読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『NASA式 最強組織の法則』ロッド・パイル

経営 ビジネス書書評感想

⇒『NASA式 最強組織の法則』ロッド・パイル

NASA式 最強組織の法則

NASA式 最強組織の法則

  • 作者: ロッド・パイル,熊谷玲美
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/03/06
  • メディア: 単行本
 

NASA

NASAは、アメリカの航空宇宙局です。

アメリカの宇宙開発を担う機関です。

本書では、そのNASAの組織としての考え方などについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

自分のコントロールを超えた力に阻まれながら、革新的な計画を進める方法

「外部の介入を待たねばならないこともあるが、自らのイノベーションを素早く進める準備を整えておく」(p.041)


革新的な計画を進めるには?

周りの協力が得られるかどうかわからない状況で、革新的な計画を進める。

そのためにどうするか?

 

準備を整えておく。

当たり前のように思えますが、いつでもできるようにしておくというのは大切でしょう。

だから、準備しておく。そうすれば、計画を公式に進めることになっても、うまく進めやすいでしょうから。


反発する人に対応するには?

問題を解決しようという試みにむやみに反発する、権力を持つ立場の人に対応するには?

「最も能力の高い最高の人材を採用する。反対勢力には、誠実さ、正直さ、そして事実をもって対応する。態度の変化を促し、不合理な抵抗を乗り越える。」(p.119)


反対勢力には、誠実さ、正直さ、事実をもって対応

何か新しいことをする際には、理由は何であれ、反対する人が出てくるものでしょう。

そういう反対勢力には、誠実さ、正直さ、事実をもって対応するということです。

他の対応をすると、いろいろとこじれていきそうです。

だから、誠実さ、正直さ、事実をもって対応するということですね。


▼取り入れたいと思ったこと

NASAが、イノベーションをどう考えているか。

大胆に行動する。そういうことを大切にしているということがわかります。

 

もちろん、宇宙開発の場合、安全も大切です。

一般的な仕事では、宇宙開発ほど安全を気にする必要はないでしょうから、大胆に行動するというのは大切だと思いました。


NASA式 最強組織の法則

NASAの組織としての強さ。

それは、どんな考え方や行動から来るのか。

こういったことが、NASAのこれまでのプロジェクトとともに書かれています。

NASAの組織の考え方などを知りたい方が読まれると、参考になると思います。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『NASAのチームビルディング』チャールズ・J・ペレリン(著)

NASAのチームビルディング

NASAのチームビルディング

  • 作者: チャールズ・J・ペレリン
  • 出版社/メーカー: アチーブメント出版
  • 発売日: 2010/06/30
  • メディア: 単行本
 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  NASAから学びたい方。
  経営者、リーダー。


★『NASA式 最強組織の法則』ロッド・パイル

NASA式 最強組織の法則

NASA式 最強組織の法則

  • 作者: ロッド・パイル,熊谷玲美
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/03/06
  • メディア: 単行本
 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】


   反対勢力には、誠実さ、正直さ、事実をもって対応

 ⇒ 反対勢力には、誠実さ、正直さ、事実をもって対応していますか?