読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『未来に先回りする思考法』 佐藤 航陽 (著) 未来から考えるには?

考え方 ビジネス書書評感想

『未来に先回りする思考法』 佐藤 航陽 (著) 

未来に先回りする思考法

未来に先回りする思考法

  • 作者: 佐藤航陽
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

未来を知っていたら

未来をあらかじめ知っていたら、知らないよりも、成功するのは、簡単になることでしょう。

未来に先回りすることができるなら、大きな成功が得られる可能性がありますよね。

本書では、そんな未来に先回りするための思考法が書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「未来に先回りすることができる0.1%の人たちを調べていくと、99.9%の人とはまったく違った思考法を用いて、未来を見通していることがわかりました。両者を分けているのは、パターンを認識する能力です。」(p.006)


パターン認識

未来を見通せる人は、パターン認識が違っている。

これまでのパターンから、これから起こることを考える。

こういう点が、未来を見通している人は違うということです。


原理から考える

「リアルタイムの状況を見ると自分も含めて誰もがそうは思えないのだけれど、原理を突き詰めていくと必ずそうなるだろうという未来にこそ、投資をする必要があります。」(p.244)


原理から考えて、投資をする

原理から考える。

これは意外とむずかしいと思います。

原理がわからないというのはありますから。

しかし、その原理から考えて、そうなるだろうという未来に投資する。

そうすると、成功しやすいということです。


▼取り入れたいと思ったこと

適切なタイミングでリソースを投入する。

こういうことも必要ということです。

早いとなかなか広がっていかないというのはあるでしょうし、遅いと競合が増えてしまうというのもがあるしょうから。


未来に先回りする思考法

未来に先回りできたら良いですよね。

先回りして、待っていたら、あとから人がやってくる。

そうすると、ビジネスもうまくいきやすいのではないでしょうか。

未来に先回りする思考法を知りたい方が読まれると参考になると思います。

読んでみてください。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『BCG 未来をつくる戦略思考』
 御立 尚資(監訳),ボストンコンサルティンググループ (編さん)

BCG 未来をつくる戦略思考: 勝つための50のアイデア

BCG 未来をつくる戦略思考: 勝つための50のアイデア

  • 作者: 御立尚資,ボストンコンサルティンググループ,マイケルダイムラー,デビッドローズ,ジャンメジャヤシンハ,リチャードレッサー,Richard Lesser,David Rhodes,Michael Deimler,Janmejaya Sinha
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2013/10/11
  • メディア: 単行本
 

 

『未来思考 10年先を読む「統計力」』神永正博(著)

未来思考 10年先を読む「統計力」

未来思考 10年先を読む「統計力」

  • 作者: 神永正博
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: Kindle版
 

 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆(★4.3)

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  未来に先回りする方法を知りたい方。
  ビジネスパーソン。


★『未来に先回りする思考法』 佐藤 航陽 (著) 

未来に先回りする思考法

未来に先回りする思考法

  • 作者: 佐藤航陽
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2015/08/27
  • メディア: Kindle版
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   未来を見通せる人は、パターン認識が違っている

 ⇒ パターン認識ができていますか?