読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『経済学的にありえない。』佐々木 一寿

経済 ビジネス書書評感想

『経済学的にありえない。』佐々木 一寿

経済学的にありえない。

経済学的にありえない。

  • 作者: 佐々木一寿
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2015/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

いまの経済学のエッセンス

経済学。

経済学部出身の方でないと、なかなか馴染みがないかもしれません。

本書では、現在の経済学などのエッセンスについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

「「マーケットの真実」を、(シロウト)投資家はどう受け止めればいいか

市場が実際にこのような姿なのであれば、もう一喜一憂してしまうのも無理もないのではないでしょうか。もちろん、目ざといプロであれば、一喜一憂しつつも、その荒っぽい流れを利用して、タイミングをはかりつつ、大きな儲けを実現できるかもしれません。しかし、自信がない(私のような)シロウトは、極端なマイナスを出してしまう前に、アヤシイと感じたら緊急避難の準備をすることも一案です。」(p.67)


株式市場は荒れる前に、避難する

マーケットは、突然変化します。

その変化を、素人投資家が利用するのは、むずかしいでしょう。

だから、おかしいと思ったら、すぐに避難する、撤退する。

こういうふうにしたほうが良いだろうということです。


学習効果で冷静さを取り戻す

「ひとは、学習によって、ある程度は認知バイアスを修正できることがわかっています。たとえば、保有効果を理解する、ということもそのひとつです。完全になくすことはむずかしいかもしれませんが、知ることの効果は大きいようです。」(p.120)


学ぶことで変わる

ひとには、認知の傾向というものがあるようです。

その傾向を知ることで、現実を把握しやすくする。

こういう学習効果というものがあるということです。

やはり、学ぶのは大切ですね。


▼取り入れたいと思ったこと

失敗したときに、大きな企画で取り返そうとしてしまう。

そして、また失敗する。こういうことはあるだろうということです。

失敗したら、確実な成果を取りに行く。

こう考えたほうが、まずは、成功できるので、良いだろうということです。

こう考えて、行動したいものですね。

経済学的にありえない。

経済学的に考えるとありえないようなこと。

そういうこともあるでしょう。

本書では、いまの経済学などのエッセンスについて知ることができます。

経済学などの知見を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

 

▼ あわせて読みたい ▼

『その問題、経済学で解決できます。』ウリ・ニーズィー,ジョン・A.リスト

その問題、経済学で解決できます。

その問題、経済学で解決できます。

  • 作者: ウリ・ニーズィー,ジョン・A・リスト
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2014/09/12
  • メディア: Kindle版
 

 

▼ おすすめ度 ▼

  ★★★★☆

 

▼ おすすめしたい方 ▼

  いまの経済学などを知りたい方。
  ビジネスパーソン。


★『経済学的にありえない。』佐々木 一寿

 

経済学的にありえない。

経済学的にありえない。

  • 作者: 佐々木一寿
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2015/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

★【今日の「ビジネス書をチカラに!」】

   学習効果で冷静さを取り戻す

 ⇒ 認知のゆがみを知るために、学んでいますか?