読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?』上野金太郎

経営 ビジネス書書評感想

『なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?』上野金太郎

なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?

なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?

  • 作者: 上野金太郎
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長の上野金太郎氏の著書です。

仕事への取り組み方や考え方について書かれています。

▼ ここに注目 ▼

最善でなければ意味がない

「どうせつくるなら、最善のものでなければ意味がないし、どうせ仕事をするなら、完全燃焼でなければつまらない。何かを始めたのに生焼けで終わるというのは不甲斐ない。中途半端でやめるのは、たまらなく気持ちが悪いという性分でもあります。」(p.120)

最善でなければ意味がない

英語だと、“The best or nothing”ということです。

最善を尽くす。

ここを目指しているということが、まずはあると思います。

当事者意識をもつ

「会社をよりよく改善していこうというとき、大事なのは、社員全員が“お客さん”ではなく「当事者」という意識を持っていること。」(p.108)

従業員はお客さんではない

当たり前ですが、従業員は「お客さま」ではありません。

会社や商品を改善するのは、従業員です。

誰かがやってくれるわけではありません。

だから、当事者意識をもつ。

意外と忘れてしまうことのように思います。

▼取り入れたいと思ったこと

丁寧でありながら、速い。

こういうことを目指しているということです。

両立することがむずかしいことを、両立できるようにする。

これが、価値を生むのだと思います。

できるようにしたいですね。

なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?

メルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長の上野金太郎氏が、仕事への取り組み方や考え方について書かれています。

仕事への姿勢などを知ることができます。

仕事の考え方などを知りたい方が読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『トヨタはどうやってレクサスを創ったのか』高木晴夫(著)

トヨタはどうやってレクサスを創ったのか―“日本発世界へ”を実現したトヨタの組織能力

トヨタはどうやってレクサスを創ったのか―“日本発世界へ”を実現したトヨタの組織能力

  • 作者: 高木晴夫
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/09/29
  • メディア: 単行本
 

 
▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆(★4.3)

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  仕事の姿勢を考えたい方。
  ビジネスパーソン、経営者。


★『なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?』上野金太郎

 

なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?

なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?

  • 作者: 上野金太郎
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/04/17
  • メディア: Kindle版
 

 
★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   The best or nothing

 ⇒ ベストを尽くしていますか?