読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『叱って伸ばせるリーダーの心得56』中嶋 郁雄 (著)

ビジネス書書評感想 スキルアップ

『叱って伸ばせるリーダーの心得56』中嶋 郁雄 (著)

叱って伸ばせるリーダーの心得56

叱って伸ばせるリーダーの心得56

 

叱る 

叱って、人を伸ばす。

そういうことができるのか。

叱って人を伸ばすリーダーに必要なことについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「「気まずくならない叱り方を身につけること」ではありません。「叱る前の関係をどう築くか、どのように叱るか、叱った後にどう接するか」なのです。リーダーとしての腕の見せどころです。」(p.19)

叱る前に信頼関係を作る

いきなり叱られても、納得できない。そういうことはあるでしょう。

だから、まずは信頼関係を作る。

これが大切ということです。

 

信頼関係を築く三つの原則

 1 「指導者」として接する
 2 部下の能力・意欲を伸ばす
 3 普段は温和。ここぞは厳しく

普段は温和、ここぞは厳しく

ここぞというときに厳しくする。

これがポイントということです。

あとは、意欲を伸ばせる方向で普段は接するということでしょう。

こういう関係の中で、叱ることができれば、伸ばせる可能性が出てくるというわけです。


▼取り入れたいと思ったこと

 叱られるのを嫌っている部下は、指導はするが期待しすぎないことということです。

 過ちをなおそうと思わない人を叱っても、伸びないからということです。

 指導することは指導するということですね。

叱って伸ばせるリーダーの心得

叱り方。

なかなかむずかしいですよね。

リーダーとして指導としての叱り方について書かれています。

叱り方を知りたい方が読まれると、参考になると思います。


 ▼ あわせて読みたい ▼

  『我慢するな部下は堂々と叱れ』古川裕倫(著)

我慢するな 部下は堂々と叱れ

我慢するな 部下は堂々と叱れ

 

 
 『「叱らない」で部下を育てる技術』叱りゼロプロジェクト(著)

  ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   叱り方を知りたい方。
   経営者、マネジャー。


 ★『叱って伸ばせるリーダーの心得56』中嶋 郁雄 (著)

叱って伸ばせるリーダーの心得56

叱って伸ばせるリーダーの心得56

 


★【今日の「本をチカラに!」

   叱る前に信頼関係を作る

 ⇒ 叱る前に信頼関係を作っていますか?