読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

【考え方】『人望が集まる人の考え方』レス・ギブリン

考え方 人間関係 ビジネス書書評感想

『人望が集まる人の考え方』レス・ギブリン

人望が集まる人の考え方

人望が集まる人の考え方

  • 作者: レス・ギブリン,弓場隆
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

本の目次

はじめに
Part 1 人間の習性をうまく活用する
第1章 成功と幸福を手に入れる方法
第2章 人を動かす基本的な秘訣
第3章 自分の「隠れ資産」を有効に使う方法
第4章 他人の行動と態度をコントロールする方法
第5章 相手によい第一印象を与える方法
Part 2 友情をはぐくんで相手を味方につける
第6章 人々をひきつける3つの条件
第7章 相手とすぐに打ち解ける方法
Part 3 効果的な話し方で成功する
第8章 言葉で表現する能力を磨く方法
第9章 聞き上手になる方法
第10章 たちまち相手の賛同を得る方法
Part 4 人々にうまく働きかける
第11章 相手の全面協力を得て成果を上げる方法
第12章 人間関係で奇跡を起こす方法
第13章 相手を怒らせずに注意を与える方法
Part 5 人間関係のワークブック
第14章 成功と幸福をもたらす効果的な行動計画
エクササイズ 自己分析チェックリスト 

人望

人望、人からの信頼。

そういったものが集まる人は、どんなふうに考えて、どんなふうに行動するのか。

本書では、そんな人望が集まる人の考え方について書かれています。

ここに注目・言葉・名言

「すべての人は自分を尊重して欲しいと強く思っている。「尊重する」というのは相手の価値を高く評価するという意味だ。すべての人は自分の価値を高く評価してくれる人をつねに探し求めている。」(p.80)

相手を尊重する

多くの人は、自分を尊重して欲しいと思っていることでしょう。

逆に、尊重してもらえないと、腹を立てたり、気分を害したりする。

人望の前に、相手を尊重するということが大切になりますね。

ここからが、人間関係の始まりなのではないでしょうか。

相手を向上させる方法

「相手を向上させる唯一の方法」(p.80)

「イギリスの政治家、ウィンストン・チャーチルは、人間関係の技術に関してまさしく達人だった。彼は「相手に美徳を身につけさせる最高の方法は、相手にその美徳を期待することだ」と言っている。」

相手に期待する

相手が、できると期待する。

そうすると、相手は、期待に応えようとする。こういうことですね。

批判や非難は、相手を逆に行動させてしまうこともあるでしょうし、関係を悪化させる原因にもなってしまうでしょう。

だから、相手に期待してみる。できると信用する。

こうできれば、変わるかもしれません。
そして、人間関係が悪くなるということもないでしょう。

もっとできると信じる

相手のことを、できないからダメと思うのではなく、もっとできると思う。

こう考えると、違ってきますよね。

仮にできなくても、押しつけるというほどでなければ、相手を尊重ていることにもなるでしょうし。

取り入れたいと思ったこと

「経営に対する発言権が与えられず、提案すら許されていない労働者は、提案を奨励されている労働者ほど熱心に働かない。」(p.186)

要は、期待されたこと以上には働かないということだと思います。

期待されれば、それに応えようとするのが人間でしょう。

熱心に働いてもらうには、相手の能力などに期待することですね。

あわせて読みたい

『コネ持ち父さん コネなし父さん 仕事で成果を出す人間関係の築き方』
  川下 和彦 

コネ持ち父さん コネなし父さん 仕事で成果を出す人間関係の築き方

コネ持ち父さん コネなし父さん 仕事で成果を出す人間関係の築き方

  • 作者: 川下和彦
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/02/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

www.biztikara.com 

コネや人脈、人間関係。 仕事で成果を出すために、どうやって作っていくのか。 わかっているようでわかっていないことかもしれません。 コネをどうやって作って、活かすか。そんなことを考えたい方が読まれると、参考になると思います。

『コネ持ち父さん コネなし父さん 仕事で成果を出す人間関係の築き方』 - ビジネス書をビジネスのチカラに

 

こちらは、仕事での人間関係の築き方について書かれています。

こちらも合わせて読んでみると、仕事の成果につながる人間関係の作り方がわかってくると思います。

『人望が集まる人の考え方』レス・ギブリン

人望。

リーダーなどにはあったほうが良いですよね。人間関係でも、ないよりはあったほうが良いでしょう。

人望が集まる人は、どんな考え方をしているのか。

知りたい方が読んでみると良いですね。

おすすめ度

  ★★★★☆

人望が集まる人の考え方について書かれています。
人望は、どういう人に集まるのか。
知りたい方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

人望について考えたい方。
経営者。


『人望が集まる人の考え方』レス・ギブリン 

人望が集まる人の考え方

人望が集まる人の考え方

  • 作者: レス・ギブリン,弓場隆
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

今日の「ビジネス書をチカラに!」

相手を尊重する

相手を尊重していますか?