ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法』ダリル・ウェーバー


『「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法』ダリル・ウェーバー

「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法

「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法

  • 作者: ダリル・ウェーバー,手嶋由美子
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本

『「誘う」ブランド 』の目次

 

はじめに
序章:心の底にあるブランドの世界

第1部:脳とブランドの結びつき
第1章:美は見る者の脳にある――ブランドはどうやって心に入り込むのか
第2章:注目されているだろうか?――なぜ期待通りの効果が得られないのか

第3章:覚えているだろうか?――ブランドは記憶の中でどのように息づいているの第4章:感情的になる――ブランド戦略における感情の真の役割
第5章:決断、決断――消費者の決断の裏にある真実

第2部:ブランドの新しいモデル
第6章:かっこよさを捉える――なぜブランドについての新しい考え方が必要なのか
第7章:ブランド・ファンタジー・モデル――形のないものを(ある程度)形にする
第8章:ブランド・ファンタジーの実践――ケーススタディ

第3部:魅惑的なブランドを構築する
第9章:ブランドのバケツを満たす――ブランドのあらゆる要素を同じファンタジーに合わせる
第10章:無意識に訴える――コミュニケーションを通じてブランド・ファンタジーを築く
第11章:無意識を探る――本当に効果的な市場調査とは
第12章:無意識に向けたイノベーション――息の長い新商品を開発するには

まとめ

 

 

誘うブランド

ブランドは、どうやって選択されるのか。

本書では、脳についても考慮した、ブランド構築法について書かれています。

とくに新しいことが書かれているわけではないと思いますが、脳と関連づけて書かれているので、参考にしやすいところもあります。


ここに注目・言葉・名言

「バーバリーは威信、名声、品を兼ね備えた強力なブランドを作り上げた。」(p.22)

「バーバリーの持つ大胆なまでに一貫した見た目と雰囲気が、それにふさわしい憧れのファンタジーを作り上げる。それは合理的な特性よりも強い影響力を及ぼすのだ。」

憧れのファンタジー

バーバリーの憧れのファンタジーが、合理的な特性よりも、強い影響力を及ぼすということです。

ファンタジーが合理性に勝るということですね。

ブランドで購入するということなら、そういうことなのかもしれませんね。
それも、無意識だとしたら、雰囲気などのほうが大切ということになるのかもしれません。

ただ見るだけでなく、その意味を見る

「扁桃体は記憶と感情が結びつく場所でもあり、隣り合う海馬ーー出来事の詳細や真相を長期記憶へと符号化する部位ーーと密接に連動している。このふたつの部位が連携して、経験や行動を快感やショックとして符号化し、生涯消えることのない感情の記憶を作る。
 つまり、何を見ていても、私たちはその物理的特性を認識するだけでなく、その意味を見る。」(p.53)

好きか嫌いか

扁桃体から記憶につながっていて、見たものなどを、意味付けして、記憶するということです。

そして、見たものの意味を感じるのでしょう。

例えば、好きか嫌いかといったことですね。

ものなどを見ている時に、単に目で見ているだけではなく、自分にとって、どんな意味があるのかということを認識しているというわけです。

取り入れたいと思ったこと

ブランド。ブランディング。

脳にどう働きかけているのか。

こういうことがわかりますね。

ブランディングと脳の関係を考えながら読んで、頭の整理になりました。

あわせて読みたい

『ブランド論---無形の差別化を作る20の基本原則』

デービッド・アーカー

ブランド論---無形の差別化を作る20の基本原則

ブランド論---無形の差別化を作る20の基本原則

  • 作者: デービッド・アーカー,阿久津聡
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/09/27
  • メディア: 単行本
 

『ブランド論---無形の差別化を作る20の基本原則』デービッド・アーカー - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

ブランドの基本を知る。

意外と良い一冊というのがないかもしれません。

本書は、これからブランディングの基本を学びたい方が読まれると参考になると思います。

読んでみてください。

『「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法』ダリル・ウェーバー

脳が選ぶブランド。

そんなことに興味がある方が読まれると、参考になる本ですね。

ブランドと脳。

やはり関係しているのでしょう。

ブランディング論として、読んでみると良いと思います。

おすすめ度

  ★★★★☆

 ブランドと脳の関係について、書かれています。
 そこまで新しいことが書かれているわけではありませんが、わかりやすいですね。
 何をどう考えると良いかがわかると思います。

おすすめしたい方

マーケティング担当者。
経営者。

『「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法』ダリル・ウェーバー

「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法

「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法

  • 作者: ダリル・ウェーバー,手嶋由美子
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

ただ見るだけでなく、その意味を見る

意味をどう見ていますか?