読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え

ビジネス書書評感想 成長

『世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え』安野 侑志,高田 真理

世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え

世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え

 

紙芝居屋ヤッサン


 紙芝居屋の安野氏についての本です。

 通称、ヤッサンと呼ばれているようです。

 そのヤッサンの考え方などについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

 「作る人の姿勢だとか、一所懸命さがあるものは、必ず人の心を打つ。
  どんな人にもどんな子供の心にも響くんだ。」(p.142)

一所懸命さ

 一所懸命さは伝わる。

 どうすれば、人の心に響くのか。その方法はいろいろあるでしょう。

 でも、結局、最後は、一所懸命さが響くということです。

響かないとしても

 心に響くかどうかは相手次第です。相手が決めること。

 伝える側ができることは、一所懸命にやること。

 それ以上のことはできないわけです。

 そして仮に伝わらなくても、一所懸命にやったということは残る。

 どうせ伝わらないのなら同じという考え方もあるでしょうけれど、一所懸命にやって伝わらないのと、手を抜いて伝わらないのは違うでしょう。

 結果や相手にとっては同じですが、自分にとって違います。


▼取り入れたいと思ったこと

 ビジョンを持っている人の考えは、人をひきつける。

 だから、大きなビジョンを持つこと。

 

 この大切さについて言われていました。

 そういうものを持って進んでいきたいと思いました。

世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え

 世界一の紙芝居屋ヤッサンが、どのように考えて、紙芝居をやっているのか。

 こういうことがわかる一冊です。

 仕事の姿勢などについて考えたい方が読まれると、参考になると思います。


 ▼ あわせて読みたい ▼

  『働き方—「なぜ働くのか」「いかに働くのか」』稲盛和夫(著)

働き方 (三笠書房 電子書籍)

働き方 (三笠書房 電子書籍)

 

 

 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆



 ▼ おすすめしたい方 ▼

   ヤッサンから学びたい方。
   ビジネスパーソン。


 ★『世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え』安野 侑志,高田 真理

世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え

世界一の紙芝居屋ヤッサンの教え

 

 


★【今日の「本をチカラに!」

   一所懸命さは響く

 ⇒ 一所懸命やっていますか?