読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書をビジネスのチカラに

ビジネス書の紹介、ビジネス書の名言・言葉、本の書評・感想レビューブログ。

【メルマガ登録】(無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ  メルマガで読みたい方は、ぜひご登録を!
知識をチカラに
(マガジンID:0000139905) Powered by まぐまぐ
メールアドレス:

 本を書きました。絶賛発売中です!→ 『1つのことを長く続けられる技術』  本の詳細 → 『1つのことを長く続けられる技術』

 

 
 

 

『一流の頭脳の磨き方』山崎 裕二,岡田 美紀子【書評】

スキルアップ ビジネス書書評感想

『世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方』山崎 裕二,岡田 美紀子

世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方

世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方

  • 作者: 山崎裕二,岡田美紀子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

頭脳の磨き方

頭を良くする。頭脳を磨く。

野心的なビジネスエリートは、どうやって頭脳を磨いているのか、学んでいるのか。

MBAのエリートの頭の磨き方、学び方、学んでいることについて書かれています。

ここに注目・言葉・名言

カネを集められる話し方とは?

「端的に言って、彼の教えのポイントは次の2点に集約される。

○決断する立場の人が「どんな状況にあるのか」を理解する
○決断する立場の人が「知りたがっていること」を話す

とてもシンプルだが、内容は奥が深い。」(p.37)

カネを集められる話し方とは?

プレゼンの話です。

どう話すと、お金を集められるのか?

相手の状況を知って、相手が知りたがっていることを話す。

こういうことですね。

考え方としては簡単ですね。しかし、決断する人が知りたがっていることを知るのがむずかしいでしょう。

これは、相手のことを知って、質問して、想像するといったことが必要になるのでしょうね。

とすると、こういうことを学ぶということになります。

「カネの流れない場所」でビジネスはできない

「富士フイルムのように「業界に技術革新が起こり、マーケットが一変する(あるいは消滅する)という危機に陥ったときは、間違いなく、自社でも技術革新が必要な瞬間だ。なんとかして、ライバルに対応しなくてはならないと誰もが思うだろう。
 ただ、そんな切羽詰まった状況のときこそ、「本当にこの業界で勝負するのが適切なのか」と再検証し、「自社の技術を生かして、他の業界で勝負することはできない」という柔軟な発想を持つことも必要なのだ。」(p.145)

マーケットが激減、消滅するときは

デジカメの登場によって、フイルムは市場が激減しまいます。

そのときに、どうするか?

富士フイルムは、化粧品などの新しい分野に進出しました。

お金が流れない場所では、ビジネスはできない。

だとすると、お金が流れる場所をどうやって見つけて、どうやって入っていくかを見極められるように学ぶことが大切になりますね。

取り入れたいと思ったこと

決定的な差をつける4つのポイントとして、お金、アクセス、スキル、時間、というものが紹介されていました。

ここを工夫することで、差がついていくということです。

本書では、さらに詳しくどうすると良いかも書かれています。

工夫していきたいですね。

あわせて読みたい

『自分を成長させる極意—ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選』
  ピーター・F・ドラッカー,クレイトン・M・クリステンセン,
  ハーバード・ビジネス・レビュー編集部

自分を成長させる極意―――ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選

自分を成長させる極意―――ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選

  • 作者: ピーター・F・ドラッカー,クレイトン・M・クリステンセン,ハーバード・ビジネス・レビュー編集部,DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/01/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

www.biztikara.com

本書は、『自分を成長させる極意』ということで、ハーバード・ビジネス・レビューに掲載された記事から、10選をまとめられたものです。 自分を成長させるのは、自分でしょう。 その方法がわかっていれば、それをやっていけば良いと思います。 もしわからないなら、こういう先達が書いたものを読んでみるというのはありですよね。 そこから、自分なりに試行錯誤してみると、成長への道を歩んでいけるでしょうから。

『自分を成長させる極意―ハーバード・ビジネス・レビューベスト10選』 - ビジネス書をビジネスのチカラに

自分を成長させるという意味では、こちらも参考になるはずです。

ドラッカー氏やクリステンセン氏の成長のための方法を知ることができます。

合わせて読んでみてください。

『一流の頭脳の磨き方』

 山崎 裕二,岡田 美紀子

ビジネスエリートの頭脳の磨き方。

どうやって学んでいるのか、気になりますよね。

本書では、MBAなどの人がどうやって、頭脳を磨いているかということがわかります。

イノベーションやマーケティングの考え方などがわかるので、読んでみると良いですね。

おすすめ度

  ★★★★☆

頭脳の磨き方について書かれています。ビジネスにおける思考法などがわかります。
ビジネスエリートの頭脳の磨き方を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

おすすめしたい方

ビジネスエリートの頭脳の磨き方を知りたい方。
ビジネスパーソン。

『世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方』山崎 裕二,岡田 美紀子

世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方

世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方

  • 作者: 山崎裕二,岡田美紀子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今日の「ビジネス書をチカラに!」

カネを集められる話し方とは?

・決断する立場の人が「どんな状況にあるのか」を理解する

・決断する立場の人が「知りたがっていること」を話す


お金の流れのある場所で、ビジネスをしていますか?