読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

上手な見出し「タイトル3ルール」『最新のネーミング強化書』高橋 誠

マーケティング ビジネス書書評感想

『最新のネーミング強化書』

最新のネーミング強化書 (PHPビジネス新書)

最新のネーミング強化書 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 高橋誠
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/04/18
  • メディア: 新書
 

ネーミング

名前。大切ですよね。

本書は、ネーミングの方法について書かれています。

ネーミングの方法がわかりやすく書かれていました。


▼ ここに注目 ▼

「激烈な競争状態の中で新商品や新サービスが生き残るには、まず商品やサービスそのものが魅力あるものでなければなりません。それに加えて、ネーム(名前)、スローガン(説明)、ロゴ(文字など)、パッケージなども工夫がなければなりません。」(p.11)


ネームがヒットの要素として大きい

本書によると、ある調査では、ダントツで、ネームがヒットの要素として1位だったそうです。

ネーミングで、気になる、わかるといったことがあるでしょう。

他の要素もありますが、名前が印象的だと、覚えてもらいやすいなどありますよね。


上手な見出しをつける「タイトル3ルール」

1 読者目線で考える
2 内容を要約するのではなく、要点を表現する
3 あれこれ言わずに、断定する

(p.49)


タイトルをどう考えるか

記事のタイトルや本のタイトル。

これらをどう考えるか。

こういった「3つのルール」があるとのこと。

ここから、さらに語感なども考えると良いのでしょう。

まずは、ここからですね。


▼取り入れたいと思ったこと

ネーミング開発の「4ステップ」というものが紹介されていました。

1 課題ステップ
2 発想ステップ
3 評価ステップ
4 登録ステップ

この4つを考えると、ネーミングが上手くできそうに思います。

取り入れたいと思いました。


最新のネーミング強化書

ネーミング。むずかしいと感じています。

 

本書を参考に考えてみると、変わっていくのではないでしょうか。

わたしも参考にしつつ、今後考えてみたいと思っています。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『売れる!伝わる!ネーミング―「五感に訴える名前」の作り方』
 藤村正宏(著)

売れる!伝わる!ネーミング―「五感に訴える名前」の作り方 (PHPビジネス新書)

売れる!伝わる!ネーミング―「五感に訴える名前」の作り方 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 藤村正宏
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 新書
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  ネーミングを考えたい方。
  ビジネスパーソン。


★『最新のネーミング強化書』高橋 誠

最新のネーミング強化書 (PHPビジネス新書)

最新のネーミング強化書 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 高橋誠
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: Kindle版
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   上手な見出しをつける「タイトル3ルール」

   1 読者目線で考える
   2 内容を要約するのではなく、要点を表現する
   3 あれこれ言わずに、断定する

 ⇒ ネーミングでどんな工夫をしていますか?