読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』デイミアン・トンプソン

ビジネス書書評感想 経済

『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』デイミアン・トンプソン

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

 

依存症ビジネス

中毒や依存症。

精神的なものとしてあります。

本書では、その依存症をビジネスとして捉えてみるとどうなのか、ということがテーマです。


▼ ここに注目 ▼

「現時点ではまださほど顕著にはなっていないものの、21世紀初頭の社会に生じたもっとも影響力のあるトレンドとは、気分を向上させたいときはいつでも、自分に報酬、すなわち「ごほうび」を与えるという習慣がますます強まったことだ。」(p.014)

報酬としてのごほうび

自分にごほうび。
がんばったから、ごほうびをというのはありますよね。

今日はがんばったからスイーツを、や、今年は仕事の目標を達成したから海外旅行にといったことでしょう。

このごほうびが中毒になって依存症になるようなことだと問題だろうということです。

自分の感情を操作したい

「自分の感情を操作したいと願う私たちの「ニーズ」とその「能力」が、ともに増大しているのである。私たちは、いつでも自分の感じ方を変える新たな手段を探している。当たり前のことを恐れずに言えば、その理由は、自分自身とうまく折りあえていないからだ。」(p.050)

自分自身とうまく折りあえていない

感情を操作したい。気持ちをコントロールしたい。

そういう想いがあるのでしょうか。

そして、その原因は、自分とうまく関係を作れていないから、ということなのかもしれません。

そのために、お酒やスイーツ、ギャンブルといったことに、依存してしまう。

そういうことがある、現代なのでしょう。


▼思ったこと

本書はこういうことがあるという紹介が主で、その対策といったことはあまり書かれていません。

ただこういうことがあると知ることが、まずは一歩ということです。

仮に感情が問題なのだとすると、認知の方法を変えると、感情は変わっていきます。

自分と現実、人間関係といったものを、どのように捉えるか。

ここを変えると、自分ともよりよい関係を作ることがしやすくなるはずです。


自分と依存

依存症ビジネスということで、依存させるようなものとビジネスとの関係などについて取り上げています。

どのような状況にあるのかということを知ることができます。

依存症とビジネスについて考えたい方が読まれると参考になると思います。

読んでみてください。


 ▼ あわせて読みたい ▼

  『良い習慣、悪い習慣: 世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法』

 
 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   依存症とビジネスについて考えたい方。
   ビジネスパーソン


 ★『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』デイミアン・トンプソン

依存症ビジネス

依存症ビジネス

 

 
★今日の「本をチカラに!」

   自分の感情を操作したい人が増えている(?)

 ⇒ 自分自身と折りあえていますか?