読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『性格はどのようにして決まるのか: 遺伝子、環境、エピジェネティックス』

人間関係 ビジネス書書評感想

『性格はどのようにして決まるのか: 遺伝子、環境、エピジェネティックス』
 土屋廣幸

性格はどのようにして決まるのか: 遺伝子、環境、エピジェネティックス

性格はどのようにして決まるのか: 遺伝子、環境、エピジェネティックス

  • 作者: 土屋廣幸
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: 単行本
 

性格

人間は、一人ひとり、性格が異なります。

そんな性格がどのようにして決まるのか。

 

本書では、子どもの性格がどのように決まるのかといったことから、性格を決めるものはどういうものなのかということが書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「・402組の双生児についての研究では、性格のおよそ50%は遺伝的に決まる
と考えられた。
 ・性格の残り50%は環境によって決まる。」(p.11)


性格の50%は遺伝的に決まる。残りは環境によって決まる

双子の研究で、性格の約50%は遺伝的に決まり、残りは環境で決まるということがわかったということです。

 

双子は、遺伝子は同じです。

それでも、まったく同じ性格になるとは限りません。似ているということが多いようです。

残りは環境が変わることで、変わっていくということだそうです。


性格は変わるのか?

「年齢とともに性格が変化するかどうか調べる研究では、子ども時代はある
程度変わるが、年齢とともに変わりにくくなることが知られている。」(p.32)


性格は年齢とともに変わりにくくなる

性格が遺伝子と環境で変わるということであれば、環境が変わらないと、なかなか変わらないということになるでしょう。

 

大人になっても変わるとしたら、環境が劇的に変わらないと、変わりにくい。

性格を変えたいなら、環境を変えてみるというのは、方法としてありそうです。


▼取り入れたいと思ったこと

性格を選ぶ。

そういうことは、なかなかむずかしいのかもしれません。50%は遺伝的に決まってしまうわけですから。

あとの50%をどうするか。

自分が望む性格を、まずは考えてみて、環境などを考えると良いのかもしれません。


性格はどのようにして決まるのか: 遺伝子、環境、エピジェネティックス

性格がどのようにして決まるか。

意外とわからないものではないでしょうか。

 

性格がどのように決まるのか、知りたい方が読まれると、参考になると思います。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『天才を考察する: 「生まれか育ちか」論の嘘と本当』

天才を考察する―「生まれか育ちか」論の嘘と本当

天才を考察する―「生まれか育ちか」論の嘘と本当

  • 作者: デイヴィッドシェンク,David Shenk,中島由華
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  性格について考えたい方。
  自分について考えたい方。


★『性格はどのようにして決まるのか: 遺伝子、環境、エピジェネティックス』
  土屋廣幸

性格はどのようにして決まるのか: 遺伝子、環境、エピジェネティックス

性格はどのようにして決まるのか: 遺伝子、環境、エピジェネティックス

  • 作者: 土屋廣幸
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: 単行本
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   性格の50%は遺伝的に決まる。残りは環境によって決まる

 ⇒ 性格を決めるものは?