読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

【生き方】『「水」のように生きる』植西 聰

考え方 ビジネス書書評感想

『「水」のように生きる』植西 聰

「水」のように生きる

「水」のように生きる

  • 作者: 植西聰
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/08/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

本の目次

第1章 流れにまかせて生きる
第2章 柔軟に生きる
第3章 素直に生きる
第4章 恵みを与えて生きる
第5章 謙虚に生きる
第6章 かたよらずに生きる
第7章 あふれないように生きる
第8章 流れて、流して生きる
第9章 清らかに生きる 

生き方を考えてみる

自分の生き方。

どうやって生きるか。普段生活していると、あまり考えないことかもしれません。

本書では、水のように生きるということで、水から生き方を学ぶということについて、書かれています。

ここに注目・言葉・名言

「心に余裕がなくなると、人を思いやる気持ちを失う

 自分のことで一杯一杯になって、心に余裕がなくなってしまうと、人を思いやる気持ちが持てなくなります。
 忙しい仕事、プレッシャー、個人的な悩み事などが重圧としてのしかかってくるに従って、人は自分のことで一杯一杯になってしまいます。」(p.164)

心の余裕

心の余裕がなくなると、たしかに、できることが減るというか、行動が制限される感じはありますね。

そのひとつとして、人を思いやる気持ちはなくなってしまうかもしれません。

その大きな原因は、時間がないことなのではないでしょうか。

変な話ですが、時間があれば、どういうこともそのうち解決できるというか、なんとかなるというところはありますよね。

逆に、短時間でいろいろなことを行おうとすると、余裕がなくなる。
時間を作ることは、心などの余裕を作ることになるだろうと思います。

仏教の覚悟とは?

「仏教に「覚悟」という言葉があります。
 この言葉は、一般的には、「将来の困難を予想して、それを受け入れる心構えを持つ」という意味として理解されていると思います。
 しかし、仏教で言う「覚悟」は、意味が違います。
 「覚」には、「真理に目覚める」という意味があります。「悟」は、「真理を悟る」ということです。「覚」も「悟」も、「真理を理解する」という意味ですが、では、その真理とは何でしょうか。
 仏教の「真理」には、もちろんいろいろな解釈の仕方があるのですが、その意味の一つに、「人間は、生かされている」という考え方があります。」(p.68)

覚悟とは、真理を悟ること

仏教では、覚悟とは、真理を悟ることだそうです。

そして、人間は生かされているということが、真理ということです。

そう考えると、生かされていることに感謝することが、大切ということになってきそうですし、本書でもそう書かれています。

一般的な意味とは違っていますが、真理を悟るということは、こういうことなのかもしれません。

取り入れたいと思ったこと

争わないこと。

この大切さも書かれていました。水は、あまり争うイメージがないですよね。

そういった感じです。

争わないで、協力できると良いですよね。

あわせて読みたい

『戦わない生き方』横山 信治

戦わない生き方

戦わない生き方

  • 作者: 横山信治
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

www.biztikara.com

戦わない生き方ということで、こちらは、人と戦わない生き方が紹介されています。

人と戦わずにどうやって生きるか。

そんなことを考えたい方は、こちらも合わせて読んでみてください。

 

『「水」のように生きる』植西 聰

どう生きるか。

生き方を考えるというのは、ときにはあって良いと思います。

そういう意味では、水から学ぶというのもありでしょう。

ということで、生き方を考えたい方は、読んでみてください。

おすすめ度

  ★★★★☆

水から学ぶ生き方。
そんなことが書かれた一冊です。
生き方を考えたい方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

水から生き方を考えたい方。
ビジネスパーソン。

『「水」のように生きる』植西 聰

「水」のように生きる

「水」のように生きる

 

今日の「ビジネス書をチカラに!」

心の余裕をつくる

心の余裕がありますか?