読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『「空気」でお客様を動かす』お客様が動くには、どうしたら良いのか?

営業 ビジネス書書評感想

『「空気」でお客様を動かす』横山 信弘

「空気」でお客様を動かす

「空気」でお客様を動かす

 

お客様を動かす 

お客様が動くには、どうしたら良いのか。

「空気」、雰囲気でお客様を動かす。

その方法などについて、本書は書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「そもそも人は、なぜ「感化」されるのでしょうか?
 私たちの脳と深い関係があります。
 人間の脳には、神経細胞(ミラーニューロン)があります。このミラーニューロンの働きにより、人は近くにいる人の言動のみならず、思考までもモデリングします。
 他人がしていることを見ているだけなのに、まるで自分のことのように感じる共感能力を持っているのです。」(p.052)

なぜ感化されるのか?ミラーニューロンの働き

人間の脳には、ミラーニューロンという神経細胞があるということです。

この働きで、他人のことも、共感できる。

だから、空気というか、周りの雰囲気なども大切になってくるわけです。

 

背中を押す

「背中を押す際、「言葉」は大きな威力を発揮します。
その道のプロフェッショナルである営業の人間から「これは絶対に必要です。プロの私が太鼓判を押します。信じてください。」くらいのことを言われたほうが、「そこまで言うなら買いましょう」という気になれるのです。」
                           (p.117)

言葉の威力

「良いか悪いかわかりません。」こう言われてしまうと、買う気にはならない
でしょう。

押しつけられると引いてしまうので、押し付けるようにはしないと良いでしょうが、「太鼓判を押します。」ぐらいであれば、信用したくなるというものでしょう。

信用される言葉を使うというのは、大切ですね。


▼取り入れたいと思ったこと

自分の体験から得られた知識を伝える。

こうすることで、「空気」を作りやすいということです。

自分の体験を伝える。

話を聞こうという気持ちになるなどあると思うので、良いですよね。

「空気」でお客様を動かす

空気や雰囲で、人が動く。

こういうことはありますよね。

本書では、「空気」でお客様を動かす方法、考え方などについて書かれています。

空気でお客様を動かしたい。そういうセールスパーソンなどが読まれると、参考になると思います。

読んでみてください。



▼ あわせて読みたい ▼

『絶対達成する決断力のつけ方』横山信弘(著)

絶対達成する決断力のつけ方

絶対達成する決断力のつけ方

 


『法人営業のズバリ・ソリューション』片山 和也(著)

法人営業のズバリ・ソリューション

法人営業のズバリ・ソリューション

 


▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆


▼ おすすめしたい方 ▼

  空気でお客様を動かしたい方。
  セールスパーソン。


★『「空気」でお客様を動かす』横山 信弘

「空気」でお客様を動かす

「空気」でお客様を動かす

 

 
★【今日の「本をチカラに!」】

   自分の体験から得られた知識を伝える

 ⇒ 空気を作っていますか?