読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『ロジカルイングリッシューーー英語力は文法より「話す順番」で決まる!』 有元 美津世

勉強法 ビジネス書書評感想

『ロジカルイングリッシューーー英語力は文法より「話す順番」で決まる!』
 有元 美津世

ロジカルイングリッシューーー英語力は文法より「話す順番」で決まる!

ロジカルイングリッシューーー英語力は文法より「話す順番」で決まる!

  • 作者: 有元美津世
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

英語の話し方

英語で話したい。そういう方は、多いのではないでしょうか。

本書では、英語の話し方をロジカルに考えて、話せるようになるという方法について書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「結論を先に伝える」(p.032)

「日本人は「起承転結」に固執するからか、まず理由や背景を述べ、結論が最後になる場合が多い。」

「最後まで気長に待てないアメリカ人は多い。」


結論をまず伝える

日本語でも、結論がなかなか出てこない話し方をする人はいますね。

ビジネスの場面で、結論から話せとよく言われます。

英語でももちろん結論から話す。

結論がないと、待てないでしょう。


伝えたい内容に焦点を

「まず「自分は何が言いたいのか」を明確にし、伝えたいことを英語で表現するようにしよう。」(p.028)


言いたいことを明確にして伝える

言いたいことを明確にする。

これを英語で伝える。

こういうことが、英語で話すときにも必要ということです。

これができないと、英語以前に伝わりにくいですよね。

伝えたいことを明確にしたいですね。


▼取り入れたいと思ったこと

難しい単語、表現を使わない。

これも英語でも大切ということです。日本語でも言われることですね。

わかりにくくなるので、簡単な単語を使いたいものです。


ロジカルイングリッシュ・英語力は文法より「話す順番」で決まる!

ロジカルイングリッシュということで、論理的に話せるようになる英語の考え方について書かれています。

英文も300紹介されています。

英語を話したい方が知っていると、伝わりやすい英語を話すことがしやすくなると思います。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中』関谷英里子(著)

同時通訳者の頭の中

同時通訳者の頭の中

  • 作者: 関谷英里子
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2013/05/30
  • メディア: Kindle版
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  英語を話したい方。
  ビジネスパーソン。


★『ロジカルイングリッシューーー英語力は文法より「話す順番」で決まる!』
  有元 美津世

ロジカルイングリッシュ

ロジカルイングリッシュ

  • 作者: 有元美津世
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/06/01
  • メディア: Kindle版
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   結論をまず伝える

 ⇒ 結論をまず伝えていますか?