読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

すごいボスの3つのタイプ『SUPER BOSS (スーパーボス)』シドニー・フィルケンシュタイン

経営 ビジネス書書評感想

『SUPER BOSS (スーパーボス)』シドニー・フィルケンシュタイン

SUPER BOSS (スーパーボス)

SUPER BOSS (スーパーボス)

  • 作者: シドニー・フィンケルシュタイン,門脇弘典
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/04/01
  • メディア: 単行本

本の目次

はじめに
第1章 スーパーボスの3つのタイプ
第2章 「持っている人」を見つけ出す
第3章 限界を超えさせる
第4章 がんこなのに柔軟
第5章 師匠と弟子のようにそばで教える
第6章細部を見ながら部下に任せる
第7章 部下同士に競わせる、助け合わせる
第8章 優秀な元部下のネットワークをつくる
第9章 スーパーボスになる方法

ボス・上司

本書は、上司、ボスについて書かれた一冊です。

スーパーボスということで、すごいボスとはどういうボス、上司なのか、ということが書かれています。

部下も一流にしていくボス。そういう上司、ボス像が書かれています。

ここに注目・言葉・名言

因習打破主義者、栄誉あるろくでなし、養育者

「かくも多種多様なスーパーボスにも、共通する特徴がたしかにある。研究を始めて数年たったころに気づいたことだが、人物像はさまざまでも上司としてのモチベーションは3つのパターンにはっきりと分かれるのだ。業界によってパターンに偏りがあるということもない。」(p.38)

スーパーボスの3つのパターン

因習打破主義者、栄誉あるろくでなし、養育者という、3つのパターンに、スーパーボスは分かれるということです。

簡単に言うと、以下のような感じです。

因習打破主義者:芸術家肌、創造的天才
栄誉あるろくでなし:勝利こそ至上命題
養育者:部下の成功を心から気にかける

こういうタイプ、モチベーションによって違ってくるとのこと。

どこに重点を置くかで変わってくるのでしょうね。部下としては、養育者が良さそうというか、楽そうではあります。

スーパーボスが求めること

「まず、もっとも優しい「養育者」タイプであっても、スーパーボスは部下を猛烈に駆り立てる。」(p.87)

「スーパーボスが求める成果は、ただすばらしいだけでなく、ずば抜けてすばらしいものだ。」(p.88)

完璧は最低限、求めるのは不可能なこと

スーパーボスが部下に求めるのは、完璧なことは最低限で、不可能と思えそうなことを求めるとのこと。

かなり要求の水準が高いということです。

それは、自分に対しても高いということもありますし、他人に対しても高いということのようです。

仕事に対する姿勢は甘くない。厳しい。

こういうことが、本書を読むとわかります。そして、そういった厳しさが、部下の成長を促して、一流にしていくということがあるということがわかります。

取り入れたいと思ったこと

部下などのやる気の引き出し方。これも書かれています。

ビジョンを設定して、そこに向かって進んでいくようにする。こういう手法を取るということです。

やはり、未来をより良くするビジョンを描いて、そこに向けて進んでいくということです。

何も考えないで、やる気が自然に出てくるというようなことはしていない。
こういうことがわかりますね。

ミッションビジョンアクションブログ

あわせて読みたい

『上司のあなたが頑張って働いても部下はなぜついてこないのか?』
 森 昭

上司のあなたが頑張って働いても部下はなぜついてこないのか?

上司のあなたが頑張って働いても部下はなぜついてこないのか?

  • 作者: 森昭
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2015/08/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

www.biztikara.com

上司のあなたが頑張って働いても部下はなぜついてこないのか? 上司の頑張り方。そういうものがあるのでしょう。 部下がついてくる、部下が働くようになる、上司の頑張り方。 そういうことを知りたい方に参考になると思います。

『上司のあなたが頑張って働いても部下はなぜついてこないのか?』 森 昭 - ビジネス書をビジネスのチカラに

上司としてがんばっても、部下がついてこない。

としたら、どうすると良いのか。このあたりを考えたい方は、こちらの本を読んでみてください。

何をすると良いかのヒントが得られると思います。

『SUPER BOSS (スーパーボス)』シドニー・フィルケンシュタイン

上司やボスとして、優れている人はどういう人なのか。

スーパーボスということで、本書では、ボスの特徴がわかります。

ボスと部下のつながりが、プラットフォームのようになっています。

ボスと部下。その関係などを考えたい方は読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆(★4.3)

スーパーボスということで、優れたボスがどのような人なのかといったことが書かれています。
上司と部下の関係などを考えたい方が読んでみると、参考になると思います。
わたしは考えさせられました。

おすすめしたい方

人事担当者。
経営者。

『SUPER BOSS (スーパーボス)』シドニー・フィルケンシュタイン

SUPER BOSS (スーパーボス)

SUPER BOSS (スーパーボス)

  • 作者: シドニー・フィンケルシュタイン,門脇弘典
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/04/01
  • メディア: 単行本

今日の「ビジネス書をチカラに!」

完璧は最低限、求めるのは不可能なこと

上司と部下の関係を考えてみる