ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『ライフハック大全―人生と仕事を変える小さな習慣250』堀正岳。人生を変えるなら?


『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』堀正岳

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

  • 作者: 堀正岳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: Kindle版

 『ライフハック大全』の目次

SECTION 00
始めよう「人生を変える7つのライフハック」
SECTION 01
時間管理「時間は増やせる」
SECTION 02
タスク管理「小さな勝利を積み重ねる」
SECTION 03
集中力・ストレス対策「やる気も仕組み化」
SECTION 04
読書・情報収集・学習「情報は減らして管理する」
SECTION 05
発想・アウトプット・思考「自分だけのアイデアがある」
SECTION 06
コミュニケーション&チーム「味方は増やせる」
SECTION 07
日常生活・旅行「ちょっとした快適さを」
SECTION 08
習慣化・やめない技術「人生を変える小さな習慣」

 

 

ライフハック大全

ライフハック。

ライフハックとは何かということはあるのですが、それは置いておいて、ちょっとしたコツ、ノウハウといったところでしょうか。

この『ライフハック大全』は、そのようなノウハウを、250個まとめたものです。

ということで、いくつか紹介します。


ライフハック大全:ここに注目・言葉・名言

「人生を変えるなら、時間の使い方を極端にする」(p.018)

「たとえば日本の20〜30代のテレビの視聴は平日でも平均130〜160分、ネットの利用は平均90〜140分に達します。これは時間の長さもさることながら、さまざまな方向に時間の使い方が分散しているということでもあります。これをすべて切り替えたら何がおきるでしょうか?」

ライフハック大全:時間の使い方を大きく変える

大きく変えたいなら、極端なことをすると良いですよね。

今、何に1番時間を使っているかを、簡単に測ってみて、それを別のことに変えてみる。

そうしたら、今とは結果は変わりますよね。

極端に変えると、大きく変わるというのがあると思います。

ただ、大きく変えると、その反動もあったりするので、少しずつ変えていくというのもありかもしれませんね。

ダイエットがわかりやすい例ですが、いきなり食事を抜くとかやると、その反動がきて、たくさん食べたくなったりしますから。

自分に合った時間の使い方を見つける 

そういう意味で言うと、初めは、小さく変えて、慣れてきたら、大きく変えてみるというのが、現実的には、有効な方法なのかもしれません。

 

しかし、このあたりは、その人によるというのはあると思います。

自分で何度か試してみて、合っている方法で変えると良いですよね。

わたしの場合は、全体を考えて、そこから細部を考えていくとうまく行きやすいですね。全体や目的がないことをやっても、あまりうまくいかなかったです。

ライフハック大全:クオリティの高い文章を生み出す方法

「1日に10万字を読んで、5000字をアウトプットする」(p.201)

「経済評論家の勝間和代氏が「クオリティの高い文章を生み出すための方法」について解説しているのを、とあるイベントで聞く機会がありました。
 勝間氏によれば、それは小手先の文章術を学ぶことではなく、「1日に10万字インプットし、5000字をアウトプット」するという、インプットとアウトプットに支えられているとのことでした。
 この目安には2つの意味があります。1つは、5000字をアウトプットするためにはその10倍ではなく、およそ20倍の入力が必要なのだという点です。」

1日に10万字を読んで、5000字をアウトプットする

インプットの量と、アウトプットの量。

文章のアウトプットの質を高めたいなら、インプットとアウトプットの量を増やすということですね。

それが、10万字を読んで、5000字を書く、ということです。

本を1冊読んで、その感想を5000字書く。そんな感じでしょうか。

たしかに、これは有効な方法ですね。わたしも、そんなことを、この何年かやって、その効果を感じます。

アウトプットを変えるために、インプットを変える。これは有効ですね。

20倍なのか、10倍なのか、それは、内容やその人のそれまでの経験や知識によると思います。いずれにしても、インプットの量が少ないと、アウトプットはあまり良いものにはなりにくいです。

時間がかかるから、工夫する

ただ、この方法は有効なのですが、時間がかかりますよね。だから、多くの人はできないのですが、もう少し工夫したいところです。工夫して、量を減らして時間を短くしても、質をあげられるようにしたいですね。

一つの方法としては、「考える」ことを、工夫したいです。

どうすると、うまく考えられるのか。

これを追求していくと、文章やアウトプットの質は高まることでしょう。

文章は、考えて書くものですから、思考力が関係していますよね。思考力が上がれば、文章の質も上がる。

量だけを考えて行うよりも、より良い方法だと思います。では、どうしたら、思考力があげられるのか。ここを考えて、実行したいですね。

ライフハック大全:メールにかける時間は、1分を基本に

「メールは1日に何通も処理するだけに、少し工夫するだけで大きなメリットが得られます。メールを書く時間は、1通あたり1分を目指してみましょう。ちょっとした準備を先にしておけば、それほど難しいことではありません。

 たとえば、メールに返信する際に1行、多くても3行で返事ができないか試してみます。」(p.033)

メールにかける時間を決めておく

メールやメッセージ、結構な時間を使っている人も多いと思います。

1通あたりのメールの時間を決めておく。

そうすれば、早く書こうと思いますよね。そして、そのために、どうやって効率化するかも考えるでしょう。

あと、これはよく言われることだと思いますが、メールを1日のうちでいつ返信するかを決めて、メールに使う時間も決めておくと、メールをあまり気にしないで済みますね。

メールなどコミュニケーションの心理的負担

メールやメッセージ、コミュニケーションは、時間の負担もなのですが、心理的負担もあると思います。

どう返信したら良いかとか、どう断ろうかとか考えて、心理的に負担がかかる。

それを、返信の時間を決めておくと、それ以外の時間は考えないでいられます。

心理的負担も減らせますね。

そういう意味でも、メールの返信する時間を決めておく、1通にかける時間を決めるというのは、有益な方法でしょう。 

ライフハック大全:習慣のトリガーとして優秀なのは「時間」と「場所」

「習慣のトリガーとして優秀なのは「時間」と「場所」」(p.278)

習慣化する際に、時間と場所を決めて、繰り返し行うと、習慣化しやすいです。

思い出しやすいからですね。

これは、逆を考えるとわかりやすいです。毎回、違う場所、違う時間で行なっていたら、忘れてしまいやすいですよね。

忘れてしまって行なわなかったら、習慣にはできない。

だから、時間と場所を決めて、思い出しやすいようにして、行う。こうすると、習慣化にしやすいですね。

何かを習慣にしたいなら、場所と時間を決める。良い方法だと思います。

これは、わたしも、自著に書きました。

ということで、何かを習慣にしたいなら、時間と場所を決めて、行いたいですね。

そして、本書『ライフハック大全』は、小さな習慣について書かれているので、習慣にしたいと思ったものを、時間と場所を決めて、繰り返し行うと、自分の習慣にできることでしょう。

あわせて読みたい

『LIFE DESIGN(ライフデザイン)――スタンフォード式 最高の人生設計』
  ビル・バーネット,デイヴ・エヴァンス

LIFE DESIGN(ライフデザイン)――スタンフォード式 最高の人生設計

LIFE DESIGN(ライフデザイン)――スタンフォード式 最高の人生設計

  • 作者: ビルバーネット,デイヴエヴァンス,Bill Burnett,Dave Evans,千葉敏生
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: 単行本

『LIFE DESIGN(ライフデザイン)―スタンフォード式 最高の人生設計』 - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

ライフデザイン、人生設計を行いたいという方が読まれると、参考になると思います。

ある程度柔軟でありながら、方向性を考えてみる。
そんなライフデザインの方法を知ることができるでしょう。

自分のライフデザイン、人生設計を行いたい方が読まれると良いですね。

『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』堀正岳

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

  • 作者: 堀正岳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: Kindle版

ライフハック大全ということで、250個のライフハックが紹介されています。

小さな習慣、方法が、いろいろと紹介されている感じの本ですね。

こういった小さなことを習慣にして積み重ねてみると、それなりに大きな変化を起こすことができると思います。

ということで、小さな変化を起こしたい方が読まれると良いですね。

ライフハック大全のおすすめ度

  ★★★★☆

 ライフハック大全ということで、いろいろなライフハックが紹介されています。
 一冊で、たくさん知りたい方は、本書から読んでみると良いですね。
 そこから、やりたいことを見つけて、やってみると良いでしょう

ライフハック大全をおすすめしたい方

ちょっとしたコツ、ノウハウを知りたい方。
ビジネスパーソン。

『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』堀正岳

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

今日の読書「ビジネス書をチカラに!」

人生を変えるなら、時間の使い方を極端にする

あなたの時間の使い方は?