきます。」

全体から見て、部分を見る

仕事の全体から見て、部分を見る。

そうすることで、重要なところがどこかわかるということです。

重要なところがわかれば、そこに力を入れることができます。

だから、まずは、全体から見る、森を見るということです。


▼取り入れたいと思ったこと

 目的の大切さについても書かれていました。

 目的から考えて、手段や重要なことを考えることができる。

 そうすれば、必要なことがわかって、必要なことができるということです。

 目的をしっかり意識して行いたいですね。

重要なことに力を入れる

重要なことに力を入れる。そのために、力の抜きどころを知る。

そんな本です。

重要なことに力を入れる、そのための考え方などを知りたい方が読まれると、参考になると思います。


 ▼ あわせて読みたい ▼

  『思考を広げる まとめる 深める技術』太田 薫正(著)

思考を広げる まとめる 深める技術 中経出版

思考を広げる まとめる 深める技術 中経出版

 

 
 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆(★4.3)


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   力の抜きどころを知りたい方。
   ビジネスパーソン


 ★『力の抜きどころ』古川武士

 
★【今日の「本をチカラに!」

   最善主義思考

 ⇒ 必要なことに力を入れていますか?