読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書』佐藤知一

経営 ビジネス書書評感想

『世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書』佐藤知一

世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書 ~グローバルなチャレンジを成功させるOSの作り方

世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書 ~グローバルなチャレンジを成功させるOSの作り方

  • 作者: 佐藤知一
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

プロジェクトマネジメント

プロジェクトをどうやってうまくいくようにするか。

プロジェクトマネジメントの方法を知っていると違ってきます。

本書では、プロジェクトマネジメントの基本的なことなどについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「プロジェクトの定義

プロジェクトとは、次の3つの条件を満たすチャレンジである。

1 達成すべきゴールが決まっている(完了条件)
2 複数の人間が協力して行う(協力条件)
3 失敗のリスクを伴う(リスク条件)」(p.23)


プロジェクトの定義

上記の3つを満たすチャレンジのことをプロジェクトというそうです。

チャレンジというのが興味深いですね。

まず、これらを定義すると、そのプロジェクトがどういうプロジェクトなのかわかってくると思います。


ミッションプロファイリング

「・何をしようとしているのか?(どこに向かって進んでいくのか?)
 ・なぜ、それにチャレンジするのか?
 ・どうなったら成功と言えるのか?」(p.043)


その活動はどういう目的と目標があるのか?

その活動には、どういう目的と目標があるのか?

この点について探る。

これを、「ミッションプロファイリング」と呼ぶということです。

ここをはっきりさせると、どんなプロジェクトかわかってきますね。


▼取り入れたいと思ったこと

さらに、プロジェクトの基本的な考え方やマネジメントについて書かれていました。

プロジェクトをうまくいかせるようにする。

そのための方法などを知ることができたので、取り入れたいと思います。


世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書

プロジェクトマネジメントの教科書ということで、プロジェクトの基本がわかります。

プロジェクトのマネジメント、運営の方法がわかりやすく書かれています。

プロジェクトマネジメントをこれから学びたい方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『トム・デマルコの「プロジェクト管理」がわかる本』吉平健治(著)

ポケット図解 トム・デマルコの「プロジェクト管理」がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)

ポケット図解 トム・デマルコの「プロジェクト管理」がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)

  • 作者: 吉平健治
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  プロジェクトをうまくいかせたい方。
  プロジェクトマネジメント。


★『世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書』佐藤知一

世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書 ~グローバルなチャレンジを成功させるOSの作り方

世界を動かすプロジェクトマネジメントの教科書 ~グローバルなチャレンジを成功させるOSの作り方

  • 作者: 佐藤知一
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 


★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   プロジェクトとは、次の3つの条件を満たすチャレンジである。

   1 達成すべきゴールが決まっている(完了条件)
   2 複数の人間が協力して行う(協力条件)
   3 失敗のリスクを伴う(リスク条件)

 ⇒ プロジェクトの条件を満たしていますか?